【GLIM SPANKY】『Velvet Theater 2
016』2016年7月9日 at キネマ倶楽部

撮影:KAMIIISAKA HAJIME/取材:竹内美保

 憧憬と、巡らせる想像と、遥かなる旅路と、その果てに見えるもの。それは日常と地続きであったり、あるいは非日常へと誘われて開ける扉の向こう側であったり。GLIM SPANKYの名の“GLIM”が意味するところをフィーチャーしたライヴは、音楽でトリップすることで得られる享楽を体現した、夢と現と幻が描き出される時空間だった。その世界は本公演のタイトルチューンでもある「ヴェルヴェットシアター」からの3曲で、もう完璧なかたちで築き上げられていた。とりわけ2曲目に披露されたタイトル未定の新曲は、アップライト・ベースが鳴らす時を刻む音、ポエトリー・リーディングなどが織り込まれた深い映像感のあるナンバーで、“GLIM”の極限に位置するようなディープかつスリリングなミュージックスケープに魂ごと引き込まれていくような感覚が。また、亀本寛貴のギターとベースの応酬が踊れるロックンロールを加速させた「Gypsy」、アンダーグラウンドの匂いをタフなサウンドで昇華した「いざメキシコへ」、そしてスペシャルゲストの四家卯大が奏でるノイジーなチェロが浮遊する「闇に目を凝らせば」でのゆっくりと浸食してくるような松尾レミ(Vo&Gu)のヴォーカルに酔った後半戦は、縦軸と横軸が織りなす広がりと奥行きがさらに重厚に。アンコールは怒りがキャッチーに燃え上がる「怒りをくれよ」から別れの時が近付いていることを告げる「ロルカ」へ。痛快に抜けてスッと穏やかに着地する、その流れと残る余韻が非常に心地良かった。

セットリスト

  1. ヴェルヴェットシアター
  2. タイトル未定
  3. MIDNIGHT CIRCUS
  4. 焦燥
  5. 踊りに行こうぜ
  6. grand port
  7. NIGHT LAN DOT
  8. 夜明けのフォーク
  9. サンライズジャーニー
  10. Gypsy
  11. いざメキシコへ
  12. 闇に目を凝らせば
  13. ミュージック・フリーク
  14. WONDER ALONE
  15. リアル鬼ごっこ
  16. 大人になったら
  17. <ENCORE>
  18. 怒りをくれよ
  19. ロルカ
GLIM SPANKY プロフィール

グリム・スパンキー:2007年、長野県内の高校にて結成。14年6月にミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。60〜70年代のロックとブルースを基調にしながらも瑞々しい感性と豊かな表現力で新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす。また、アートや文学やファッション等、ロックはカルチャーとともにあることを提示。18年5月には初の日本武道館でのワンマンライヴが決定している。GLIM SPANKY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント