L→R KAZ (Dr)、SIG (Gu)、Ko-KI (Vo&MC)、Tack (Vo&MC)、B-BURG (Hybrid Programmer)

L→R KAZ (Dr)、SIG (Gu)、Ko-KI (Vo&MC)、Tack (Vo&MC)、B-BURG (Hybrid Programmer)

【Hundred Percent Free】まだまだ一
部分にしかすぎない

満を持してメジャー進出を果たすHundred Percent Free。デビューシングルである「Hello Mr.my yesterday」について5人に話を訊く!
取材:石田博嗣

デビューシングルの「Hello Mr.my yesterday」ですが、ミディアムな曲というのは意外でした。

Tack
これまでのミニアルバムはガツンッとくる曲が多かったんで、“おっ、違うパターンできたな”って思われるかもしれないけど、その“おっ!”と思って聴いてほしいですね。

とはいえ、ツインヴォーカルが活かされた曲ですね。

Tack
この曲はメロディーがすごく立ってるんで、レコーディングでは“歌うこと”っていうことに集中しましたね。
Ko-KI
原曲の時点で、もうメロディーラインが完成していたんですよ。だから、歌の世界感を崩さないように、合いの手のような感じで合間にラップを入れた…ラップを入れる場所にもすごくこだわってやってましたね。ツインヴォーカルのバンドなんですけど、感覚的にはフューチャリングっぽい気持ちでした。

ストリングスも入ったドラマチックな楽曲なのですが、サウンドには力強さを感じました。

KAZ
ミディアムバラードなんですけど、べったりバラードに聴こえるのは面白くないと思って、軽快さが残るような仕上がりにしたいと思ってましたね。
SIG
ぬるい聴かせ方はしたくなかったんですよ。ギターがガンガン歪んでいてもいいじゃないかって(笑)。
B-BURG
歪んだギターが入ってなかったら、わりとよくある曲だと思うんですよ。他の曲でもなんですけど、そういう組み合わせの面白さに僕ららしさが出ていると思います。

歌詞はどういうものを乗せようと?

Tack
“過去の自分に対しての応援歌”をテーマにしているんですけど…僕もこのバンドに入った時ってスキルが足りてなかったんですけど、諦めずに食い付いてやってきたんですね。誰にでも辛い時ってあると思うんですよ。そういう人たちや過去の自分に対して“諦めずに続けていけば、大丈夫だから。未来の自分はここに立てているから、頑張れよ!”って言ってあげたい…っていうのが歌詞の軸なんですよ。そのためにはタイムマシーンが必要だから“タイムマシーン”という言葉が入ってたりしていて、時を駆け巡っているような歌詞になりましたね。だんだん曲が終わりなるにつれて前を向くという。

カップリング「Boom Boom Dreamer」はアッパーなナンバーなのですが、これはライヴを意識したもの?

SIG
特にライヴを意識して作ったわけじゃなくて…確か、ベーシストがいなくなって初めて作った曲ですね。
Ko-KI
そう。ベースが抜けたんで、打ち込みで4つ打ちのノリのいいものを作った第一弾ですね。
KAZ
僕ららしくダンスロックしてるというか、ただのロックには絶対にしたくなかったんで、いろいろ挑戦したし、遊べたと思いますね。まあ、頑張ったのはB-BURGなんですけどね(笑)。
B-BURG
僕自身もそうだし、バンドにとっても新境地に踏み込めた楽曲になってますね。バンドが変化していることをメンバー自身も感じているし。
Ko-KI
「Hello~」はミディアムなんですけど、そのカップリングで新たな一面を出せたのは良かったと思います。
SIG
でも、2曲しかないんで、まだまだ一部分にしかすぎないというか…すでに次のレコーディングもしてるんで、“これから”を楽しみにしていてほしいですね。過去も含めて、ここからの流れを見てほしい。
Tack
点だけだと分からないから、線で見てほしいというかね。
Hundred Percent Free プロフィール

ハンドレッドパーセントフリー:2003年7月に名古屋にて結成。幅広いジャンルを飲み込んだフリースタイルなサウンドでライヴハウスシーンを席巻し、ついに10年1月にメジャーデビューを果たす。Hundred Percent Freeオフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着