【吉田山田】『吉田山田ツアー2015』
2015年5月4日 at 渋谷公会堂

取材:石田博嗣

 過去最大規模となったツアーの東京公演は、本人たちが憧れていた渋谷公会堂でソールドアウトの満員の中スタート! 客席がちびっ子からお年寄りまで、まさに老若男女でいっぱいとなっていたのは、彼らの歌が多くの人の心に届いた証だと言えるだろう。

 公演の幕開けは、6月17日にリリースとなる新曲「キミに会いたいな」でしっとりと。紗幕に雨と一緒に歌詞が写し出され、まさに地面に降り注ぐ雨のように“想い出に勝てない”などの言葉が胸に染み込み、その曲調通りにウエットな気持ちに浸っていた。しかし、山田義孝(Vo)の“ハロー、渋谷ー!”の一声で始まった爽快なポップチューン「夏のペダル」で客席は総立ちに。ツアー前半はアコースティック編成だったが、後半戦となる本公演からはバンド編成ということで、ポップでロックな楽曲たちが客席を盛り上げていく。アッパーなナンバーで攻めつつも、時に何かに気付かせ、時に背中を押し、歌で寄り添うように観客ひとりひとりを応援していた。吉田結威(Gu&Vo)も“2015年はみんなからもらった気持ちを音楽で返せたら”とMCで語っていた。また、吉田がトイピアノを弾き、軽快な「好きだよ」や、“次”へと踏み出す力にあふれた「新しい世界へ」など、音源化未定の新曲が惜しみなく披露されていたのも特筆すべきところ。2014年は“吉田山田=「日々」”だったかもしれないが、すでに彼らは次のフェーズにいるということだ。何度もコール&レスポンスを繰り広げ、会場内をフレンドリーで温かい空気でいっぱいにした今日のライヴだが、まだまだ吉田山田は夢に向かってガムシャラに走り続けている。

セットリスト

  1. キミに会いたいな
  2. 夏のペダル
  3. カシオペア
  4. カシスオレンジ
  5. ごめん、やっぱ好きなんだ。
  6. 旅立ちの合図
  7. HOME
  8. 好きだよ
  9. 日々
  10. ツボミ
  11. Yes
  12. 天使と悪魔
  13. フリージア
  14. 新しい世界へ
  15. ガムシャランナー
  16. 僕らのためのストーリー
  17. <ENCORE>
  18. 逢いたくて
  19. 約束のマーチ
  20. イッパツ
  21. 魔法のような
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,400万回を突破した。19年は3年振り2度目となる全国47都道府県ツアーを開催し、同年11月には中野サンプラザホールにて行なった『吉田山田10周年記念「大感謝祭」』にてデビュー10周年を大団円で締め括った。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着