【やなぎなぎ】『やなぎなぎ ライブ
ツアー2015 ポリオミノ』2015年2月
21日 at 渋谷公会堂

撮影:松本孝之/取材:桂泉晴名

 毎回、照明や映像に工夫を凝らし、耳だけでなく視覚でも楽曲の世界を表現して楽しませてくれる、やなぎなぎのライヴ。今回のツアーでは、最新アルバムタイトルの“ポリオミノ”にちなんだポップな仕掛けが、随所に施されていた。ポリオミノとは正方形の辺をつなげたブロックを隙間なく並べるパズルゲームのこと。1曲目の「polyomino-Intro-」では、背景の映像にポリオミノが現れ、やなぎの歌に合わせてピースが組み合わさっていき、曲の終わりとともにパズルが完成していく。“今回のツアーでは曲をブロックにみたてまして、各公演で違うブロックを入れ替えてやっています。今日は東京だけのポリオミノをみなさんと一緒に作っていきたいと思います”と、やなぎがステージのコンセプトを説明。大切なものはいつも側にあると教えてくれる「Sweet Track」や、出会いのドキドキ感を歌う「クロスロード」といった曲を聴かせ、アルバム『ポリオミノ』の世界へ誘う。 

 “次のブロックは、バンドメンバーにとって、曲的にはここが一番大変なところ”。やなぎの言葉通り、ライヴの前半から中盤にかけては、彼女の透明な声が自由に飛び回る「2つの月」、疾走感あふれる「ファラウェイ・ハイウェイ」など激しい楽曲が組み込まれていた。特に「ファラウェイ・ハイウェイ」のアウトロではやなぎが一旦ステージを去り、そのままギター、ベース、キーボード、ドラムのソロ演奏を次々に披露。やなぎなぎバンドの魅力を存分に見せてくれた。

 そして今回のライヴで印象的だったのは、やなぎがのびのびとパフォーマンスをしていたこと。おもちゃ箱のようなサウンドの「テトラゴン」では可愛いらしい振付を取り入れ、キラキラとした光に彩られている「landscape」ではタオルを回して会場を熱くさせたりする。やなぎから放たれる “楽しい”“嬉しい”というエネルギーを受け取り、会場も幸せな空気に包まれていた。

 本編は“次の世界でお会いしましょう”という言葉で締め括られる。キュートなプレゼントを贈られた気分になる、彼女のこだわりが詰まったライヴ。何度も足を運んで体感したくなる魅力がある、と改めて感じた。そんな同ツアーの追加公演が3月8日(日)に東京・Zepp DiverCity Tokyoで開催される。ここでもまた彼女のこだわりが垣間見れるステージが披露されることだろう。

セットリスト

  1. polyomino-Intro- 
  2. トコハナ 
  3. Sweet Track 
  4. クロスロード 
  5. 2つの月 
  6. テトラゴン 
  7. ファラウェイ・ハイウェイ 
  8. アクアテラリウム 
  9. 三つ葉の結びめ 
  10. Rainy veil 
  11. Esse 
  12. landscape 
  13. 逆転スペクトル 
  14. navis 
  15. polyomino 
  16. <ENCORE>
  17. You can count on me 
  18. point at infinity 
  19. ビードロ模様
やなぎなぎ プロフィール

ヤナギナギ:2006年からライヴハウスやインターネット上で音楽活動を開始。12年2月にTVアニメ『あの夏で待ってる』EDテーマ「ビードロ模様」でメジャーデビュー。繊細な声質と印象的な楽曲の世界観で、活躍の場を広げている。13年7月リリースの1stアルバム『エウアル』はオリコンウィークリーチャート初登場4位を記録。13年10月には1stアルバム発売 記念ワンマンツアー『エウアル』、翌14年1月から2月にかけて『エウアル』アンコールツアーを開催した。やなぎなぎ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着