【宮野真守】『MAMORU MIYANO LIVE
TOUR 2015〜AMAZING!〜』2015年3月
15日 at 日本武道館

撮影:hajime kamiiisaka/取材:榑林史章

 “今宵は愛と驚きにあふれた、アメイジングなショーをお届けしましょう!”…『AMAZING!』と銘打たれた宮野真守の全国ツアーファイナルの日本武道館は、ラスベガスのショーを彷彿とさせるようなきらびやか&ゴージャスなステージセットに囲まれ、宮野は己の中にあるエンターテインメント魂を120%発揮した。

 前半、ダンサーを従えて息の合ったダンスで魅せた宮野。ダンスのキレは抜群で、ポーズがキマるたびにビシッという音が聞こえてきそうなほど。冒頭の「Magic」では、千手観音のような振り付けを見せて観客を沸かせた。「NEW ORDER」では、映像と現実の動きがシンクロする演出で魅せ、最終的にはスクリーンを埋め尽くすほど宮野が増殖するなど、映像を使った演出はとても見応えがあった。久しぶりに歌う楽曲もいくつかあり、「白昼夢」はエレキギターをかき鳴らしながら熱演、「きもちつないで。」はイスに座ってアコースティックアレンジで披露。さらに「Splash Blue」は、ボサノバテイストのアレンジにチャレンジしていた。どの曲も、以前より歌声が一層艶を増し、ヴォーカリストとしてまたステップアップしたことを実感させた。

 MCでは、昨年「Magic」のレコーディングでアメリカに行ったことが背中を押してくれたと話した。“前とはぜんぜん違ったことをやろうと思ったツアーでした。アメリカで自分がちっぽけだと思い知り、その時の思いがセットリストや演出に反映されている。人生後ろ向きになることもあるし、悩んだり挑むような状況だったり、逃げ出したくなる時もあった。でもみんなの笑顔に会いたくて、一歩踏み出してチャレンジすることができました”と、目を少し潤ませながら、客席に向け真っ直ぐな目線で語った。アーティストとしての大きな成長は、ファンにとってこれ以上ないホワイトデーの贈り物だったことだろう。

セットリスト

  1. Magic
  2. Steal!! –Remix-
  3. 愛の詩~Ulyssesの宴~
  4. SUPER★SOUL
  5. 白昼夢
  6. NEW ORDER
  7. …君へ
  8. きもちつないで。
  9. Splash Blue –Acoustic-
  10. ぼくのキセキ
  11. Marshmallow Love
  12. VOICE
  13. オルフェ
  14. GOLDEN NIGHT
  15. Kiss×Kiss
  16. BREAK IT!
  17. <ENCORE1>
  18. J☆S
  19. シャイン
  20. <ENCORE2>
  21. THANK YOU
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」