L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

【GRANRODEO】レコーディングも楽し
いけど、最大のモチベーションはライ
ヴ!

10月にリリースしたアルバム『CRACK STAR FLASH』が好評、オリコンでデイリー1位、週間3位を記録するヒットとなっているGRANRODEOが、早くもシングルをリリース。またひと味違った新曲についてと12月にスタートするツアーについて訊いた。
取材:榑林史章

アルバムが先日出たばかりで、早くも新曲「DARK SHAME」をリリースしましたが、この曲の制作はいつぐらいに?

KISHOW
アルバムを作ってる時とほぼ同時期! そもそもOPテーマとなっているアニメ『CODE:BREAKER』は、7月に始まる予定だったんです。
e-ZUKA
だから曲を作ったのは、なんと4月ですよ。リズムを録ったのも、前シングル「RIMFIRE」を録った日と同じという。

『CODE:BREAKER』は超能力を持った主人公が身分を隠して、法で裁けない悪を退治していくお話で。そうしたSF的な設定もあって、今回は打ち込みを使っていたりしていて、いつもとは少し違った広がりのある曲になっていますね。

e-ZUKA
そうですね。デジデジのデジロックで、四つ打ちで。ちょっとシンセも使いたいと思って、シンセベースで始まって、シンセブラスをちょっと聴かせるみたいな。喩えるなら、ヴァン・ヘイレンの「JUMP」という曲みたいなイメージかな。

ああ、「JUMP」はシンセから始まりますからね。

e-ZUKA
そうそう。と言っても、あのシンセまではいかないんだけど、“あ! GRANRODEOもシンセ使うんだ~!”みたいには思ってもらえるんじゃないかな。それに、4月に「Can Do」、7月に「RIMFIRE」、10月にアルバム『CRACK STAR FLASH』が出てから一発目のシングルとなるので、変化を付けたかったのもあって。フレッシュに聴いてもらいたいなと思って、こういうサウンド感にしてみました。メロディー的にも、頭からメジャーにきてマイナーにいくみたいな…音楽用語で言うと、sus4系のやつですね。アメリカンロックっぽいというか。

サビでファルセットになるところとかいいですね。

KISHOW
ああ、それは「RIMFIRE」のサビでファルセットになるのがいい!と、評判が良かったもんで。味をしめちゃったんです。サビのファルセットは女ウケがいい!みたいな(笑)。
e-ZUKA
最初のデモは、同じファルセットでも少し違うメロディーで、もっとキーが低かったんです。それを無理にファルセットで歌うと、あまり艶っぽさが感じられないと思って。メロディーを変えて、キーも最初より上げてああいう感じになったんです。

作詞はいつぐらいにされていたのですか?

KISHOW
何となく覚えてるのは、「Can Do」のカップリングの「メズマライズ」の歌詞を書いている時に、「DARK SHAME」の歌詞も書いてたんじゃなかったかな。でも、わりとスッと書けたほうですよ。曲のイメージから、ひたすらカッコ良くしよう!みたいな気持ちがあって。言葉の使い方にしても“ペーソス”じゃなく、あえて“パトス”にしてみたりとか。あくまでイメージだから実際にどうかは分からないけど、一般的に想像されるビジュアル系バンドさんが書く詞っぽいかなと、自分で思いました。何となく斜に構えたというか、シリアスでクールな雰囲気。タイアップもあるのであまりふざけられないし。この曲にしてこの詞ありというものにハマったと思います。

“DARK SHAME”というタイトルは?

KISHOW
『CODE:BREAKER』の登場人物が、隠密の組織で活動しているところに掛けていて。人には見せたくない部分、自分の陰の部分に眠る羞恥心みたいな意味合いで付けました。曲とサウンドと詞と歌というトータルで、カッコ良い!と喜んでもらえたら嬉しいですね。

そして、12月1日からは全国ツアーが!

e-ZUKA
年内の会場は久しぶりに行くところが多いので、そこは楽しみのひとつですね。
KISHOW
でも、今回はアルバムとシングルもカップリング込みで3曲入りのものが3枚で、新たに歌う曲がたっぷりなんです。半分くらいが新曲みたいな感じになるんじゃないかな。だから、リハが大変で。いつもより多めにリハしないと、歌詞が全部頭に入らないと思ってて、そこはちょっと不安なんです(笑)。

ということは、アルバムの曲は全部やるんですね。

KISHOW
そうですね。1度もやったことのない曲というのは、今までひとつもないので。一回は必ずやらないとね。
e-ZUKA
その代わりに、年内と来年のZeppシリーズとでは、内容を変えようと思ってます。日替わりで何パターンかになるんじゃないかな。だから、毎回観に来てください(笑)。
KISHOW
でも、ツアーを目前にして改めて思うのは、やはり僕らはライヴを求めてるんだなと。ツアーで2デイズの二日目は筋肉もノドもきてるし、少し間を空けてほしいとその時は思うけど、終わったら寂しさを感じて、すぐまたライヴをやりたくなる。ライヴを渇望してるというか、モチベーションはライヴをやることなんだなって再確認しました。思い通りのレコーディングができた時も嬉しいけど、やはりライヴじゃないとできない歌とか歌い方が確実にあって。そこに求めるものは大きいんだなって思います。ライヴのためにやってると言っても過言ではない!

そして、4月には横浜アリーナ2デイズも!

KISHOW
実感はまったくないけど、本当にできるのかな?って(笑)。でも、これもモチベーションのひとつで、横アリが決まったからそこに向けて頑張ろう!みたいなところも正直あります。
e-ZUKA
12月からのツアーで全国各地を回って、全力で僕らの魅力を伝えて、同時に各地のファンの方には僕らのいい評判を周りに広めていただいて。そこで広がった全国のファン全員を、横アリに連れて来るくらいの勢いでやりたいですね。ライヴハウスは席がなくて嫌だと言う人もいると思いますが、横アリは立派な席があるのでご安心を。リクライニングしちゃう感じで(笑)。
KISHOW
リクライニングはしないですけどね。
e-ZUKA
代わりに全席ドリンクホルダー付きです!
「DARK SHAME」2011年11月07日発売Lantis
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • LACM-34020 1800円
    • 【通常盤】
    • LACM-14020 1200円
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント