【FLOW】『FLOW THE PARTY 2014』20
14年11月26日 at TSUTAYA O-EAST

撮影:小堀マサノリ/取材:フジジュン

 “いいFLOWの日”と名付けられた11月26日、FLOW主催による『FLOW THE PARTY 2014』が開催。対バン相手は同日発売されたシングル「7 -seven-」のコラボ相手である、GRANRODEO。O.Aを務めたザ・チャレンジのパワフルで勢いのあるステージが、パーティーの幕開けを宣言する。

 先攻はGRANRODEO。e-ZUKAのギターにKISHOW(Vo)のハイトーンが響き、「変幻自在のマジカルスター」でライヴがスタート。「silence」「ボルケーノ」とヘヴィなメタルナンバーが続いた後、激しく鋭く感情的にと“変幻自在のロックスター”ぶりで観客の心を揺さぶり、「modern strange cowboy」で会場をひとつにする。MCではKISHOWとe-ZUKAの掛け合いで爆笑を生み、ラストは前向きな「Can Do」がライヴを締める。

 後攻で登場したFLOWは軽快な4つ打ちから「DAYS」でスタートすると、会場中が笑顔で体を揺らす。「Red Hot Riot」「BLACK & WHITE」など定番曲が続き、グルービーなリズムに乗せた爆音ギター、息の合ったツインヴォーカルで観客を熱狂させると、ラストはKEIGOが“これでも喰らえ!”と煽り、「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」からの「GO!!!」という最強コンボでフロアを大きく沸かせた。アンコールは、FLOW×GRANRODEOとして7人で登場し、シングル収録の「New World」と「7 -seven-」を披露。重厚なサウンドと圧巻のトリプルヴォーカルで、最高潮の盛り上がりを生み、パーティーの幕を閉じた。

セットリスト

  1. 【GRANRODEO】
  2. 変幻自在のマジカルスター
  3. silence
  4. ボルケーノ
  5. 絶頂ポイズン
  6. wonder color
  7. カナリヤ
  8. modern strange cowboy
  9. Can Do
  10. 【FLOW】
  11. DAYS
  12. MC2=E
  13. Red Hot Riot
  14. Answer
  15. BLACK & WHITE
  16. 日々道々
  17. Shakys
  18. COLORS
  19. LUNA
  20. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
  21. GO!!!
  22. <ENCORE>
  23. 【FLOW×GRANRODEO】
  24. New World
  25. 7 -seven-
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

ザ・チャレンジ プロフィール
FLOW プロフィール

フロウ:疾走感あふれるエネルギッシュなバンドサウンドと思わず身体が弾み出すようなメロディーを武器に、全国でイベント出演やライヴを繰り広げる。『NARUTO -ナルト-』『交響詩篇エウレカセブン』『ドラゴンボールZ 神と神』など、多くのアニメにも楽曲を提供し、最近では世界各国で行なわれるアニメフェスなど、日本ばかりではなく諸外国へと活動の広がりを見せている。17年7月からはデビュー15周年イヤーに突入し、バンド初のアニメ主題歌のみ21曲を演奏する『FLOW THE CARNIVAL 2017 〜アニメ縛り〜』には1万人を超える応募が殺到し、その想いに応えるかたちで翌18年4月からは全21公演の全国ツアー『FLOW 15th Anniversary TOUR 2018「アニメ縛り」』を開催する。 FLOW オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント