【ザ・クロマニヨンズ】『ザ・クロマ
ニヨンズ TOUR JUNGLE 9 2015-2016』
2016年4月19日 at 中野サンプラザ

撮影:柴田恵理/取材:森川里沙子

 アルバム『JUNGLE 9』を携えた全70公演に及ぶロングツアーも残すところ4本となったこの日、ステージ上と観客の熱気で会場は熱帯のジャングルと化した。

 アルバム収録曲を立て続けに披露した序盤。超ロングツアーの終盤戦にもかかわらず、“始まったね〜!”と嬉しそうな甲本ヒロト(Vo)の表情を見れば、これまでのライヴがいかに充実したものであったかが分かる。甲本のブルースハープに煽られ、気付けば老若男女ごちゃ混ぜになっての大合唱! 「這う」ではムーディーなドラム、獣のような鳴き声、ダンサブルなサビ…と移りゆく音にどっぷりとはまる感覚に酔いしれ、息付く暇なく披露されたライヴアンセムでは、バンドの放つパワーと会場いっぱいの熱が渦巻くのを確かに感じた。彼らはホール公演であってもピンスポットを使わないため、端までいくと暗闇に紛れてしまうのだが、今自分たちが立っているのはライヴハウスのフロアーなのだと錯覚させてくれるほどに、距離を感じさせないのが嬉しい。もちろん、アルバムのジャケットにも登場した“彼”が予測不能な動きで飛び回ったり、ステージ天井から垂れ下がる草木が左右に揺れまくったりと、ホールならではの仕掛けも。

 アンコールは観客が掲げる他アーティストのタオルをイジる恒例のコーナーから笑いで始まり、ラストの「ナンバーワン野郎!」までノンストップで駆け抜けた。去り際、“ありがとう。楽しかったよ~! またやらせてください!”(甲本)、“またね”(真島昌利/Gu)と手を振るチャーミングさも含め、ザ・クロマニヨンズへの尽きない魅力を実感したライヴだった。

※写真は4月20日の模様

セットリスト

  1. 生活
  2. やる人
  3. ボラとロック
  4. 生きてる人間
  5. 原チャリダルマ
  6. オバケのブルース
  7. 夜行性ヒトリ
  8. 俺のモロニー
  9. グリセリン・クイーン
  10. 底なしブルー
  11. タリホー
  12. 突撃ロック
  13. ネギボーズ
  14. エイトビート
  15. 這う
  16. 中1とか中2
  17. 今夜ロックンロールに殺されたい
  18. ギリギリガガンガン
  19. 紙飛行機
  20. エルビス(仮)
  21. <ENCORE>
  22. キンクス・ガット・ミー
  23. 雷雨決行
  24. ナンバーワン野郎!
ザ・クロマニヨンズ プロフィール

ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。14年4月に初のシングル・コレクション『13 PEBBLES ~Single Collection~』を、同年5月に初のカップリング・コレクション『20 FLAKES ~Coupling Collection~』をリリース。19年10月には13枚目のアルバム『PUNCH』を発表。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着