L→R MAYU(Vo)、RINA(Gu)、NANA-A(Dr)

L→R MAYU(Vo)、RINA(Gu)、NANA-A(Dr)

【BLiSTAR】このバンドを分かり始め
ることができた

昨年BLiSTARとしてデビューを果たした3人がレーベルも移籍し、さらなる成長を遂げて帰ってきた。“東京稲妻”と名付けられた、まさに雷鳴の如きロックサウンドを携えた彼女たちの、力強い再出発を目撃せよ。
取材:澄川龍一

リリースは昨年11月のデビュー作であるミニアルバム『B』以来となりますが、今回の「東京稲妻」に至るまで、バンドとしてどんな動きをされていたのですか?

MAYU
『B』を出してからライヴもやったんですけど、ウチらはライヴやPVで表現して初めて自分たちの在り方を分かっていくというのが多くて。だから、ライヴも何本かやって、曲も作って、“こういう方向性がBLiSTARになっていけばいいんじゃない?”っていう話はしましたね。

改めて“BLiSTARとは?”を考える期間だったんですね。

NANA-A
あの時はどういう曲がバンドに合うのかまだ分からなくて。BLiSTARに合う音がギュっと絞られてきたのが、今回の「東京稲妻」なのかなって思います。

それを経たうえで生まれたのが、こうしたラフなロックサウンドだったという。

MAYU
今回はプロデューサーの西川(進)さんに出会えたことも大きくて。一緒に時間かけてプリプロしてアレンジを進めたりできたし。『B』を出してライヴをやっていって、“やっぱりいいね”って言われるのはギターサウンドのロック曲だったりしたので、こういうのがやりたかったし、こういうのが向いているんだなって思った。

そのなかでプレイとしてはいかがでしたか?

RINA
“これぞギター!”みたいなものを出して。弾いていて楽しかったです。歪みの音1本で弾いている感じで、でもそれがすごくロックでカッコ良いという。
NANA-A
プリプロの時は西川さんがベースを弾いてくださって。ある程度ドラムに任せてくださるところがあって、アレンジ自体も私のクセを分かってくださる感じだったので、すごくいい環境で録れたというか。本当に気持ち良く、ありのままの音にできたなと感じました。

それにあわせてヴォーカルも非常に力強いなと。

MAYU
かなり。今回歌詞も作詞家さんに書いていただいているんですが、そのなかでも自分らしさとか、BLiSTARらしさみたいなものがどうしたら伝わるかなっていうのを悩みながらいっぱい歌って。表現者として自分のものにして出すというのが、本当に今回は勉強になったなと。

歌詞は女の子っぽいけど、あえてそこは甘くいかず。

MAYU
そうなんですよね! 最初は甘く歌おうかなと思ったんですけど、サウンドに負けないような強くて切ない思いも表現できるんじゃないかなと思って。女の子っていろんな顔を持っているから、そういうのも表現できるかなと。

一方、カップリングの「#つぶやきLOVE」ですが、これは…

NANA-A
Twitterですね(笑)。“渋谷 なう”からは入るのはなかなかないんじゃないかなと。
RINA
ギターソロのところで“自由にやっていいよ”って言われて。“じゃあ、ワーミー使う!”って(笑)。
NANA-A
最初聴いた時すごくさわやかで、でもすごくライヴに映えるなと思って。実際にお客さんを意識して演奏した時のほうが活きると思いましたね。
MAYU
楽しかったですね。「東京稲妻」よりデジタルっぽさを出せたらいいなと思って、Aメロはそんなにクセを出さずに、サビは女子っぽく私らしさを全開で出せればいいなと。

もう1曲は、唯一メンバーでの詞曲の「この空の下で」。

MAYU
『B』を出したあとに作った曲で、まさにこういうイメージでやりたいっていう曲だったので、思い入れがすごく強くて。今回1stシングルのなかに入れてもらえたのは自分たちにとっても良かったと思います。
NANA-A
最初から最後まで自分たちがイメージしてやりたいことを伝えたのがかたちになって。ライヴでもこの曲は1度やっていて、それを観ていただいて移籍することになったので、BLiSTARのスタートがこの曲なんです。
RINA
ギターもすごく構えずにできる気がして。自分の好きなフレーズを入れられた曲ですね。

さて、バンドとして本作で見事な再スタートが切れたわけですが、その先はどう考えられていますか?

MAYU
やっぱりもっとライヴをやりたいなと思うのと、まだまだ曲がないので、みんなで“いいね”って思える曲を作りたいし、もっともっと頑張らなきゃって。
NANA-A
今回でBLiSTARっていうバンドを分かり始めることができたので、この路線も突き詰めつつ幅を広げたり、いろんな顔が見せられるようになったらいいな。
RINA
これが自分のなかでスタートっていう気がしたので、もっと上にいけるように頑張りたいですね。
■RADIO INFORMATION■
ロックバンドSOPHIAのベース黒柳能生とガールズロックバンドBLiSTARのボーカルMAYUがダブルパーソナリティで送るラジオレギュラー番組『KUROとMAYUの稲妻~』がCBCラジオにて毎週日曜深夜0
00~0:30放送中!
<コーナー紹介>
『今週の稲妻~~(なんちゃら)』
実は番組の正式タイトルは(仮)!! 『KUROとMAYUの稲妻~~』の“~~”部分にあなたがピッタリと思うタイトルを募集しちゃいます!
『教えてヒーロー!ヒーロー!』
アニメ、特撮、戦隊モノであなたが憧れたヒーロー・ヒロイン、心に残ったエピソードを募集! 時にはちょっとした疑問についてKUROとMAYUがお答えします。
その他、日常の疑問・相談・メッセージ等も募集中!!
受付メールアドレスはCBC公式ホームページhicbc.com内ラジオ『KUROとMAYUの稲妻~~』のメールフォーム、または、各機種携帯電話のCBC公式サイトから!!
CBC公式『KUROとMAYUの稲妻』サイト。
SOPHIA黒柳能生からMAYUへのメッセージ。
BLiSTARのファンのみんなから“アニキ”と呼ばれたいSOPHIA黒柳です。ラジオを一緒にやって気付いたんですが、実はMAYUは見た目に反して非常にストイックで不器用なヤツなんです。まるで“東京稲妻”の主人公のように。皆さん、応援してやってください。
BLiSTAR プロフィール

MAYU(vo)、RINA(g)、NANA-A(dr)からなる3人組ガールズ・ロック・バンド、BLiSTAR。04年春に“THE PINK☆PANDA”を結成し、インディーズとして活動。等身大の詞の世界観、圧倒的なメロディ・センスやライヴ・パフォーマンスにも定評があり、04年〜08年の間にこなしたライヴの数は優に300本を越す。

08年10月、バンドとしてのステップ・アップを図るため、活動の場をメジャーに移すことを発表し、11月に“THE PINK☆PANDA”としての活動を終了。09年に新生“BLiSTAR”として生まれ変わり、同年11月に1stミニ・アルバム『B』でメジャー・デビュー。10年8月には活動の場を<日本クラウン>へと移籍し、1stシングル「東京稲妻」をリリース。オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着