【やなぎなぎ】『color palette~20
14 Blue~』2014年8月31日 at 上野恩
賜公園野外ステージ

撮影:小賀康子/取材:桂泉晴名

 今回の会場は緑に囲まれた場所で、周囲に屋台が登場。ステージにはヤシの木や籐の椅子が置かれ、南国リゾートを思わせる雰囲気だ。ライヴ前半は、やなぎなぎの繊細な声を楽しめるアコースティック曲中心の構成。カバー曲コーナーではライヴタイトルにちなみ、Galileo Galileiの「青い栞」など“青”をテーマにした楽曲も披露した。バンドメンバーがコーラスで参加したり、休憩時間に会場で流れるラジオ放送のゲストになっていたりと、やなぎなぎとバンドの結束力の高さを感じた。後半は「三つ葉の結びめ」「クロスロード」といったアップテンポの曲もふんだんに演奏され、観客も総立ちで声援を送る。そして、アンコールの「You can count on me」で、やなぎなぎはエレキギターに挑戦。新しいアイデアをどんどん実践する彼女のアグレッシブな面が随所に光るライヴとなった。

セットリスト

  1. mnemonic
  2. ビードロ模様
  3. 音のない夢
  4. 星々の渡り鳥
  5. 青い栞(Galileo Galilei)
  6. 青いベンチ(サスケ)
  7. ブルーバード(いきものがかり)
  8. 〜休憩/会場ラジオ〜
  9. 青のパレード
  10. インテンション・プロペラント
  11. Surréalisme
  12. アクアテラリウム
  13. 三つ葉の結びめ
  14. クロスロード
  15. link
  16. 忘れない為に
  17. <ENCORE>
  18. トコハナ
  19. You can count on me
  20. replica
やなぎなぎ プロフィール

ヤナギナギ:2006年からライヴハウスやインターネット上で音楽活動を開始。12年2月にTVアニメ『あの夏で待ってる』EDテーマ「ビードロ模様」でメジャーデビュー。繊細な声質と印象的な楽曲の世界観で、活躍の場を広げている。13年7月リリースの1stアルバム『エウアル』はオリコンウィークリーチャート初登場4位を記録。13年10月には1stアルバム発売 記念ワンマンツアー『エウアル』、翌14年1月から2月にかけて『エウアル』アンコールツアーを開催した。やなぎなぎ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着