【GRANRODEO】『GRANRODEO 10th ANN
IVERSARY LIVE 2015 G10 ROCK☆SHOW
-RODEO DECADE-』2015年10月25日 a
t 幕張メッセ国際展示場1~3ホール

撮影:平野タカシ/取材:日本工学院専門学校コンサート・イベント科 PAコース 大関映美

【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

 幕張メッセ国際展示場にて10月24日と25日の2デイズで行なわれた、GRANRODEOの記念すべき10周年ライヴの最終日。BGMが消えて、ステージのビジョンに流れ出した今までの軌跡、数々のライヴ映像。直後、KISHOWの歌声とe-ZUKAのギターの音が響き渡って始まったのは「We wanna R&R SHOW」。オープニングからど派手な演出で会場を魅了する。「慟哭ノ雨」「Darlin’」とテンションの高いナンバーが続き、会場はのっけからヒートアップ。KISHOWの“新たなメモリーズを作ろう!”の言葉とともに始まった「メモリーズ」では、“一番いいのはこれからだぜ!”と歌詞の語尾を言い切りに変えて叫び、それにオーディエンスは歓声で応える。e-ZUKAとサポートメンバーの瀧田イサム(Ba)と長井“VAL”一郎(Dr)による楽器ソロでは、釘付けになってしまうほど圧巻なパフォーマンスを魅せ、続く「バラライ」ではダンサーとFIRE HORNSも加わり、華やかでキラキラとした演出は、その場にいる全員を笑顔に変える。“FUNKY Medley”では「BRUSH the SCAR LEMON」「進化と墜落の二元論」「Shake the Fake」「wonder color」とアッパーで盛り上がるナンバーばかりを投下。掛け声もあり、会場の一体感がさらに増した。中盤、センターステージへ移動し、恒例とも言えるアコースティック演奏では「Snow Pallet」「変幻自在のマジカルスター」の2曲を披露し、会場は穏やかな雰囲気に包まれた。激しい曲が続く中でも一番の盛り上がりをみせたのは「Go For It!」。叫べばいいことが起こるかもしれない魔法の4文字と言われている掛け声“I・G・P・X”。メンバーそれぞれがファンを煽りまくり、オーディエンスもこれでもかというほどに声をあげていた。そして、ライヴの最後を締め括る「今より先を」では、切なさがありつつの、GRANRODEOらしいバラードで会場を力強く包み込んだ。その想いに涙を流して聴き入るファンも多く見られた。

 アンコールでは欠かせないアッパーチューン「Can Do」で、KISHOWとe-ZUKAはトロッコに乗り会場中を巡り、喜びまくるファンは歌ったり、跳ねたりと大興奮。ダブルアンコールでは「Beautiful world」を披露。最後に大合唱となるさまは、胸にグッとくるものがあった。GRANRODEOの10周年アニバーサリーライヴは、メンバ―が“今までで一番楽しいライヴだった”と語るほどに、最高のお祭りだった。

セットリスト

  1. We wanna R&R SHOW
  2. 慟哭ノ雨
  3. Darlin’
  4. メモリーズ
  5. RIMFIRE
  6. 日常ホライズン
  7. Once & Forever
  8. SOLO SECTION
  9. バラライ
  10. RODEO DECADE FUNKY Medley
  11. BRUSH the SCAR LEMON
  12. 〜進化と堕落の二元論
  13. 〜Shake the Fake
  14. 〜wonder color
  15. 恋音
  16. Snow Pallet
  17. 変幻自在のマジカルスター
  18. silence
  19. カナリヤ
  20. Punky Funky Love
  21. Go For It!
  22. modern strange cowboy
  23. 今より先を
  24. <ENCORE>
  25. delight song
  26. CRACK STAR FLASH
  27. Can Do
  28. <ENCORE2>
  29. Beautiful world
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント