【GLIM SPANKY】『GLIM SPANKY「焦燥
」リリースツアー "HELLO!FREAKS"
ファイナルワンマン』2014年8月7日
at CHELSEA HOTEL

撮影:鳥居洋介/取材:竹内美保

 あふれ出る熱く濃厚なエモーションを声に音に乗せ続けるグルービーな音世界と、どこかクールさを感じさせる佇まい。すでに風格を身につけてしまっているかのような若きふたりが魂で、その肉体で、そして血で鳴らすロックンロールは、“いつかの時代の誰かからの借り物”では絶対に醸し出せない圧倒的な、オリジナルな存在感を放っていた。重く太く歪む亀本寛貴のギタープレイと豊潤かつ切れの良い松尾レミのヴォーカライゼーションが繰り出す、横ノリのタフなロックで踊ることの楽しさと言ったら! この日、何曲かの新曲も披露されたのだが、確立されつつある“GLIM SPANKYスタイル”を貫きながらも新境地がより開かれた方向で呈示されていたことは、さらなる進化の証。初ワンマンで、ふたりはより大きな場所に向かっていることを見事に体現してみせた。

セットリスト

  1. 焦燥
  2. ヴェルヴェットシアター
  3. ダミーロックとブルース
  4. Flower Song
  5. 夜が明けたら
  6. NIGHT LAN DOT
  7. MIDNIGHT CIRCUS
  8. 夜風の街
  9. サンライズジャーニー
  10. 新曲
  11. 踊りに行こうぜ
  12. 大人になったら
  13. <ENCORE>
  14. ロルカ
  15. Gypsy
GLIM SPANKY プロフィール

グリム・スパンキー:2007年、長野県内の高校にて結成。14年6月にミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。60〜70年代のロックとブルースを基調にしながらも瑞々しい感性と豊かな表現力で新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす。また、アートや文学やファッション等、ロックはカルチャーとともにあることを提示。18年5月には初の日本武道館でのワンマンライヴが決定している。GLIM SPANKY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント