L→R junko(Ba)、大澤敦史(Gu)、河本あす香(Dr)

L→R junko(Ba)、大澤敦史(Gu)、河本あす香(Dr)

【打首獄門同好会】二郎だけにマシマ
シで、美味しいとこだけ凝縮しました


取材:フジジュン

一度聞いたら忘れないバンド名に、一度観たら忘れられないライヴのインパクトを持つ、打首獄門同好会が“打首史上最高傑作”と呼べる、最新ミニアルバム『獄門のすゝめ』をリリースした。

「今まで作ってきた中で、一番良い出来だと思います! ライヴの流れを想定した8曲があって、ジャケットや歌詞カードもしっかりこだわれて。エンジニアさんや文字を書いてくれた毛筆家さん、限定特典やPVの漫画を描いた人…周りの人にも恵まれて、予算以上のものができましたね(笑)」(大澤)
「自分たちが凝縮されたというか、煮出された感じの作品になって。すごく満足しています」(junko)

重厚なリズム隊にギターが唸る、へヴィでラウドなサウンドに乗せて歌うのは、うまい棒、ファミチキ、ゴキブリ、貧乏…と、ごく身近なこと。意外とキャッチーなメロディーや曲調、大澤のシャウトに“カッコ良い!”と鳥肌も立つが、歌詞をよく聴くとバカバカしいことこの上ない(笑)。

「初めて作った曲で朝ごはんを歌ってますから。もともと、ギタリストなので歌詞の書き方が分からなくて。カッコ良い歌詞を書くとどうも気恥かしさが勝ってしまうので、思うままに書いていたら、こんな感じになりました」(大澤)
「私もうまい棒のいろんな味の名前を、実際に食べながら必死こいて覚えましたからね。お客さんから“歌詞が頭から抜けない!”っていう苦情もたまに来ます(笑)」(河本)

今作の中では、“ラーメン二郎”を題材とした「私を二郎に連れてって」が傑作! 曲の良さやPVの面白さもTwitterなどで大きな話題となり、打首の名前を初めて知る人も増えている。

「この曲を作ったことで“○○店が美味しいですよ!”とかメッセージもらったり、二郎仲間も増えました! 周りに“今度、二郎に連れてって!”って人が多くて書いたんですが、楽曲的には女性ヴォーカルメインというのも初めてで、そこからバンドの新しい方向性も見えて。この曲ができて一番良かったのは、その点ですね。二郎だけにマシマシな感じで、美味しいところを見せられたかな?と(笑)」(大澤)

演奏や曲の良さに加え、多分なユーモアとアイデアを持つ彼ら。今後の活動も期待が高まるばかり!

「以前もJR南武線の車内に“打首獄門同好会”って広告出したりしたんですが(笑)。イタズラや悪フザケは大好きなので、権力を持ったら曲をモチーフにヒドい悪フザケしますよ!」(大澤)
『獄門のすゝめ』
    • 『獄門のすゝめ』
    • 240-LDKCD
    • 1890円
打首獄門同好会 プロフィール

ウチクビゴクモンドウコウカイ:2004年に結成された3ピースバンド。メンバーチェンジを経て06年11月に現在のメンバー編成となる。7弦ギターと5弦ベースの織り成す重め攻め気なサウンドにして、やたらと生活感あふれるゆるい歌詞を乗せた独特のスタイルで“生活密着型ラウドロック”という新たなジャンルを確立。老若男女問わずファンの層は幅広い。18年3月11日には日本武道館でのワンマンライヴが決定している。 打首獄門同好会 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント