【androp】『one-man live 2014』20
14年3月23日 at 国立代々木競技場第
一体育館

撮影:笹原清明、太田好治、橋本塁(SOUND SHOOTER)/取材:田山雄士

 匿名性を捨て、今までの自分たちをぶっ壊し、聴き手ともっとつながりたい。3rdフルアルバム『period』で打ち出した強い気概を、初のアリーナ単独公演という場でandropがどう体現するのかが楽しみだった。

 1曲目の「Singer」で勇壮なコーラスとともに照明が光のように燦々と降り注ぐ中、カッと目を見開いて歌う内澤崇仁(Vo&Gu)の姿に早くも胸が熱くなる。佐藤拓也(Gu&Key)のブライトなギターで始まる「RDM」ではサイケなアレンジとド派手なライティングで沸かせ、前田恭介(Ba)のスラップが炸裂する「Boohoo」で加速。伊藤彬彦(Dr)のソロも冴える「Lit」の時点でバンドのフィジカルな進化が十分にうかがえた。お馴染みの映像、照明、音響を生かしつつも演出に寄りすぎない、対話するような歌と演奏の届け方も印象的で、佐藤のピアノを軸にしっとりと聴かせた「Light along」ではそれがより顕著に表われていたと言える。

 ハイライトは金銀に発光するミラーボールも鮮やかだったエレクトロ~テクノ感全開の「World.Words.Lights.」、オーディエンスの大合唱で最高に美しい一体感が生まれた「One」「Voice」。巨大バルーンと紙吹雪が舞うフィナーレでのメンバーの晴れやかな表情が、求めていたつながりへの手応えを物語っていた。“1万人にじゃなくて、ひとりに対して音を放って、それが1万通りになるようなステージをします!”“ここにいるひとりひとりが本当に尊い存在です”。初期はライヴが大嫌いだった彼らがそう話し(全員よく喋っていた!)、今はこんなにもダイレクトにリスナーとつながっていることが嬉しい。

セットリスト

  1. Singer
  2. RDM
  3. Boohoo
  4. Lit
  5. Bell
  6. Colorful
  7. Nam(a)e
  8. Plug in Head
  9. Six
  10. Tonbi
  11. Bright Siren
  12. Puppet
  13. Light along
  14. Under The Sun
  15. Pray
  16. Roots
  17. Sensei
  18. Human Factor
  19. World.Words.Lights.
  20. MirrorDance
  21. One
  22. Voice
  23. <ENCORE>
  24. Missing
  25. Image Word

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント