【GRANRODEO】GRANRODEOのライヴの熱
気を丸ごとパッケージ!

昨年10月の日本武道館公演を丸ごと収録したライヴDVDをリリース。特典DISCにはその武道館へとつながる2011ZEPPツアーの模様とドキュメントを収録。ライヴでこそ発揮される、GRANRODEOの魅力が詰まった映像作品だ。
取材:榑林史章

ライヴDVD『GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW ~SUPERNOVA FEVER~』は、昨年の武道館ライヴを収録した本編と、ZEPPツアーのドキュメント収録の特典DISC合わせて5時間強!

e-ZUKA
さぞ観るのが苦痛だったでしょう(笑)。

ハハ、本編は2時間50分ありましたよ。

KISHOW
それだけの時間、ライヴをやってたってことで。うわ~、そんなにやってたんだ~。

そもそもライヴDVDって、GRANRODEOにとってはどういう作品ですか? アルバムを出すのとは気持ちが違うと思いますが。

KISHOW
ライヴは生もので、瞬間のエンターテインメントなんです。やっているほうは渾身のライヴをやった!と思っても、終わった瞬間にはもう過去のものになっている。そこには一抹の儚さを感じたりもするけれど、こうして映像になると何度も楽しめて、それはそれで良いなと思うし。会場に足を運べなかったファンの人たちにとっては、ちょっとでもライヴの臨場感を味わってもらえるのがうれしいですね。
e-ZUKA
そのライヴによって歌や演奏がどんどん変わっていくから、それを観るのも楽しいと思います。CDはその時点でもう完成されている気分だけど、ライヴだとその時のエネルギーとか、その日の気分でアレンジを加えたくなったりするし。

では、今作での観どころは?

KISHOW
メドレーのコーナーで、早着替えみたいなところがあって。ダンサーに囲まれて、パーカーを着せてもらうんだけど、実はアレ、表裏が逆なんですよ!

全然気付かなかったです(笑)。

KISHOW
僕も本番中はまったく気付かなくて、終わってから言われて、そうだったの!って(笑)。あとは、アコースティックのコーナーで、チャップリンの「スマイル」という曲のフレーズを、ちょっと入れているところとか。去年はいろいろあった中で、ちょっとでもハッピーやスマイルを届けたいという熱い想いもあって、e-ZUKAさんのアイデアだったんだけど、リハでやったら…。
e-ZUKA
スタッフが“その曲知らない”って(笑)。まぁ、若い人は知らないですよね。ジャンボ・マックスを登場させたい!って言った時も、みんな知らないって言うし。
KISHOW
それは、俺も知らなかったけど(笑)。まぁ、見返してみると、一昨年リリースした『GRANRODEO 5TH ANNIVERSARY LIVE AT 武道館~G5 ROCK★SHOW~』と比べて、今回のほうが楽しそうに見えますね。楽しそうにやっていれば良いってわけでもないんだけど、1回目の武道館を踏んでの2回目の武道館だったので、ふたりとも思うところがあったんです。それに体調が絶不調の中、それを押してもこれだけのパフォーマンスができるボーカリストのすごさっていうの? あ、それは書かなくて良いですよ、自慢げに聞こえちゃうんで(笑)。

(笑)。絶不調だったんですか?

KISHOW
前日熱が43度だった。でもそれが…何と本番に強い男、あ、これも書かなくて良いですから(笑)。

前の武道館のDVDも合わせて観ると違いも楽しめる。“日本一でかいライヴハウス武道館”というMCは、恒例ですか?

KISHOW
前も言ってましたね(笑)。だから、DVD観た人は“また同じこと言ってるよ!”って突っ込んでください。

きっと次もまた言うんでしょ?

KISHOW
言いますよ。武道館の度に言います!
e-ZUKA
DVDでその言葉を聴いた人は、今度は生で聴きたいと思ってほしいね。それで武道館に行ったら行ったで“言わねーのかよっ!”っていうのもアリっていう(笑)。

e-ZUKAさん的には、2回目の武道館はどうでしたか?

e-ZUKA
さっきKISHOWが言ったように、1回目の時は最初で最後くらいの気持ちで緊張もあったし、武道館のサイズを意識しすぎていた。2回目は、ほんと打ち上げパーティーみたいな感覚だったかな。和民ってこんなに広かったっけ?みたいな(笑)。

ダンサーが数十人出て来ましたね。

e-ZUKA
ツアーが始まった当初は節電意識もあって、あまり派手なことはやれないと思ったんです。それで、みんなで楽しめて前向きになれることは何かと考えたら、やっぱりマンパワーだと。とりあえず人を増やそうってことになって(笑)。

夏に日比谷野音もあるので、そこに向けての予習の意味も込めて観てほしいですね。

KISHOW
うちはコール&レスポンスが多めなんで、特に。

「Go For It!」では“IGPX”のかけ声が。

KISHOW
あれは、やらないと引っ込み付かないんです(笑)。またかと思うやつもいると思うけど、期待して来てくれている人も多いんで。僕らはツアーでそれをほぼ毎回やっていたとしても、お客さんにはその一回だけですから!
e-ZUKA
お客さんのためだけにやってます(笑)。

でも、でかいところとライヴハウスと並行して続けられているのは、すごく良いバランスですね。

KISHOW
そうですね。このくらいの感じでツアーをやりながら、最後は一発ドカンとでかいところで締め括るという。そういうスパンでこれからもやっていけたらと思いますね。

もちろん今年後半も武道館を。

KISHOW
あったら良いと思うけど(笑)。
e-ZUKA
いつまでもあると思うなよってことで(笑)。そういう気持ちで一本一本を大切にやって行こうかなって。お客さんも、今観ないと次があるとは思うなよ!みたいなね。だから、DVDを観たら、次はぜひライヴに足を運んでください。
『GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW 〜SUPERNOVA FEVER〜』
    • 『GRANRODEO LIVE 2011 G6 ROCK☆SHOW 〜SUPERNOVA FEVER〜』
    • LASD-7030〜1
    • 2012.03.21
    • 8500円
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント