L→R 小笠原大悟(Dr)、石井 卓(Vo&Gu)、choro(Gu)、サトウヒロユキ(Ba)

L→R 小笠原大悟(Dr)、石井 卓(Vo&Gu)、choro(Gu)、サトウヒロユキ(Ba)

いよいよ活動のフィールドをメジャーに移すJeepta。そのデビュー作である「日進月歩」について石井 卓(Vo&Gu)に話を訊きつつ、楽曲制作に於けるこだわりやバンドのスタンスにも触れた。
取材:石田博嗣

本作でメジャーデビューとなるのですが、そのデビュー曲に「日進月歩」という曲を選んだ理由というのは?

ドラムが変わって、初めて4人で合わせたのが『日進月歩』だったんですよ。大悟が初めてスタジオに来た時に、どんな人間かを知りたくて、すぐ曲作りをしたんです。既存の曲を練習するより、僕たちもまっさらな楽曲でセッションしたほうが、どんな人間か、どんな音を出すのか分かると思ったんで。つまり、みんなで自己紹介しようという狙いしかなかったですけど、やっていくうちに“いいね”って話になり、完成させるに至ったんです。そのせいか、すごく衝動的なものを感じるし、今までJeeptaが磨き上げてきたものがうまく表現されている曲になったと思ったんですね。メジャーで出す一発目はJeeptaらしさが全面に出ているものが良かったので、この曲を選びました。

フレーズが生々しいまでに存在感を持っているのは、セッションで作り上げた曲だからなんでしょうね。

この曲はいつも以上にファーストセッションが生かされていますね。1日目にほぼ原形ができ、その後いろいろといじった後、やっぱり最初の感じがいいって話になったんですよ。なので、いつも以上に衝動的な雰囲気や、おっしゃる生々しさがあるのかもしれません。

それぞれのパートが自己主張しつつも、しっかりと歌を押し出していますが、やはり歌を中心に置くというのがバンドのこだわりとしてあるのでしょうか?

それはあります。歌を生かすアレンジはみんなが意識しています。寄り添うのか、押すのか、引くのか、どれが一番歌が生きるか。楽曲の求めるベストなかたちを常に考えていますね。メロが負けていると思ったら、思いきってメロも変えるし。歌を生かし、曲の求める姿や表情を模索しまくります。

ちなみに、ソングライターがふたりいるわけですが、それぞれ意識していることは違うのですか?

ふたりともバリエーションは求めていると思います。“今までのJeeptaになかったからやってみよう!”という意識が常にあるというか。その上で、期待されるJeeptaらしさや自分たちの武器を高めて盛り込んでいく。と言っても、嫌でもにじみ出ちゃうんですが(笑)。また、僕とchoroの役割も違うと感じていて、僕はメロ、choroはリフやトリッキーなリズムやアレンジでカラーを出していると思います。それぞれの楽曲でお互いに呼び起こされる部分もあるし…むしろchoroからは“この曲にメロ乗せられる?”くらいの挑戦状もあったりします(笑)

では、歌詞では? ネガティブなことが書かれていても、その先には希望が書かれている印象があるのですが。

ストーリーとメッセージは意識していますね。あと、“希望”とおっしゃっていただきましたが、ほんとにその通りで、希望は常に描いているつもりです。最後の希望に気付き、ポジティブな部分を色濃く見せるためのネガティブシーンであり、それがやはり人間らしさだと思っているので。

本作でメジャー進出となるわけですが、メジャーというシーンでやってみたいことはありますか?

正直、“メジャーになったからあれをやりたい、これをやりたい”というのはありません。ずっと自分たちの音楽を信じて磨いてきているつもりなので、さらに努力をしていこうという想いだけです。シーンがどこであれ、流行りが何であれ、Jeeptaを磨き上げ、語り継がれる楽曲を産み出したいと常に思っています。
Jeepta プロフィール

ジプタ:2004年12月、千葉で結成。ライヴシーンで鍛え上げた強靭なバンドサウンドや独特の世界観を持つ歌詞で注目を集め、満を持して10年4月にシングル「日進月歩」でメジャー進出を果たす。オフィシャルHP
Jeepta オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着