取材:高橋美穂

「シアワセ」は、いつくらいからあった曲ですか?

柳沢
インディーズの時からありました。
渋谷
この曲を踏まえてアルバムって感じがするので、どうしてもアルバムの直前に出したかったんですよ。
上杉
今回、2曲目にアコースティックバージョンも入ってますけど、それで柳が最初に持ってきたファーストインパクトが分かると思います。1曲目のバンドアレンジも必要だったと思うんですけど、ごちゃごちゃしなくても良かったというか。そんな曲は初めてで。俺はベースを弾かなくても、極論歌だけでいいと思えたんですよ。
藤原
より歌と歌詞を聴いてほしい気持ちがあったんで、こういうバージョンも入れようと思ったんです。

曲を作った柳沢さんにおうかがいしたいのですが、この曲が生まれたきっかけって何だったんですか?

柳沢
“シアワセ”って前向きな響きだと思うんですけど、その時の俺は上手くいってなくて、これだと思う曲ができなかったりしてたんですよ。いつの間にか好きなことが、最大の悩みを発症してることに気付いて、苦しくなっちゃって。でも、好きだからこそ考えちゃうのかなって思ったし、その向こう側に音楽で表したかったことがあるのかな、もしかしたらそれが俺の幸せなのかなって思って。そういう、個人的な思いから膨らんでったんですけど、やっぱり生きてる限りは、みんな無意識のうちに幸せでありたいと思う気がするんですよね。近くに幸せな瞬間があっても、まだ何かある気がすると思うんです。そういう、なんとも噛み合わない思いは一生持ち続けていくと思うんですけど、それが自分にとって大事なのかなって。今後も一生歌っていきたい曲だし、この曲で歌いたいことがブレた瞬間に、俺らの今までの曲たちもつながらなくなる気がするくらい、重要な曲になってきてると思いますね。

また、3曲目の上杉さん作詞作曲の「なんとなく」も、“なんとなく”という曖昧な言葉に着目した楽曲ですね。

上杉
うちの近くに代々木公園があるんですけど、そこになんとなく走りに行って、なんとなく感じた公園の木々の香りや、お弁当を食べてる親子の感じとかが良くて。“なんとなく”って気持ちがないように思われるけど、気持ちがなくても体をそこに運べばこんだけいいものがあるじゃんって。その瞬間、“なんとなく”の解釈が変わって、それを歌にしようと思いました。

柳沢さんの歌詞もですけど、上杉さんの歌詞も、何気ないことに着目する場合が多いですよね

上杉
そんなことばっか考えてる奴らなんで(笑)。

そういう意味では次の「へその緒」もですよね。

上杉
考えちゃうんですよね。何で人は愛し合うようになったのかとか。じゃあどっから俺は愛に気付いたんだろうって思って、そういえばへその緒ってあったなって。母親から栄養とか酸素がきて、それも愛じゃないですか。だから、遺伝子レベルでインプットされたんじゃないかなって。

愛がテーマとはいえ、曲はかつてなくへヴィですよね。

上杉
これからいろいろやれるなとも思いましたね。
渋谷
欲深いですよね(笑)。でも、何か求めてたりする方が幸せになりますもんね。
上杉
欲には終わりはないから、幸せにも終わりはない。
柳沢
だから、「シアワセ」を歌い続ける意味があるよね。
SUPER BEAVER プロフィール

スーパービーバー:2005年に結成。07年に初の全国流通となる1stミニアルバム『日常』を発表後、積極的なライヴ活動を展開し、09年にシングル「深呼吸」でメジャーデビュー。その後、メジャーを離れ自主レーベル発足や、現在のレーベルでインディーズバンドとして活動。18年4月30日に開催した初の日本武道館単独公演はソールドアウトと大成功を収め、6月27日にフルアルバム『歓声前夜』をリリース。カンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕らは奇跡でできている』高橋一生主演の連続ドラマ主題歌に書き下ろした新曲「予感」を11月21日にリリースする。SUPER BEAVER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。