【RIZE】『TOUR2014“LOVEHATE”』2
014年10月24日 at 赤坂BLITZ

撮影:上飯坂 一/取材:荒金良介

 ライヴ終了後、ステージ前方で金子ノブアキ(Dr)とガッツリ握手を交わし、満面の笑顔を見せるJESSE(Vo&Gu)の表情が印象的だった。10月1日に、RIZEとしては2年振りとなる配信オンリーの新曲「LOVEHATE」「NOTORIOUS」を発表しiTunes総合チャート1位を記録、それに伴って6カ所でツアーを敢行、全公演完売するというその様子にメンバー自身が驚いていた。ずっと待ってくれているファンの期待に応えたい。そんな熱い気持ちを秘め、RIZEは持てる力を最大限にぶつけるような圧巻のライヴを披露した。もはや職人技ともいえるラップとグルーヴ感たっぷりのミクスチャーロック「LOVEHATE」で幕を開けると、いきなり沸点を記録する大フィーバーぶり。その光景を見て、“俺らCD出して、2年経ってるよな? 普通だったら忘れられてるぜ。生き様を見てくれてありがと!”とJESSEは感謝の気持ちを述べていた。

 中盤にはDef Tech、アンコールにはE.D.O.のメンバーを迎え、口角泡を飛ばす鋭いラップを繰り広げて賑々しいパーティー空間を作り上げる。さらにhideのカヴァー曲「ピンクスパイダー」から、俺らが好きな古い曲と説明して「Frade」をプレイするなど、新旧織り交ぜた選曲でファンを唸らせ、終始フロアーを沸騰絵図にした。JESSE、金子はもちろん、KenKen(Ba&Vo)の爆裂するベース音、サポート参加のRio(Gu)のメタル調ギターソロも冴え渡っていた。ロックの最突端で大暴れするステージングを目撃し、現在進行形のRIZEこそ最強!と納得せずにはいられなかった。

セットリスト

  1. LOVEHATE
  2. XL
  3. MUPPET
  4. LADY LOVE
  5. ハエ
  6. PARADOX体操
  7. Live or Die
  8. 日本刀 
  9. NOTORIOUS 
  10. RESPECT
  11. VIBRATION
  12. 〜KONOMAMA
  13. YUZURIHA
  14. heiwa
  15. ピンクスパイダー
  16. Stand Up
  17. Frade
  18. Far Eastern Tribe
  19. Gun Shot
  20. カミナリ
  21. <ENCORE>
  22. KAMI
  23. 火事と喧嘩は江戸の華
  24. Why I’m Me
RIZE プロフィール

ライズ:1997年、JESSEと金子ノブアキにより結成。00年、シングル「カミナリ」でメジャーデビュー。06年よりKenKenが参加。ロックの“現在”(いま)を圧倒的な熱量で表現する彼らの姿勢は多くのリスナーから支持を得ており、全米、アジアツアーを成功させるなど海外での評価も高い。結成20周年イヤーに突入する16年、メジャーデビューレーベルであるEPICレコードジャパンに復帰した。RIZE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント