L→R 伊東賢佑(Dr)、鈴木雄太(Vo&Gu)、金野倫仁(Ba)

L→R 伊東賢佑(Dr)、鈴木雄太(Vo&Gu)、金野倫仁(Ba)

注目の新人バンドPragueの2ndシングル「Light Infection」は独特の展開が耳を惹く意欲作。また、カップリングの「枕風」は対照的に耳馴染みが良く、彼らの音楽性は果てしなく広がっていく。
取材:高木智史

まず最近の活動として、イベントに多く出演されていますが、そこでどのような収穫を得ていますか? また、印象深かったものを教えてください。

伊東
初めて野外でライヴができた福岡の『MUSIC CITY天神』です。音が風に乗って飛んでいく感じは初体験でした。収穫は私生活の面でも、音楽をやる面でも、楽しみ方の幅が広がったことですね。バンド感っていうのをさらに意識するようになったせいもあるのかな。あと、最近のライヴでは、お客さんのリアクションを楽しめる機会がすごく増えてきたので、発信する面白さを改めて実感できています。

2ndシングルとしてリリースされる「Light Infection」は楽曲の構成が印象的ですが、どのようにできていった曲ですか?

伊東
この曲は最初、衝動だけで作っていきました。3人でテーマを共有し、結成時前半の作り方のように全員が勢いに身を任せてイメージを膨らませて。ただ、サビが一度しか来ないのは、前からずっと試してみたかったことだったので、今回かたちにできてうれしく思ってます。

そのサビが一度しか来なくてパタッと終わる展開に、どこかまだPragueの実体をわざと隠しているような印象もありました。何か確信的なもの、明確な狙いがあったのでしょうか?

金野
サビが一回しか来ないのはわりと早い段階で決めていたテーマで。そういった発想を面白がってほしいっていう狙いというか…思いはありますね。
鈴木
まだ伸びしろがあるんだと思います。でも、それが確信的だったりして、Pragueらしい若さのある曲になっていると思いますね。

歌詞に関してはいかがですか?

鈴木
この歌詞を書いたのはデビューシングルの「Slow Down」の発売前だったから、やっぱり何かと不安はあるし、迷いたくないなって思ってた時期だったんです。でも、今の時代、いろんなものがいろんな正解を言ってくるし、道も用意してくれる中で、自分は自分でちゃんと考えて物事に取り組みたいし、迷い続けるのもアリだろうと思ってて。そうゆう開き直りが歌詞に結び付いていきました。

そんな、もがきながらも前に進んで行くという意志が込められた「Light Infection」とは対象的に、「枕風」は歩いてきた道を振り返るような歌詞がすごく印象的でした。

鈴木
歌詞にある、“まだ寒さを引きずってるけど春に変わってゆく”という季節の変わり目の曖昧さを表現したくて…春は新しく進む時期だけど、僕は振り返るのが好きなんですよね。この曲はもともと金野がAメロのメロディーとコード進行を持ってきて、それを組み立てていったし、曲のイメージも金野からある程度もらって作ったので、歌詞もそのままのイメージで書いていきました。タイトルについては“枕詞”ってあるじゃないですか。あの存在も今では曖昧なものという解釈だったので、感覚的に詞の内容と近い気がして…そういった雰囲気や空気感を味わってほしいと思って付けた造語です。

では、今作でPragueのどのような部分を打ち出せましたか?

伊東
演奏は絶対に妥協したくないという思いがあります。細部の細部にまでこだわって作ったので、その熱は感じてほしいですね。まだまだ表現していく幅は広がっていくと思うけど、音楽はやる側も聴く側も決まりなんてなくて自由なんだってことは、デビューシングルの「Slow down」も「Light Infection」でも、胸を張って言えますよ!
「Light Infection」2009年12月09日発売Ki/oon Records
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • KSCL-1516〜7 1300円
    • 通常盤
    • KSCL-1518 1020円
Prague プロフィール

鈴木雄太(vo&g)、金野倫仁(b)、伊東賢佑(dr)から成る関東出身のモダン・スリーピース・ロック・バンド、Prague(プラハ)。高校で3年間同じクラス、軽音楽部、プライベートも一緒にいた腐れ縁の鈴木と伊東の二人が、同じ音楽専門学校に進み、06年に金野と出会い結成。

自主制作盤を2枚出したところでレコード会社の目にとまり、09年9月に<キューンレコード>から1stシングル「Slow Down」でメジャー・デビュー。ジャンルを跨ぎながらもスタイルの海に溺れることなく軽やかに舞おうとするバンド・スタンスが特徴である。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」