【家入レオ】『家入レオ LIVE at Ze
pp 2016 ~two colours~』2016年2月
2日 at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:田中聖太郎/取材:竹内美保

 家入自身もプレイヤーとして加わった、3本のアコースティックギターアンサンブルで幕を開けたステージ。「サブリナ」でのこの新たな試みが鳴り響いた瞬間から、今回のツアーがネクストレベルのフェーズに入ったことを物語る。ツアーに向けて彼女は“歌をしっかり聴かせたい、届けたい”という話をしていたのだが、その言葉通り、ポップとハードの両極に振り切っていくパフォーマンスは抑えられ、歌を完全に主軸として、それを最良のかたちで生かす楽器とのコラボレーションで全体像の構築が進められていた。スツールに腰掛け、ピアノをバックに静かなる熱さをもって切々と歌い上げられたシンディ・ローパーのカバー「Time After Time」は、それをもっとも象徴的に表していた一曲と言えるだろう。

 カラフルな実験が楽しい実を結んだ楽曲「オバケのなみだ」をやわらかいアクセントとして置いた中盤戦を経て、圧巻だったのはバイオリン奏者を迎えて繰り広げられた「Silly」に始まる後半から終盤への流れ。家入とふたりのギタリストによるトリプルエレキギターが炸裂した「純情」、オリジナルのスタイルのようでいて、バイオリンが入っていることで結果ここでもニューバージョンへと進化していた再びの「サブリナ」は、とりわけ鮮やかな昇華を見せていた。

 そして、彼女の“覚醒”がそのまま歌に、言葉に、音になった「Hello To The World」。覚醒と解放を体現した爽快で伸びやかに抜ける歌声は、この日の終わりに“新たな始まり”を宣言する、美しいシーンを描いた。

セットリスト

  1. サブリナ
  2. lost in the dream
  3. a boy
  4. Time after Time
  5. Shine
  6. Lay it down
  7. miss you
  8. 〜Still
  9. Time After Time (Cyndi Lauper カバー)
  10. Bless You
  11. 〜Lady Mary
  12. オバケのなみだ
  13. チョコレート
  14. Last Stage
  15. Silly
  16. Just Missed The Train (Trine Rain カバー)
  17. 君がくれた夏
  18. 希望の地球
  19. 純情
  20. サブリナ
  21. <ENCORE>
  22. Hello To The World
家入レオ プロフィール

イエイリレオ:1994年12月13日生まれ、福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、15歳の時に完成させた「サブリナ」で12年2月にメジャーデビューを果たす。光と影、希望と不安や葛藤など、精神面での深淵を綴った歌詞と表情豊かなヴォーカルで幅広い支持層を獲得。17年2月にデビュー5周年記念で初のベストアルバム『5th Anniversary Best』を発売し、4月には初の日本武道館公演を大成功に収めた。家入レオ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント