取材:道明利友

“スコット・バージョン”でいろんな日
本の音楽に出会ってほしい

三作目のカバーアルバムですが今回もすごく楽しかったです!

「ありがとうございます。最初にカバーをした時は、バンド(ALLiSTER。現在は活動休止中)のアルバムのボーナストラックで1曲入れなくちゃいけなくて。でも、新曲がなくてどうしようかなって思った時に、ちょうど日本語の勉強を始めてて、いろんなJ-POPの曲も聴き始めてたから、じゃあそれをやったら面白いかなと思って『島唄』をやったんだけど。ライヴで歌ったらみんな歌ってくれて、盛り上がってすごくいい経験になったからもっとやってみたくなって、『Guilty Pleasures』ってアルバムになったっていう。今回もすごく面白かったね」}。

J-POPの名曲から『となりのトトロ』の主題歌まで、幅がめちゃくちゃ広くて(笑)。選曲の基準はどんな感じなのですか?

僕はオリコンチャートをチェックしたりして、日本で何が流行ってるか調べたりするんだけど、その中でいいアレンジができそうな曲があったら、っていう。あとやっぱり、みんなが知ってる有名な曲なら、ライヴでみんなで歌えるから。

個人的には「LOVE マシーン」は驚きでした。モー娘。をメロディックパンクで歌うって、想像も付かなくて(笑)。

うん(笑)。この曲で、僕はモーニング娘。を知って。いいメロディーなんだけど、これをロックっぽくしたらもっと良くなるんじゃないかと思って。しかも、本人が来てくれる(中澤 裕子、安倍 なつみ、保田 圭がコーラスで参加)なんて全然考えてもなかったから…。いいアレンジにできたと思う。曲作りは、僕がシカゴで録って、それを日本に送って、またシカゴに送って、っていう。“すげぇーっ!”って感じだった(笑)。なんか…一昨日、『スッキリ!!』(日本テレビ系放送中)で彼女たちにインタビューしてたんだけど、“スコットのカバーはどうでした?”って。その時に彼女たちの誰かが“すごい発音がきれいでした!”とか言ってくれてて、うれしかった(笑)

本人が認めてくれるのは、カバーしがいがありますよね。

うん。槇原敬之さんも『どんなときも。』は気に入ってくれて。そしたら彼はフェスで、スコット・バージョンをやったらしい(笑)。広島の野外フェス『セットストック』で、“スコットってアメリカ人がいて、すごいカッコ良くカバーしてくれて。今日は、僕もそのスコット・バージョンをやってみます!”って(笑)。こういうちょっとファストな曲を槇原さんがやるって、すごい面白い。

他にもいろいろなカバーがありますけど、そもそもスコットさんは、日本の音楽のどんなところに魅力を感じてるのですか?

日本の音楽、J-POPは特にサビがすごいキャッチーだね。日本語で歌うメロディーって、ちょっと違う雰囲気があるじゃない。英語で歌う曲とは。そういうこともあって、日本の音楽は僕にとってすごい新鮮。前に、ライヴを観てくれたお客さんが僕に、この曲はあんまり好きじゃなかったけど、スコット・バージョンを聴いたら“こんなにいい曲!?”って思った、って言ってくれて。今までは分からなかったけど、その曲の良さが分かったって。他の曲でも、スコット・バージョンで好きになったのがきっかけで、その曲のことをいろいろ調べてもらえるようになったりしたら、すごいうれしい。

スコットさんの作品がきっかけで、いろいろな人の音楽の幅が広がっていったらいいですね。

うん。逆にアメリカでも、僕の友達に日本の音楽を聴かせたり。で、“これは好き!”っていうのがあったら“じゃあ、これも好きだと思うよ”って、例えば僕が一番好きな椎名林檎のCDを聴かせてみたりして。それでいろんな日本の音楽に出会ってくれたら、すごいうれしい。壁がなくなることは、すごい良いことだと思う。日本の音楽は向こうでは、やっぱりあんまり買えないし…。それは残念だと思う。チャンスがあったら人気が出そうないいバンドはいっぱいいるから。

そう言えば、今度のツアーで競演するオレスカバンドもアメリカツアーを経験してますね。

うん。『Warped Tour』(世界最大規模の野外フェスツアー)に出てたから、名前は聞いたことがあって。前のツアーは、ELLEGARDENとPOLYSICSとB-DASHのメンバーに来てもらってすごい楽しくって。だから今回も日本人のバンドでやりたいなと思ってて、ウチのプロモーターが“オレスカバンドはどう?”ってアイデアを出してくれて。面白くなりそうだよね、すごく。彼女たちとは先週会ったばっかりで、すっごい若いけど…(笑)

高校卒業したばっかりですからね。歳の差が(笑)。

(笑)19、20歳ぐらいだよね。で、曲のアレンジも、またたぶん変えなきゃいけないし。ホーンがいたりするから、彼女たちは。でもそれが、すごい楽しみ!
スコット・マーフィー プロフィール

スコット・マーフィー:アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身、在住のロックミュージシャン。95年にメロディックパンクバンド、ALLiSTERを結成。01年の初来日時から日本に傾倒し、独学で日本語を勉強。現在ALLiSTERとソロ活動を両立して活躍中! スコット・マーフィー Official Website
スコット・マーフィー オフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着