【小林太郎】純度120パーセント、 俺
が出てる

初期衝動の塊のような強烈なインパク卜を放ち、小林太郎というひとりの人間と直結しているとも言えるアルバム『tremolo』。彼自身も“自分の人間性に近付けたかった”と語っていた。
取材:石田博嗣

前作『MILESTONE』のインタビューで“強い音楽”を作りたいと言っていただけに、全速力でそこに向けて突っ走って、このアルバムができたという感じですね。

おっしゃる通りでございます(笑)。前作の時の気持ちはそのままに…『MILESTONE』はEPでしたけど、今回はフルアルバムなので、より強く俺という個性が出ればいいなって。

反発心というか、現状打破みたいな力強さを感じましたよ。

反発とかは考えない、結構いい子なんですけどね(笑)。作る時は何も考えていないので、無意識のうちに出たんでしょうね。そういうものを出せるのが音楽しかないというか。

『MILESTONE』を作って、曲の作り方とか変わりました?

やるべきことが見えて、そのやるべきことのやり方が、『MILESTONE』の時にちょっと分かった気がしたんですね。何も考えずに、ストレートに出るものが出ればいいって。意識して無意識になるっていう感覚なんですけど。例えば、歌詞だったら何も考えずに書いてみる。ダメだったら頭から書き直す。その繰り返しだったんですけど、歌詞もメロディーもすごくイメージ通りになったなって。あと、レコーディングやミックスのスキル…インディーズで1stアルバム『Orkonpood』を出した2年前なんて全然分からなかったんですよ。曲のデモを作っただけだとアレンジもできないし、そのフレーズを活かすためには音質や音域に手を加えないといけないから、2年前にそういうのものを勉強しなきゃって思ったんですけど、ようやく今回のアルバムで、そんな作曲とかのクリエイティブなところとは別のスキルが追い付いたというか。まだ荒いんですけど、前よりかは頭の中で鳴っているイメージをそのまま曲にできた感じがありますね。そういう意味では、『tremolo』が1stアルバムって言っていいぐらいイメージ通りのものができました。『MILESTONE』でスタート地点に着いて、『tremolo』で一歩目を踏み出したという感じです。

『MILESTONE』を作って、次に進みたかったところが、『tremolo』だと?

そうですね。これで良かったのかはまだ分からないですけど、すごくしっかりと踏み出せたと思います。

また、「艶花」や「目眩」ではメロディーメーカーとしての小林太郎を感じさせるし、我鳴るだけじゃなくて、伸びやかなヴォーカルが聴けるのも特徴ですね。

もともとCHEMISTRYさんやCHAGE and ASKAさんとかJ-POPが好きなんで、ロックっていうことを考えないで歌えば『艶花』みたいになるんですよ。逆にロックの時は無理しているかもしれない(笑)。それはそれで気持ちいいんですけどね。今までってロックな曲が多かったじゃないですか。だから、バラードやミドルの曲で強い部分だけじゃなくて、弱さとか…人間的なゆらぎを出したかったんですよ。強い部分も弱い部分も表現することで、自分の人間性に近付けたかった。

歌声だったり、言葉の鋭さだったり、攻め立てるようなギターリフだったり…すごく太郎くんが出てますよ。

作ったものに自分らしさが出ているってのが、実はすごく不思議で…でも、音楽の才能は才能であって、そこに付加されるエネルギーってのは俺の人間の器の特性なんじゃないかなって思ってるんですよ。与えられた音楽の才能と、俺のいびつな人間としての器が合わさって、小林太郎の音楽になっているんだなって思いますね。それがこのアルバムを作ってみて分かりました。だから、純度120パーセント、俺が出てるなって。
tremolo
    • tremolo
    • KICS-1859
    • 2013.01.16
    • 2800円
小林太郎 プロフィール

コバヤシタロウ:平成生まれの23歳。2010年にインディーズ1stアルバム『Orkonpood』をリリースし、アルバム収録曲「美紗子ちゃん」はドラマ『警部補 矢部謙三(TRICKスピンオフ)』の主題歌に決定。その後も数々の大型フェスに出演を果たし、12年7月に1st EP『MILESTONE』でメジャーデビュー。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。