シングル「Sunshine Girl」が好調の中、早くも3rdミニアルバムが完成。“SPARK”と名付けた本作には、タイトル通りこれまで以上に眩きながら輝く楽曲たちがずらり! 胸を熱くする切なさも感じながら、最高に夏を楽しめる充実の内容だ。
取材:ジャガー

ここ最近のmoumoonは、自分たちでしっかり幅を広げているように感じます。ロック色の強いものから、世界観にどっぷり浸ることのできる切ないもの、いろいろなアプローチを経て、今作『SPARK』は夏を意識させるキラキラした楽曲が並び、心沸き立つ感じになりましたね。

YUKA
もともとはシングル「Sunshine Girl」のリリースがあって、それにつながるような夏らしいアルバムを作りたいねっていうコンセプトから制作が始まりました。

聴いた印象としては、インディーズ時代のミニアルバム『Flowers』を彷彿させるような和らげな雰囲気もありますよね。

インディーズの頃はひとつの作品に対してすごく時間もかけたし、本当に細かいところまでこだわっていたんですけど、今回はさらに最後のミックスの部分とかも含めてディティールにこだわれたかなっていうのはありますね。その点でも『Flowers』の時に似てるというか、戻ってきたって感じてもらえるのかなって。

それにしてもタイトル曲である「SPARK」は本当に弾けてますよね。

YUKA
めっちゃシュワシュワしてて、元気が出すぎるみたいな。
「Sunshine Girl」「リフレイン」よりもっと前にできてたんですけど、今回のアルバムのタイトル曲にすることで、作品の全体像もキラキラしたサウンドをメインでやっていこうかなと思えました。
YUKA
頭のサビ何秒かしかないだたのかけらだったんですけど、シングルで「Sunshine Girl」を出してから夏らしく弾ける曲を考えた時に、“「SPARK」って絶対にカッコ良くなるよね”って。最初のデモからカッコ良くなりそうだったし、いいタイミングで出したいって話はしていたので、今回やってみました。

都会的な女性が浮かびました。恋も仕事も遊びもいろんなことを楽しみながら日々を過ごす素敵な女性だなと。

YUKA
気候もだんだん暑くなってくるじゃないですか。そうすると、もうちょっとクリスタルみたいに乱反射するような音とかが合ってくるし、涼しさは残しつつ、主人公のキャラクターも少し強気になっていたり。夏に向かって、どんどん心が開放できるように意識しました。「SPARK」も最初にどういうキャラクターなのかを固めていったんですけど、外見はサラッとしたワンピースだけどコットンじゃなくて光沢のある感じで、ハイヒールよりも裸足でシャンパンを飲みながらクルクル踊ってるっていう…そんな具体的なところまで考えてて(笑)。途中ね、“スーパーモデルみたいな子じゃない?”“でも、絶対外国人じゃないよ、日本人だよ”ってやりとりもあったり。“髪もちょっと長くて、きれいな身のこなしをする子だよ”とか。

そんなところまで!? おかげで主人公がどういう女性なのか想像しやすかったです。「Plastic Joy」も強気な女性が描かれてますよね。しかも、2ndミニアルバム『リフレイン』の「天国に一番遠い場所」とは異なったウェディングソングで驚きました。

そうなんですよね。しかも、2曲とも同じ時期に作ったんですけど、こっちはもっとアメリカンでパーティー色が強くなりました。
YUKA
花嫁もチュチュみたいなスカート丈の短いウェディングドレスを着ていて、足下はスニーカーっていうちょっとパンキッシュな女の子。ある年齢からシビアになってくる結婚観や恋愛観みたいなものを吹き飛ばして、いつまでも恋人でいられる夫婦って素敵だよねって思える女の子ですね。2番の歌詞が意外と毒付くんですけど、楽しい曲だからライヴでやっても“フフッ”て笑ってしまう感じです。ギターがどんどん盛り上がってくると、一緒にうわーとなってお客さんも一緒に笑ってくれたり。

前面に出て来るギターがクセになります。

YUKA
特にイントロのギターがすっごいさわやかで。青空っていうか、深呼吸したくなるような、ちょっとインディーズ時代の「pride」と同じ気持ち良さが私の中ではあって。“よ~し楽しむぞ!”って思わせてくれます。ジャンプしながら歌いたいですね。

その次に来る「Dreaming Driving」の流れも乗りやすくて。

結構ベースを軽めにしていて、隙間のある感じを意識しました。普通のエイトビートのロックにせず、面白い感じに仕上げました。
YUKA
環七から湘南に向けてひとりドライブをしてる女の子が、いろんな景色を通り越して、自分が経験してきたこと…例えば、苦い思い出だったりに“未練はない”ってアクセルを踏む。懐かしい景色に心奪われてキュンとしながらも“あなたに未練はない”ってアクセルを踏む。女の子がこのドライブでひとつ成長していく、乗り越えていく姿に、歌いながらも少し切ないなって感じるんだけど、元気な音で乗れるっていうのが好きです。
思い出の場所をずっとひとりで辿って行くっていうのが、実は切ない感じになっていて。だけど、普通に聴いてたらまさかそんなことを歌っているとは思わないじゃないですか。1曲で何度も楽しめるっていうのがいいですよね。

今作では、YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」をカバーされていますが、これはどういう経緯で?

YUKA
ずっとこの曲は好きで、いつかmoumoonのサウンドで歌ってみたいという夢があったんです。
ガラッと変えざるを得ないぐらいに原曲が素晴らしく強烈でした。自分たちのものにするために原曲にある楽器は使わないようにして、プラス自分たちがこういう音が入ってたらきれいだと思える音を入れて。歌の質感も強さだけじゃない、ちょっと声にエフェクトをかけたり。自分たちらしさを模索した曲でもありますね。
YUKA
アルバム全体としても言えるんですけど、サウンド感とかも粒子がすごく細かくてなめらかに聴こえる。いいかたちに仕上がって本当に良かったです。
moumoon プロフィール

ヴォーカル YUKAとギター柾昊佑(まさきこうすけ)によるユニットで2005年結成。
フランス語の『mou(やわらかい)』と、英語の『moon(月)』をかけあわせて作った“やわらかい月”という意味の造語。
YUKAの柔らかく暖かな、それでいて鋭くエッジのきいた歌声と、柾が創造する印象的なメロディーが絶妙にマッチし、繊細且つ大胆なアレンジが施された楽曲が聴き手を柔らかく包み込む。

2006年7月に限定シングル「Flowers/pride」でデビュー。2007年8月ミニ・アルバム「love me?」でavex traxよりメジャーデビュー。
同年12月にリリースした1stシングル「Do you remember?」がラジオ、衛星波21局でパワープレイを獲得する。
2008年7月、自身初となるのワンマンライヴ(原宿ASTRO HALL)を行いチケットSOLDOUTとなる。同年12月(渋谷duo music exchange)、2009年5月(赤坂BLITZ)に行われたワンマンライヴでは両公演共にチケットが即日完売となる大盛況ぶりを見せた。
同年7月には通算5枚目となるシングル「On the right」のリリースが決定、10月には日比谷野外音楽堂でのワンマンライヴを行う。オフィシャルHP
YouTube
Facebook
YUKA Twitter
MASAKI Twitter
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着