【FUKI】『FUKI Special Live 「キミ
へ」』2016年3月4日 at 渋谷CHELSEA
HOTEL

取材:吉田可奈

 初となるワンマンライヴの会場には彼女の歌声を待つ人がぎっしり。その光景を観たFUKIは“安心した”と微笑みながらつぶやき、特別な一夜がスタートする。“実体験しか歌詞にできない”という共感度の高い歌詞を、生バンドをバッグに心に真っ直ぐに届く、芯の強い歌声で聴かせ、その場にいた全ての人を魅了。家族のことを想って初めて作詞作曲したという「I wanna be」では、涙が込み上げて歌えなくなった瞬間もあったが、終始、彼女の歌声は楽曲の切なくも美しい物語とともにフロアーに届き、多くの人の涙腺を刺激。かと思えば、「小さな恋のうた」や「はじめてのチュウ」などの名曲カバーも披露し、新たな魅力も感じさせてくれた。70分という短い時間だったが、親しみやすいMCとともに、とてもアットホームでやさしい時間が堪能できるライヴだった。

セットリスト

  1. intro
  2. LOVE SONG
  3. 泣きたいんでしょ
  4. キミじゃなきゃ
  5. はじめてのチュウ
  6. ひびけ
  7. I wanna be
  8. 365
  9. カタオモイ
  10. 耳元にいるよ
  11. 小さな恋のうた
  12. キミへ
  13. <ENCORE>
  14. キミがスキ
FUKI プロフィール

フキ:東京都出身。幼少の頃から歌と踊りに目覚め、ダンススクールに通う日々を過ごす。そこから次第にヴォーカリストへの想いを強く募らせ、オリジナル曲を書き、ライヴハウスで歌い始める。そこで平井大やシェネルを手掛けるプロデューサーのEIGOに見出され、本格的な歌手活動を開始。15年10月にデジタルシングル「キミじゃなきゃ」でメジャーデビューを果たした。FUKI オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」