L→R 山下拓実(Gu&Cho)、高津戸信幸(Vo&Gu)、山田真光(Ba)、野龍真一(Dr&Cho)

L→R 山下拓実(Gu&Cho)、高津戸信幸(Vo&Gu)、山田真光(Ba)、野龍真一(Dr&Cho)

【Dirty Old Men】今の俺らが感じて
いる想いやできることが詰まっている
勝負曲

早くも次回ツアーが決定しているDiry Old Menから届けられたミニアルバムは、これまで以上にライヴを念頭に置いて選曲したという精鋭たちがずらりと並ぶ。ライヴへの意識やモチベーションの高まった、今の彼らを堪能できる。
取材:ジャガー

先日のツアーファイナルで、ステージとフロアの気持ちをひとつにし、観る者の胸を熱くさせたことは記憶に新しい。そんなDirty Old Menからライヴの熱量をそのまま注ぎ込んだミニアルバム『somewhere』が届けられた。

「今年のツアーは手応えが感じられたんで、もう一度年内中にツアーを回りたかったんです。それでアルバムをリリースしたいと。1stアルバムは新曲2曲と旧楽曲のリレコーディングだったんで、今度は新曲を多くみなさんに聴いてもらいたいという感じですね」(山田)
「来年はフルアルバムを出したいので、その足場を固めるというか、次回作につながるようにっていう思いもありました」(野龍)
「常に曲は作っているし、今回は特にライヴで生きてくるような曲を選びながら仕上げていったので、“コレだ!”という狙いはありません。もう全ての曲が、今の俺らが感じている想いやできることの詰まっている勝負曲。今年に入ってから事務所の移籍など、もう本当にいろんなことがあったし…」(高津戸)
「結果、自分の内面も演奏面もひと皮剥けたなと思えるアルバムになりましたね。音の重ね方とかをかなり注意して…どうしたら歌詞を引き立てられるかに神経を使いました。それで見えてきたのが、今まではライヴでできない曲は作らないと考えてたんですが、作品は作品としてライヴとは分けて考えられるようになりました」(山下)

ライヴを意識しているが、激しさだけでなく「泣いてもいいかな」のようにしっとりと聴かせる曲もある。ただ、どんなテイストの楽曲でもバンドサウンドを感じずにいられない。

「単純にバラードとして捉えプレイするとダレるし、かと言ってロック調に激しくしてしまうと歌を殺してしまうので、その狭間を取りつつ、難しいんですが自分のプレイを考えました」(野龍)
「それと、上モノの入れ方で変わると思うんですよ。音の広がりを大切にするよう差し引きしました」(山下)
「音のアタックを出すだけでなく、歌詞を包みこむような弾き方ってことです」(山田)
「歌詞に関しては、常に伝えたいことを真ん中に置いて、自分の気持ちに素直に伝えられるようなストーリー作りをしています。少し前は自分の気持ちをストレートに出すのが恥ずかしくて遠まわしにしていたんですが、最近はかなり自分の気持ちを正直に出せるようになりました」(高津戸)
DIRTY OLD MEN プロフィール

栃木県在住の4人組ロック・バンド。2001年、高津戸信幸(Vo/Gu)が高校の同級生とともに3人で“Dirty Old Men”を結成。2006年5月、1stミニ・アルバム『present...』を発売。翌年4月に発表したミニ・アルバム『immature』でインディーズ・デビューを果たす。ポップネスを落とし込んだストレートなロック・サウンドと、独特のハイトーンなヴォーカルで反響を呼び、地元宇都宮のCDショップでは軒並みチャート1位を獲得。同年11月発売シングル 「rain show」 は、オリコン・インディーズチャート9位にランクインした。2009年3月、アメリカ・オースチンで開催された『S×SW』 に日本代表として参戦。同年12月より、渋谷クラブクアトロを皮切りに初のワンマンツアーを行い、2010年5月にアルバム『Time Machine』で<ユニバーサルシグマ>よりメジャー・デビューを果たす。2013年3月、オリジナル楽曲「呼吸」が、Jリーグ栃木SCの公式応援テーマに選出。また、2014年2月にリリース予定の「弱虫な炎」は、アニメ『弱虫ペダル』の第2クールオープニングテーマに起用された。オフィシャルHP
Dirty Old Men Official Twitter
高津戸信幸 Official Twitter
山下拓実 Official Twitter
渡辺雄司 Official Twitter
岡田翔太朗 Official Twitter
Dirty Old Men Official Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着