L→R waka(Vo)、YUCCO(Vo)、Ina(Vo)

L→R waka(Vo)、YUCCO(Vo)、Ina(Vo)

【PLΛTINUM】好きだからこそ相手の
幸せを願えない

好きだと伝えることさえできない…そんなもどかしい胸中をそのまま曲に落とし込めたという「Tears of rain」。今作より3ヴォーカル編成に変更し、PLΛTINUMは新たな階段を昇っていく。
取材:ジャガー

「Tears of rain」は曲、詞ともに表現がストレートですよね。

YUCCO
好きな人にはすでにパートナーがいて、自分の想いは伝えられないし、会えない…好きな気持ちが強すぎて“別れちゃえばいい”って自分に都合がいいように考えてしまう。そんな、好きだからこそ相手の幸せを願えない気持ちを歌いました。感情をそのまま出したかったので言葉数も減らして、曲も落ち着かせてPLΛTINUMにとっては新たな試みでした。
Ina
これまでのバラードは言葉を詰め込んで世界を作ってたんですけど、「Tears of rain」は自然に思ってしまうことを吐き出したような楽曲なので、ストレートに伝わるようにシンプルかつ丁寧に歌いました。

その分、3人によるコーラスワークがしっかり響いて、厚みが出ましたよね。

YUCCO
普段はトラック数が多いので、シンプルな楽曲にはコーラスで楽器を作るクセがあるんです。あと、今回からwakaがラップから歌に変わったことでいい緊張感があってコーラスワークを作ることができましたね。
waka
結成当初は歌ってたんですけど、メンバー各々の個性が見えて2ヴォーカル&1MCというかたちになっていったんです。それがまた自然の流れで5年振りに歌うことになったんですけど…何とも言えない緊張感で、初めてのレコーディングのようでした(笑)。よりメロディーを重視するので難しさもあったんですけど、苦労した分、今は達成感があります。

相手を思うのは辛いけど、忘れてしまうことがもっと辛いという儚げな姿がありつつ、最後には少しずつでも前を向こうとする逞しさに女性らしさを感じました。

YUCCO
女の子は感が鋭いから、パートナーに対して自分が愛してもらえないことも、好きになってはいけなかったってことも、頭では理解できちゃうけど、心が止まらないんですよね。そこでモヤモヤができるから、悲劇のヒロインになってとことん悲しい世界に浸ってないとおかしくなっちゃうというか。下まで行ったら上に向かうしか進むところがないですし。

2曲目の「Because you’re my friend」は弾けたダンスチューンで1曲目とは別モノですが、どうにもできない好きな気持ちという部分で似ている気がします。

YUCCO
気付いたら一緒だったんですよ。意図していないところで共通点があって、シングルとしてまとまりました。

それにしても、ここまで弾けるとは想像以上でした(笑)。

YUCCO
「Because you’re my friend」を入れたのは、“アップテンポな曲も聴いてもらいたい”っていう私のかなり強い意志の表れ。だけど、ここまでいくとはって感じですよね。超クレイジーソングです(笑)。最初から“いい曲を作ろう”って考えてなくて、とにかく楽しむために作っていったので、ぶっ飛びました。

今作は2曲とも最近完成した楽曲だそうですが。

YUCCO
アルバム『LOVE FIGHTER』は、結成当初からデビューしてからのPLΛTINUMの軌跡を詰め込めたので、次は現在進行形の新たな自分たちを見せていきたくて。
Ina
聴いてくれる方にも新しいPLΛTINUMを楽しんでもらえるだろうし、やってる本人としても3人でコーラスをしたり、言葉を詰め込みすぎないように気を付けていたり、超クレイジーソングを歌ったり(笑)、かなり挑戦しているので今年1発目としていいものができましたね。
PLΛTINUM プロフィール

YUCCO(Vo)、Ina(Vo)、waka(MC)による女性3人組ヴォーカル・ユニット。2003年、幼馴染みで結成。ユニット名はYUCCOの“ゴールドよりプラチナになりたい”のひと言で“PLΛTINUM”に決まる。2009年4月にシングル「DEDICATED TO YOU」でメジャーデビュー。誰もが一度は経験したことのある、“忘れられない恋”をテーマにした同曲は、その切ないメロディーとハーモニーに乗せた、実体験を元にしたリアルな詞の世界が同世代の女性から共感と支持を集め、レコチョク「クラブ・うた」ウィークリーランキングで初登場1位を獲得。以降、本ランキングでシングル全曲が1位を獲得、ベスト10に3曲同時ランクインなど、新人としては異例の快挙を成し遂げて配信チャートを賑わす。2009年11月、1stアルバム『LOVE FIGHTER』をリリース。リーダーのYUCCOが作詞、作曲、アレンジをはじめ、デザインや演出、ビジュアル面まで含めてトータルプロデュースをする制作チーム(PXP)を作り、活動開始。2012年10月を皮切りに、約2年ぶりとなる新作を連続発表。ほぼ全曲のトラック制作をレディー・ガガやジェニファー・ロペスのプロデュースを手掛けるロドニー・ジェンキンスと共に仕事する制作チームが手がけ、最新サウンドと進化したPLΛTINUMを聴かせる5作を連続配信し、12月に発表したミニアルバム『YOUR POWER』で、よりパワフルに大人になったPLΛTINUMの姿を見せつけた。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ ライブレポート

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着