【ゆず】『YUZU ARENA TOUR 2013 GO
LAND』2013年9月23日 at 横浜アリー

取材:長谷川 誠

 “今日は記念日になりました”という北川悠仁(リーダー)の言葉に大歓声。『YUZU ARENA TOUR 2013 GO LAND』の9月23日のライヴはゆずにとって今年10本目、デビュー通算60本目の横浜アリーナ公演となった。彼らはこの日も気迫あふれる演奏を展開。今回のツアーは最新アルバム『LAND』の世界観を立体化したもの。場内に入った瞬間からアミューズメントパークに入り込んだような不思議な感覚を味わった。楽しくて切なくてちょっと不気味。客席通路ではピエロたちがおどけている。ステージはアルバムジャケットのサーカステントを再現したようなセット。本編はかもめ児童合唱団による「ムーンライトパレード」のSEで始まり、ゆずとバンド、THE LANDによる「ムーンライトパレード」で終わる構成で、ファンタジックなショーの入口と出口の役割を果たしている。アルバム『LAND』収録曲が軸だが、「飛べない鳥」「始まりの場所」「傍観者」など、以前からのナンバーも一体となって大きな物語を紡ぎ出していた。岩沢厚治(サブリーダー)の繊細で深みのある歌声が染みてきた「灯影」、切なさと力強さとが共存する歌声とマジカルな演奏が圧巻だった「LAND」、ダークな演出が光る「仮面ライター」などなど。もちろんタオルが回った「GO★GO!!サウナ」など、ゆずならではの楽しい演出もたくさん。アンコールでは北川のピアノの弾き語りをフィーチャーした「ゼラニウム」も披露された。“いろんなことがあると思うんだけど、僕たちの歌はいつでもみんなの側にいます”と北川。アンコールラストの新曲「友〜旅立ちの時〜」もその言葉通りの歌。何十本、何百本、ステージに立つほどに、ゆずとリスナーとの絆はさらに固いものになっていく。

セットリスト

  1. 砂漠のメリーゴーランド
  2. 流れ星キラリ
  3. 飛べない鳥
  4. 始まりの場所
  5. 傍観者
  6. 贈る詩
  7. 遊園地
  8. 灯影
  9. with you
  10. ピエロ
  11. 仮面ライター
  12. REASON
  13. LAND
  14. LOVE & PEACH
  15. GO★GO!!サウナ
  16. 夏色
  17. ムーンライトパレード
  18. <ENCORE>
  19. ゼラニウム
  20. また明日
  21. イロトリドリ
  22. 友 〜旅立ちの時〜
ゆず プロフィール

ゆず:1996年3月に結成。横浜、伊勢佐木町を中心に路上ライヴを行なう中、98年6月にリリースした1stシングル「夏色」で脚光を浴び、その後も「栄光の架橋」「虹」とヒット曲を世に送り出す。等身大の視点から投げ掛けられるリアルな歌詞、センチメンタルで清涼感のあるメロディー、それらを包み込む素朴で温もりを帯びた音色で多くのファンを魅了し続けている。ゆず オフィシャルHP
TOY'S FACTORY
ゆず オフィシャルFacebook
ゆず オフィシャルTwitter
ゆず オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着