L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

【GRANRODEO】ミクスチャー、チャラ
いロック、ファンク多彩な振り幅で贈
る遊びの詰まった一枚

日比谷野外大音楽堂でのライヴも好評だったGRANRODEOが、間髪入れずニューシングル「RIMFIRE」をリリース。洋楽のロックテイストや遊び心も満載された、彼ららしい一枚に仕上がっている。
取材:榑林史章撮影:平野タカシ/取材:榑林史章

みんなで力を合わせて!ひとりじゃない
んだぜ!

前回の「Can Do」のお話の時、制作過程で全4曲が生まれたということでしたが、今回の新曲「RIMFIRE」はそのうちの1曲だと。

e-ZUKA
曲としては「Can Do」が2番目にできて、「RIMFIRE」が最後にできたんだけど、歌詞も含めたかたちで完成させたのはこっちのほうが先なんです。つまり、「RIMFIRE」が長男ということですね。「Can Do」がすごく評判が良かったと聞いていたもんですから、それがすごく嬉しくて。“じゃあ、うちの長男もぜひ!”と(笑)。

それで「Can Do」に続きアニメ『黒子のバスケ』第2期のタイアップということに。サウンドはハードなのにスクラッチやラップが入っていて、ミクスチャーっぽいですね。

e-ZUKA
新しいシングルを出す時は、“前のシングルとは違うものを”という意識が必ずあって。「Can Do」は明るくスカーンと爽快な曲だったのに対して、今回はちょっと大人というか、ロックの色気とかセクシーな部分も出せているんじゃないかな。きっと“新しいのが来た!”って思ってもらえると思います。

ハイトーンでシャウトするところは、THE OFFSPRINGっぽく感じたりもしましたが。

e-ZUKA
ああ~。でも、オフスプって、ほとんど聴いたことがなくて。アハ~アハ~って曲…「Pretty Fly」くらいしか知らないです(笑)。実は「RIMFIRE」には、もっと違ったきっかけがあって。スタッフがサッカーの番組でよく流れているからきっと参考になるんじゃないかって、Fatboy Slimの「The Rockafeller Skank」を聴かせてくれたんですよ。タイアップはバスケのアニメだけど、スポーツだから通じるだろうって(笑)。それで、ラップがあって、エイトビートのロックで進んでいく感じが良いなと閃いたんです。イメージとしては『すぽると!』とかのスポーツニュース番組で流れそうな感じっていうか(笑)。

歌詞の面ではいかがですか? 「Can Do」の時はアニメの主人公たちの目線で書かれていましたが。

KISHOW
「Can Do」はすごく分かりやすい歌詞でしたよね。「RIMFIRE」はまずバスケットのリングのことを“リム”と呼ぶことから、発想を広げて書いていったんです。“RIMFIRE”という言葉は本当は名詞ではなく、形容詞として使うらしいんですけど、でもムリヤリ名詞的に使っちゃっていて(笑)。ネットで調べたら、周縁起爆型なんとか装置というものの項目のところにその言葉が出ていたんですけど…つまり、リボルバーの拳銃のことですよね。そこで、リボルバー銃は弾が6発で、バスケは選手が5人だけど控え選手も入れて6人にしちゃえって、こじつけも多少ありつつ(笑)…要は、“みんなで力を合わせて!”とか“ひとりじゃないんだぜ!”的な感じです。2番以降の歌詞は、あまりタイアップは気にせず書きましたけど。

歌詞に弾丸とか出てくるのは…

KISHOW
リボルバー銃というところでね。他にも、いろいろなイメージを散りばめています。

『黒子のバスケ』のストーリー的にも第2期に入って、チームや仲間を意識する内容になっていますし。

KISHOW
そうそう! 初めは個人の中での戦い。自分に負けるな!みたいなもので、それはまさに「Can Do」で歌っていたことなんだけど…物語が進んで、今度は仲間の大事さとか、きっと出てくるんですよね? そこで「RIMFIRE」には《1人じゃない自覚を》という歌詞もあったりするので、期せずして上手くハマったなと思いますね(笑)。

カップリング曲ならではのユーモアと言
葉遊び

そんなメッセージ性のある「RIMFIRE」から一転して、カップリングにはチャラいラジオDJのトークから始まる「恋のHEAT WAVE」が。

KISHOW
まあ、僕が声の仕事もやっているので、そういうのも面白くやれるんじゃないかと。

でもDJのノリが、古くないですか?

KISHOW
そ、そうですね(笑)。
e-ZUKA
そういうのって、だいたい僕のアイデアです。DJって言うと、僕はこういうイメージしかなくて。
KISHOW
おバカな歌詞だから、合ってるんですよ。
e-ZUKA
笑って楽しんでもらえれば、それでOKの曲なので。まあ、気を付けたのは11thシングル「modern strange cowboy」のカップリングだった「サマーGT09」に似ないようにということくらいかな。あれも夏の野音ライヴが決まって、それに向けて作ったもので。今回も6月30日の野音が決まって、そこで盛り上がれる夏っぽい曲を作ろう!ということだったから。でも、両方の曲に共通して言えるのは、リリースが野音の後という。それじゃ誰も予習できないじゃねーかと(笑)。

歌詞に“ぬるぬるローション”というのがありますけど…

KISHOW
それは、アレですよ…ただのサンオイルのことなんで(笑)。でもまあ、こういうのってカップリング曲ならではのユーモアだし、言葉遊びや言葉回しのセンスが問われる部分なわけで。もちろんこういう曲ばかりだと、コミックバンドになってしまうけど、ちゃんとした曲もあるし。

心に響く良い曲があって、同時にこういう遊びの曲もあるからこそ、両方が引き立つわけですね。

KISHOW
そうそう。15thシングル「愛のWarrior」のカップリングの「HAPPY LIFE」みたいな曲もあってこその振り幅の中で、遊ばせてもらっている感じ。

そして、もう1曲は「Urban Sweet」。GRANRODEOらしいと言いますか、王道路線のカッコ良い曲ですね。

KISHOW
久々のファンクチューンですね。
e-ZUKA
最初はLed Zeppelinの「Moby Dick」のようなイメージで作っていて。途中から、そういう大きな感じではなくて、ファンキーな感じとか、ギターとベースがユニゾンするパートがいっぱい出てくるのが良いなと思って。そうしてできたら、なんと「サマーGT09」と似ちゃって。で、ちょこっと変えてみたんだけど(笑)。
KISHOW
僕もね、うすうす似ているなとは思っていましたよ。“アレじゃないかな?”って(笑)。
e-ZUKA
好きな方向で作ると、やっぱり似通っちゃうんだよね。だから、今後は“そうでもないかな?”ってところを狙って作っていかないとっていう(笑)。

歌詞は、曲が出来上がってからKISHOWさんが?

KISHOW
もう少し手こずると思ったけど、意外とスーっと書けましたね。相変わらず甘ったれな男の歌なんですけど、僕自身、根が甘ったれなもんで(笑)。こういう情けなくて、だらしな~い男の歌って、実は他にもすごくいっぱい書いているんですよ。例えば、9thシングル「Darlin’」のカップリングだった「SUGAR」も根本は同じで、言葉と言い回しを変えているだけだし。

その点では、e-ZUKAさんのことは言えないですね。

KISHOW
そうですね(笑)。それにワイルドでカッコ良い男性ロックシンガーの歌詞って、往々にして情けない男の歌詞が多いんです。だからって僕がワイルドでカッコ良いんだと言っているわけじゃなくて…っていうか、言ってるんですけど(笑)。でも、実際にそういう歌詞のほうが書きやすくて、逆にイケイケの歌詞ってなかなか書けないですね。イケイケでも、どこかに弱かったり、イジけていたりするニュアンスをまぶさないと気が済まない。最初から最後までイケイケの歌詞って、もしかしたら書いたことないんじゃないかな?

人間の本質として、どんなにイケイケな人でも、見えないところで弱かったりしますしね。ある意味で、KISHOWさんの作詞スタンスは、人間の本性を書いているとも言えますよ。

KISHOW
良く言えば、そうかもしれないです。でも、書くと自然とこうなっちゃうと言うのが本音。その点では、非常に僕らしい歌詞とも言えます(笑)。

ギターソロに合わせてヴォーカルがスキャットしているところがあって、あそこもカッコ良いですね。

KISHOW
あれは、e-ZUKAさんのスキャットなんです。この方、スキャットしたがりなんで(笑)。実は前のアルバムに「進化と堕落の二元論」という曲があって、最初はアウトロの部分でe-ZUKAさんのスキャットが入っていたんです。でも、“恥ずかしいからもうちょっと音量を小さくして”と言って、ミキサーさんとやりとりしていくうちに、最終的になくなっちゃったという。でも、その後のライヴでやった時は、スキャットを入れてたから“何だ、やっぱ心残りあったんだ!”と(笑)。そういう経緯があるので、今日の取材の時点ではスキャットが入ってますけど、CDでは入っていない可能性もあります(笑)。
e-ZUKA
今回は、たぶん残すんじゃないかな。「進化と堕落の二元論」の時は楽曲がシリアスでカッコ良いイメージだったから、自分のスキャットがそこに追い付いていないと思って、作品のために泣く泣くカットしたんです。ライヴでやったのは…まあ、ライヴだし。

それがライヴの醍醐味でもあるわけで。

KISHOW
そうです。そのためにも、CDを聴くだけじゃなくて、ぜひライヴも観てほしいということです。
「RIMFIRE」2012年07月18日発売Lantis
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • LASM-34948 1800円
    • 【通常盤】
    • LASM-4948 1200円
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント