【吉井和哉、グッドモーニングアメリ
    カ、Czecho No Republic、LACCO TOWE
    R】『TRIAD ROCKS -Columbia vs Tria
    d-』2015年5月19日 at 豊洲PIT

    撮影:山本倫子/取材:田山雄士

     7年振りに復活した名門レーベル、TRIAD。その幕開けを飾る主催イベント『TRIAD ROCKS』が豊洲PITで行なわれた。

     トップバッターを務めるのは、6月に1stアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たすTRIADの新鋭・LACCO TOWER。おそらく彼らを初めて観る聴衆も多い中、のっけから爆発力を備えた松川ケイスケのヴォーカルと起伏豊かなグルーブで圧倒し、真一ジェットがキーボードの上に立って煽ったりと、物怖じしないパフォーマンスを見せる。“『TRIAD ROCKS』へようこそ! 今日みたいな4アーティストが揃うことはなかなかないし、みなさんの日常の中のひとつの光がこのライヴだと思うので、楽しんでいってください”と松川が挨拶。キャリアで言えば、のちほど登場するグッドモーニングアメリカとほぼ同期で、故郷群馬での主催フェス『I ROCKS』も大盛況を収めているLACCO TOWERは、細川大介の美麗なギターソロ、どこか懐かしいメロディーなども聴かせながら、激情型ロックバンドの真価を発揮し、イベントも最高のスタートを切った。

     イベントのサブタイトル(“Columbia vs Triad”)通り、ここから2組はコロムビア勢。ファンファーレのような「Amazing Parade」で華々しいオープニングを決めたCzecho No Republicは、先ほどのLACCO TOWERとはまた異なる、さわやかなエモーションと男女ツインヴォーカルで場を包んでいく。“ドラムの彼(山崎正太郎)が本当に吉井(和哉)さんのこと好きで、俺がどんな曲を書いても、これはイエモン(THE YELLOW MONKEY)で言うところの「○○」だね、みたいな。で、ちょっと今までにない感じのを作ると、これはソロの吉井さんの「○○」かな、とかウザイんですよ(笑)”と武井優心(Vo&Ba)がゆるく沸かせるMCがありつつ、深い音響の中でトリプルシンセとヘヴィなビートを巧く絡ませた新曲「Beautiful Days」などは痺れるほどに素晴らしい! 「MUSIC」以降の楽曲でも低音や空間を生かしたアレンジが目立ち、チェコの次段階が垣間見られるステージだった。

     TVアニメ『ドラゴンボール改』のエンディングテーマとなった「Oh Yeah!!!!!!!」に偶然にも続くかたちとなった悟空コスで登場したグッドモーニングアメリカのたなしん(Ba)。そして“かめはめファイヤー!”の掛け声とともに、同タイアップの「拝啓、ツラツストラ」につなぐという鮮やかなドラゴンリレーで、早くも自分たちのペースを作り出す。中盤で披露した6月10日発売のニューシングル「コピペ」は、グドモならではのキャッチーさとシニカルさが絶妙なバランスで炸裂していて、《コピペパピプペポ》の奇天烈なフレーズも最高! 発売前にして、ファンのハートをがっちり掴んでいた。“コロムビアやTRIADみたいな歴史あるレーベルに参加できてすごく嬉しいし、僕らがまた新しい風を吹かせられたらいいなと思います”と金廣真悟(Vo&Gu)が語り、ラストはコロムビアからの船出を飾ったアルバムタイトルチューン「未来へのスパイラル」。燃え滾るような気迫十分の演奏が頼もしかった。

     トリはもちろん、18年振りに古巣TRIADに復帰した吉井和哉だ。歓声が一層大きくなる中、バックバンドのナポリタンズを率いて悠々と現れ、まずは最新作から「 (Everybody is)Like a Starlight」。同MVさながらの柄シャツを纏って、アクションも軽やかに決めると、間髪入れずにTHE YELLOW MONKEYの「SPARK」へ! 時折セクシーにフェイクを効かせ、TRIADのバックドロップを指さして《新しい何かが俺の中で目覚める》と怒涛のテンションでシャウトする吉井のロックスターぶりに、若者を含む全オーディエンスが一気に撃ち抜かれた。しかし、これだけでは終わらない。「TOKYO NORTH SIDE」「クリア」などソロのおいしいナンバーを立て続けに演奏した後、“TRIADには中原(THE YELLOW MONKEY時代のプロモーター)というとてもカッコ良い男がいたんだけども、2000年に若くして亡くなってしまって…”と切り出す。そして“今日はどうしても歌いたい曲があるんだよね。彼が見つけてきたすごいバンドがあって、そのデビューシングルを聴いた時にいつか歌いたいなと思ってたんだ。中原に捧げます!”と話して始まったのは、まさかのTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「世界の終わり」! 青いタンバリンを振って熱唱する吉井に、それぞれの魂の邂逅に、歓喜のどよめきが起こった。

     “今の曲もそうだけど、彼はTHE YELLOW MONKEYのいろんな曲を世に出してくれました。こうやって(TRIADに)戻ってこられたので、中原とまた新しい日本のロックを築いていきたいなと思ってます。古臭いけどね、日本のロックを築いていこうなんて。でも、いいんです。デビュー当時から古いんです、俺は”と笑うと、ラストは“特別な時にしかやらない曲”だという永遠の名曲「JAM」が、特別な男のために鳴らされる。《時代は裏切りも悲しみも 全てを僕にくれる》《素敵な物が欲しいけど あんまり売ってないから 好きな歌を歌う》《外国で飛行機が堕ちました ニュースキャスターは嬉しそうに「乗客に日本人はいませんでした」》――どこを取っても痛切に響くその美しい歌詞に、あらためて感動を覚えてしまう。大盤振る舞いな吉井和哉のステージ、本当にすごかったです。

    セットリスト

    1. 【LACCO TOWER】
    2. 1.蕾
    3. 2.檸檬
    4. 3.苺
    5. 4.葡萄
    6. 5.一夜
    7. 【Czecho No Republic】
    8. 1.Amazing Parade
    9. 2.Festival
    10. 3.Beautiful Days
    11. 4.MUSIC
    12. 5.No Way
    13. 6.Oh Yeah!!!!!!!
    14. 【グッドモーニングアメリカ】
    15. 1.拝啓、ツラツストラ
    16. 2.inトーキョーシティ
    17. 3.コピペ
    18. 4.イチ、ニッ、サンでジャンプ
    19. 5.未来へのスパイラル
    20. 【吉井和哉】  THE YELLOW MONKEY
    21. 1.(Everybody is)Like a Starlight
    22. 2.SPARK
    23. 3.TOKYO NORTH SIDE
    24. 4.Step Up Rock
    25. 5.クリア
    26. 6.世界の終わり
    27. 7.JAM
    グッドモーニングアメリカ プロフィール

    グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。14年には2ndアルバム『inトーキョーシティ』、15年には3rdアルバム『グッドモーニングアメリカ』を発表し、同年11月には初の日本武道館公演を成功させた。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
    グッドモーニングアメリカ オフィシャルTwitter
    グッドモーニングアメリカ オフィシャルブログ
    日本コロムビア
    グッドモーニングアメリカ オフィシャルFacebook
    たなしん Instagram
    グッドモーニングアメリカ オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    Czecho No Republic プロフィール

    チェコノーリパブリック:2010年結成のロックバンド。13年10月にアルバム『NEVERLAND』でメジャーデビュー。中期ビートルズを現代風にアップデートしたカラフルなポップサウンドが人気を集めている。15年7月12日、日比谷野外大音楽堂にてワンマンライヴを開催するとチケットは完売。大成功を収めた。同年9月には日本コロムビア内のTRIADレーベルに移籍。16年7月にはメジャー4作目となるアルバム『DREAMS』をリリースした。Czecho No Republic オフィシャルHP
    Czecho No RepublicオフィシャルTwitter
    武井 優心 オフィシャルTwitter
    山崎 正太郎 オフィシャルTwitter
    八木 類 オフィシャルTwitter
    砂川一黄 オフィシャルTwitter
    タカハシマイ オフィシャルTwitter
    武井 優心 オフィシャルインスタグラム
    日本コロムビア オフィシャルYouTube
    Czecho No Republic オフィシャルブログ
    Wikipedia

    LACCO TOWER プロフィール

    ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の、新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。LACCO TOWER オフィシャルHP

    吉井和哉 プロフィール

    ヨシイカズヤ:88年にTHE YELLOW MONKEYを結成し、92年にメジャーデビュー。01年にバンドが活動休止した後、03年にYOSHII LOVINSONとしてソロデビュー。04年にTHE YELLOW MONKEYが解散。05年6月より初のソロツアー『AT the WHITE ROOM』を実施。06年1月、吉井和哉に名義を変更し、シングル「BEAUTIFUL」で活動を再スタート。14年11月、自身のルーツ・ミュージックをカバーした、初のカバーアルバム『ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~』を発表。15年3月、4年振りとなる7thアルバム『STARLIGHT』を発表した。吉井和哉 オフィシャルHP(アーティスト)
    吉井和哉 オフィシャルFacebook
    吉井和哉 オフィシャルYouTube
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント