【The Super Ball】『The Super Bal
l ONE MAN LIVE 2016』2016年8月27日
at 赤坂BLITZ

撮影:小財梨佐/取材:清水素子

 メジャーデビューしたての初々しさと、だからこその“伝えたい”という熱い想い。その両者が痛いほどにあふれたステージだった。7月20日にシングル「トモダチメートル」でメジャーデビューしたツインヴォーカルユニットThe Super Ballの赤坂BLITZワンマンは、登場するなりふたりが向き合ってのアカペラでスタート。この美しいハーモニーこそが彼らの最大の魅力であり、その後もバンドを従え、佐々木陽吾はアコギを奏でながら、さわやかなナンバーを次々に聴かせてゆく。“メジャーデビュー後初めてのライヴ、一生忘れない最高の思い出が作れたらなと思っています!”と語る吉田理幹は、詰めかけたオーディエンスを前にちょっぴり緊張気味。それでも「シアワセ」ではフロアーを左右に分けてともにメロディーをハモったり、「夢人島へGO!」ではタオルを振ったりと、ライヴならではの一体感で場内のテンションをグングン上げていく。また、演奏の合間には共同生活を送る彼らの仲の良さやフランクなキャラクターがうかがえるMCも挟み、まず最初に目標とした場に立てたことに“ありがとう”と感謝を示した佐々木に吉田が照れるのも微笑ましい。ライヴ後半では吉田の弾くピアノが情熱的に躍るジャジーな「秘密」やバラードの「流れ星の街」をドラマチックに聴かせる一方、“苦しいこと、弱いことも全部力にして羽ばたいていこうという曲”と披露された新曲「SKY」では清々しいハーモニーに力強さを潜ませて、彼らの表現活動におけるテーマを描写。新たな出発の場所で“もっとみんなのことを笑顔にできる曲を作りたい”という決意を強くアピールしてみせた。

セットリスト

  1. 笑顔のカバー
  2. tell me why
  3. ふたつのかげ
  4. シアワセ
  5. RUN
  6. キラキラ
  7. 秘密
  8. SKY
  9. 流れ星の街
  10. トモダチメートル
  11. 夢人島へGO!
  12. ドリームキャッチャー
  13. ココロのブランケット
  14. <ENCORE>
  15. はなうたのメロディ
  16. 君の目盛り
The Super Ball プロフィール

ザ・スーパーボール:青森県出身の佐々木陽吾と神奈川県出身の吉田理幹によるツインヴォーカルユニット。都内のライヴハウスや路上ライヴ活動を2015年から本格化。カバー曲を歌った動画をWebで毎日アップし始めて以降、ファンが急増し要注目の新人として知られることになる。数社による争奪戦が行なわれ、徳間ジャパンコミュニケーションズから16年7月20日にアニメ『不機嫌なモノノケ庵』主題歌となったデビューシングル「トモダチメートル」を発売した。The Super Ball オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント