撮影:ETB/取材:ジャガー

初めて出演した時はガチガチに緊張したというGOOstでのライヴも、店舗スタッフの熱意と温かい観客のおかげで今では落ち着けるホームグラウンドに。そんなインディーズの頃から慣れ親しんだ場所とあって、開演前からふたりをひと目見ようと多くの人々で賑わった。
大きな拍手とともに登場したmoumoonのふたりは、身動きも取れないぐらいのすし詰め状態の会場を見て驚きとうれしさでいっぱい! 早速、今日の晴れ晴れとした天気にぴったりな「mellow」でライヴがスタートした。インディーズ盤のミニアルバム『Flowers』に収録されている同曲はシンプルなギターフレーズ、メロディーが心地良く入ってくる。素朴なやさしさが充満する中、「On the right」へ。CDではポップでカラフルなイメージの強い楽曲であったが、今日のライヴではギターの音が前に出た深みのあるアレンジになっており、ここでしか味わえない特別感が得られた。
ちょうど昨日放送された『MUSIC FAIR』のことが話にのぼり、いろんなアーティストと共演をすることで親交を深めたと同時に、自分たちとは違った良さや引き出しを学び、たくさん刺激を受けアーティストとしても磨かれた様子。“こうやって振り返ってみると、上手いこと噛み合ってる”と語ったYUKA(Vo)。そして、いろんな人と出会えたことを当たり前に思わず、本当にすごく大事なことだと感謝の想いから「一期一会」を披露。感情をストレートに出した歌詞に熱いものが込み上げる。こういった言葉が丁寧に伝わる楽曲を聴くと、YUKAのどこまでも軽やかに伸びていく歌声に心底魅力を感じ、癒される。最近はサポートメンバーとともに音を作り上げていくバンドスタイルでのライヴが増えているので、インストアでのふたりだけのアコースティックスタイルも貴重な時間ではないだろうか。
YUKA曰く“強いラブソング”の「EVERGREEN」では、サビの突き抜けた盛り上がりに釘付けだ。単純に“私とあなた”がテーマの恋愛ではなく、もっと深い部分での愛を歌ったナンバーに観客も静かに耳を傾けていた。ちなみに「EVERGREEN」は本人たちも久々に演奏した曲らしく、“ワングーでは普段やっていないようなスペシャルな内容を届けたい”と喜ばしい発言も聞くことができた。
そして、ここから再び盛り上がりナンバー! 良い意味でチープに仕上がっている「MUSIC」の浮遊感漂う不思議なリズムに自然と体を揺らす客席。その光景を受け、終始笑顔のmoumoonは何だかいつも以上にリラックスした良いムードでライヴを行なっているように感じた。ラストナンバーは、CMでもお馴染みの「Sunshine Girl」。落ち込むところのない同曲が気分をさらに高めてくれたことは言うまでもない。短い時間ながらも、多彩な姿を披露してくれたmoumoonに温かい拍手はなかなか鳴り止まなかった。
この日のライヴで聴くことはできなかったものの、目を輝かせてふたりが話していた7月7日リリースのアルバム『SPARK』も気になるところ。“心と心で触れ合う曲を作れた”“心が締め付けられる胸がギュってなるものから穏やかに聴けるものまで、バランスの取れた作品”と頼もしい発言が数多く挙がっていただけにアルバムへの期待は募るばかりだ。
■ SET LIST ■
1.mellow 2.On the right 3.一期一会 4.EVERGREEN 5.MUSIC 6.Sunshine Girl
mu-linkでも現場の様子がチェックできますよ!
moumoon プロフィール

ヴォーカル YUKAとギター柾昊佑(まさきこうすけ)によるユニットで2005年結成。
フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った“やわらかい月”という意味の造語。
YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジのきいた歌声と、柾が創造する印象的なメロディーが絶妙にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲が聴き手を柔らかく包み込む。

2006年7月に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。2007年8月ミニ・アルバム「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。
同年12月にリリースした1stシングル「Do you remember?」がラジオ、衛星波21局でパワープレイを獲得する。
2008年7月、自身初となるのワンマンライヴ(原宿ASTRO HALL)を行いチケットSOLDOUTとなる。同年12月(渋谷duo music exchange)、2009年5月(赤坂BLITZ)に行われたワンマンライヴでは両公演共にチケットが即日完売となる大盛況ぶりを見せた。
同年7月には通算5枚目となるシングル「On the right」のリリースが決定、10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを行う。オフィシャルHP
YouTube
Facebook
YUKA Twitter
MASAKI Twitter
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」