【MERRY】『Grateful Year 2015 「ヴ
ァニラスカイアバンギャルド」』 20
15年1月2日 at 渋谷公会堂

撮影:中村卓/取材:土内 昇

 “Grateful Year”と謳い、“夜明け”をタイトルに掲げた、MERRYの2015年の幕開けを飾るライヴ。それは意思表明ともとれるアクトだったと言える。最新アルバム『NOnsenSe MARkeT』は“MERRYっぽい”を濃くすることがテーマだったこともあって、同作を主軸に置いたセットリストは当然のようにMERRYの深部を鮮明に曝け出していた。また、今のバンド力で従来のコアナンバーがプレイされることで、それらがより濃く、毒々しく、そして痛く、MERRYというバンドの特異性を浮き彫りにしていたことも特筆すべきところ。アコーステッィク編成で披露された「チック・タック」、アコーディオン奏者としてTHE CHERRY COKE$のTOMOを迎えて披露された「千代田線デモクラシー」などが醸し出す哀愁感や悲哀が、MERRYの音世界をよりディープに彩っていた。そんな矢継ぎ早に繰り出される新旧の楽曲に触れ、ふと思ったことがある。自虐的に自分を責め、自分を嘲笑うことで、自分の居場所を作り、自分を受け入れる…そういうものがMERRYの音楽の根底に脈々と流れているのかもしれない、と。『NOnsenSe MARkeT』の取材でガラ(Vo)が“俺の全てをさらけ出そうと思った”と語っていたが、同作で表現が直接的になったことで、そこが色濃く感じられたのだろう。MERRYを突き詰めた最強のアルバムを武器に、MERRYというバンドを提示した同公演。しかも、アンコールでは頸髄損傷で療養中のテツ(Ba)がサプライズで登場し、そのままオーラスの「群青」を5人で演奏する場面もあり、ここをスタートに“Grateful Year”を駆け抜ける!という、未年でもある2015年に懸けるMERRYの意気込みを肌で感じたライヴだった。

セットリスト

  1. iNtO the mARkeT
  2. NOnsenSe MARkeT
  3. 不均衡キネマ
  4. ジャパニーズモダニスト
  5. 「東京」
  6. 【collector】
  7. 暗闇にピンク
  8. チック・タック(アコースティック)
  9. 路地裏哀歌(アコースティック)
  10. Hide-and-seek
  11. 頭がザクロ
  12. Midnight Shangrila
  13. バイオレットゾンビ
  14. Station 07
  15. 千代田線デモクラシー
  16. 絶望
  17. Zombie Paradise ~地獄の舞踏曲~
  18. Carnival
  19. <ENCORE1>
  20. Unreachable Voice(アコースティック)
  21. ラストスノー(アコースティック)
  22. <ENCORE2>
  23. T.O.P
  24. 群青
MERRY プロフィール

メリー:2001年10月、現メンバーによって結成される。哀愁とヘヴィネスの融合による唯一無二の“レトロック”を掲げ、進化&深化を繰り返しながら、独自のスタンスで活動。昭和歌謡的な叙情旋律や欧米発のロックなどをさまざまに融合させた個性的な世界観で、結成時よりメインストリームとアンダーグラウンド双方の特性を活かしながら規格外のロックバンドであり続けている。MERRY オフィシャルHP
MERRY オフィシャルTwitter
MERRY オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。