取材:ジャガー

聴いたcaminoだけでなく、見たcaminoを
どう伝えられるか?る

今作の「The Life」は、1stシングル「STORY」の勢いをそのままに、さらに広がりを増した印象を受けました。

KIKU
僕らはインディーズ時代から、疾走感やメロディーの良さを大事にしているんですけど、前作に引き続き『トミカヒーロー レスキューフォース』というヒーロー戦隊もののオープニングに決定していたので、その世界観を崩さないようにっていうのはありました。
HAYATO
ここ3年ぐらいライヴを意識していて、この曲はライヴをより意識したアレンジと歌詞でもありますね。純粋にみんなと盛り上がりたいなと。

歌詞も、元気付てくれる内容ですよね。

HAYATO
今回はcaminoらしさをもっと出したいっていうのと、『トミカヒーロー レスキューフォース』の世界観を突き詰めていったら、こうなりました。命の尊さだったりね。もともと、“Shooting☆”という単語は使いたくて。流れ星のように早く助けにいく、みたいな。

“Shooting☆”の“スター”を“☆”にした書き方もいいですね。

KIKU
こういうこと好きなんですよ。例えば、宇宙と書いて“ほし”と読んでみたり。漢字をカタカナにしてみたり、あえてそうすることによって、伝わり方も変わってくるだろうし。

聴くのと字面から受けるイメージと違いますもんね。

KIKU
PVも歌詞もそうなんですけど、“曲を聴いたcaminoだけでなく、見たcaminoをどう伝えられるか?”でも勝負していければと思ってます。

では、先ほど出ましたcaminoらしさとは?

HAYATO
カッコ付けてる自分がいますけど、もっと素の自分を出していけたらなとは思いますね。ライヴだったり、ファンと直接触れ合うところで自分らしさを出したい。冗談言い合ってる面白い部分とか。カッコ付けるのは、誰でもできるんで。

結構ポップ寄りな「ONE WAY TO ROCK!!」が、そういうものを表現してると思いきや、後半は重低音バリバリのゴリッとしたロックナンバーに早変わりして(笑)。

KIKU
裏切りますもんね(笑)。ああいうリズムの流れ方はね、好きなんですよ。多分、来年、再来年とどんどん変わっていきますよ。ポップさも必要だったりするんですよね。

なるほど。あと「The Life」は“Full On Rock Mix”としてアレンジが変わっていますが、クラブで流れていてもおかしくないサウンドだったので、こういうのもアリなんだなって。

KIKU
昔からシングルを出す時って、結構リミックスを入れていて。いろんな人たちにより違うものを与えたいんですよね。リミックスに関しては、信頼してる仲間にやってもらうんですけど、自分たちの曲がどう変貌するのか、いつも楽しみです。

「Everything」はバラードだし、本当にいろんな表情を見せられたんじゃないですか?

HAYATO
そうですね。全然内容は変わりましたけど、もともとKIKUが口説いてる女性がいて、その子について歌ってくれと言われた曲なんですよね。
KIKU
…(笑)。でも、ホントそんな感じです。

バンドのメッセージを伝えるためにはバラードも必要?

KIKU
ロックバンドだからってバラードをしないって言うのは違うなって。うちらはそういうのもやれる方だし、伝えるために最前の方法がバラードなら、バラードの曲を作るだけですね。
HAYATO
僕たちこう見えて、結構ロマンチストなので(笑)。
camino プロフィール

カミーノ:音楽業界のさまざまなシーンで活躍するKIKUが中心となって2002年に結成。バンド名はスペイン語で“道”を意味する。camino オフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着