【小田和正】『明治安田生命Present
s KAZUMASA ODA TOUR 2014「本日 小
田日和」』2014年8月5日 at 横浜アリ
ーナ

撮影:菊地英二/取材:宮本英夫

 広い横浜アリーナのセンター席いっぱいに張り巡らせた、花道の長さにまずびっくり。そこを歌いながら歩いたり走ったり、ついにはアリーナ席に飛び込んで観客の大合唱の輪に加わる姿に二度びっくり。もちろんその間も、人間国宝級の麗しいハイトーンには一点の曇りもない。

 ニューアルバム『小田日和』に伴うツアーは、地元・横浜ということでよりリラックスしたのか、“今日は今年一番の暑さだそうで、『小田日和』が暑くて不快なイメージが付くと嫌だなと思っております(笑)”と、親しい友人同士のようなざっくばらんなしゃべりで観客をなごませる。映像を見せるコーナーでも、思いがけずお茶目な姿をたっぷりと披露し、客席から飛んだ“小田さんかわいい!”という掛け声にも思わず納得。なんと自由闊達、自然体、人生を楽しんでいる66歳だろう。そして、音楽家としての素晴らしさは言うまでもなく、「そんなことより 幸せになろう」「やさしい風が吹いたら」など新曲、「キラキラ」「ラブ・ストーリーは突然に」など往年の大ヒット曲、そしてオフコース時代の曲まで脈々とつながるエヴァーグリーンな小田ポップスの世界は、まぎれもなく現在のJ-POPの原点のひとつであることを再確認した。

 “いい思い出になりました。健康に気を付けて、またみなさんとお会いしたいと思います”と最後に言葉を残した小田。本編23曲、アンコール6曲で3時間弱。衰えを知らないパワーに驚きつつ、小田さんがそこまでやるならこっちも頑張らなきゃと、終演後に元気になっている自分に気付く。ジャンルも年代も超えて、すごいものはすごいという真実がそこにあった。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
小田和正 プロフィール

オダカズマサ:1947年9月20日生まれ、神奈川県横浜市出身のシンガーソングライター。東北大学工学部、早稲田大学理工学部建築科修士課程卒。66年に鈴木康博とオフコースを結成し、70年にシングル「群衆の中で」でデビューを果たす。「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」ほか名曲群を数多くリリース。しかし、89年2月に解散した。その後、ソロ活動を再開すると、91年に「ラブ・ストーリーは突然に」が大ヒット。以降、数多くオタイアップ楽曲、名曲を世に放ち、シングル、アルバム、ベストアルバムを定期的にリリース。さらにライヴツアーも開催し続けており、日本の音楽シーンに大きな功績をもたらしているひとりだ。2016年4月にはオールタイムベスト『あの日あの時』を発表。21年には自身初の配信シングル「風を待って」をリリースした。続けて配信にて2作を発表し。22年6月、8年振りのオリジナルアルバム『early summer 2022』を発売、同月から74歳8カ月でのアリーナツアー『明治安田生命 Presents Kazumasa Oda Tour 2022 「こんど、君と」』がスタートした。小田和正 オフィシャルHP
小田和正 レーベルアーティストページ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着