2カ月連続リリースの第2弾は沖縄島唄の名曲のカバーであり、NHKドラマ『八日目の蝉』の主題歌。どんな想いで歌に臨んだのかを語ってもらった。
取材:石田博嗣

「童神 ~私の宝物~」はカバーなのですが、この曲を歌うことになったいきさつというのは?

この曲がドラマの主題歌になることが決まっていて、それを歌う人を探していたみたいで、お声がかかったという感じです。昔から好きな曲だし、私が歌手になるきっかけになったオーディションで歌った曲なんですよ。だから、すごく思い入れがあるし、その曲でCDが出せるっていうんで運命を感じますね。

そもそも、この曲と出会ったきっかけは?

テレビで夏川りみさんが歌っているのを観て、すてきな曲だなって思ったんですよ。で、私も歌いたいと思って…当時は島唄を歌っていたので、三味線を弾きながらライヴで歌うようになったんです。CDは標準語なんですけど、もともとの歌詞は沖縄の島口…言葉なんですね。沖縄の島口と奄美の島口ってすごく似てるし、標準語では言い表せない島の方言がいっぱいあるので、歌っていてしっくりとくるんですよ。だから、完全に自分のレパートリーのひとつになってましたね。

そんな思い入れのある曲を今回レコーディングしたわけですが、そこで意識したことは?

ドラマの内容が複雑で…他人の子供を誘拐して、3年半逃亡するっていう。だから、それに寄り添った歌いかたにするっていうことになって、ずごく大事なんだけど、自分の子供じゃないっていう葛藤がある…そういう愛情を意識して歌いました。アレンジにしても、エレキギターの歪みとか入れてドラマチックにして。あと、自分でも三味線を弾いたんですよ。スタジオミュージシャンに混じって、想いを込めて弾きました(笑)

録り終わったものを聴いてどうでした? 今まで歌ってきたものとは違うものに仕上がったと思うのですが。

そうですね。すごく新鮮というか…音や歌い方も含めて、やさしさだけじゃない世界観みたいなものが作れたなって思いました。新しいバージョンができたなって(笑)

カップリングの「星の咲く路」は初めての作家さんとのコラボになるのですか?

あっ、そっか! いろんな曲を作ってもらってる方なんですけど、CDに入るのは初めてですね。この曲をいただいたのはずっと前で、デビュー前にライヴ修業をやってたんですけど、その時から歌ってるんですよ。だから、一番長く歌ってる曲かもしれないです。デビュー曲の『アイツムギ』よりも前ですね。そんなライヴでずっと歌ってる曲なんですけど、グイン(奄美の島唄独自の歌唱法)を入れてなかったんですよ。ライヴはお客さんに向けて歌っているけど、つぶやくような歌詞なので、レコーディングで新たにグインを入れたというか。グインを入れることで曲が持つ距離感が違ってくるので、レコーディングではそこが壊れないように意識しましたね。そういう意味では、今回のシングルはどちらも昔から歌っていた曲なので原点でありつつも、新しい要素も取り入れて表現してます。

あと、配信でアメリカデビューされるとのことですが。

はい。『夢の地図』という曲で。アメリカのフジテレビに『モーニングアイ』っていう日本語でやっている情報番組があって、そのテーマソングなんですよ。それも1年間! だから、いろんな人に聴いてもらえるかなって。

1stアルバムのテーマだった“世界の島唄をグインでつなぐ”が、より現実のものになってきましたね。

まずはアメリカから世界進出! …ですね(笑)
「童神 ~私の宝物~」
    • 「童神 ~私の宝物~」
    • PCCA-70279
    • 2010.04.14
    • 1050円
城 南海 プロフィール

キズキミナミ:平成元年、鹿児島県奄美大島生まれ。奄美民謡“シマ唄”をルーツに持ち、2009年1月にシングル「アイツムギ」でデビュー。2014年7月にテレビ東京『THE カラオケ★バトル』へ初出演以来毎回高得点を叩き出し、番組初の10冠を達成。城 南海 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。