【lynch.、SuG、vistlip OA)The T
HIRTEEN】『LSV』2016年8月30日 at
TSUTAYA O-EAST

撮影:土屋良太(The THIRTEEN / SuG / lynch.)、高山和久(vistlip)/取材:清水素子

 90年代前半、“L.S.B”という名の歴史的イベントがあった。LUNA SEA、SOFT BALLET、BUCK-TICKと、現在の音楽シーンにも多大なる影響を与えた3アーティストが集ったツアーで、各地のゲストにTHE YELLOW MONKEY、L’Arc~en~Ciel、THE MAD CAPSULE MARKETS、DIE IN CRISEが名を連ねたと聞けば、どれだけ“すごい”イベントであったのかは推して知るべし。そんな伝説に敬意を表し、よく似た名前のツアーが、この夏、全国を賑わした。

 lynch.SuGvistlip…その頭文字をとって“LSV”。7月よりスタートして全国7都市を巡ったこの3マンツアーも、その個性バラバラなラインナップといい、各バンドの覚悟に満ちたパフォーマンスといい、“L.S.B.”に負けず劣らず野心的なものであったことは、ツアーファイナルを観れば明らかだった。その幕開けを飾ったファイナル公演のみ参加のオープニングゲスト・The THIRTEENも、昨年9月に活動休止したSadieの真緒(Vo)と美月(Gu)によって今春始動したユニットゆえ、新人ながら3バンドとは旧知の仲。いきなりの咆哮で火蓋が切られたそのステージは、“30分ノンストップで全員かかってこい!”という言葉通り、パンキッシュで即効性の高いライヴチューンを投下し続け、初聴きのオーディエンスをもグイグイと熱狂の渦に巻き込んでいく。中でも9月28日発売の新曲「LIAR.LIAR.」は手拍子にヘドバン、拳、合唱と、ありとあらゆるライヴの美味しいトコ取りしたナンバーで、《嘘ツイタラ針千本飲マス》《指切ッタ!》という大胆なコール&レスポンスはインパクト絶大。さらにヘヴィ極まる「Abnormal Bullets」では、Sadieの頃から数多く対バンしてきたlynch.の葉月(Vo)がパーカー姿で乱入し、真緒とシャウトバトルを繰り広げる一幕まで! “ともに歩んできた仲間のバンドと、こうやって再会できたことを嬉しく思います。共に未来に向かって歩いてくれるかい!?”と、ラストナンバー「KILLER MAY」で新たなる始まりへの決意と覚悟を示す彼らに、フロアの拳も一斉に振り上がって感動的な一体感を作り上げた。

 続くSuGは手拍子とヘッドバンギングが同居する「MISSING」からダブステップな「sweeToxic」と、バンドサウンドとクラブミュージックを融合させた独自のミクスチャーロックで、洗練されたステージを展開。その中心たる武瑠(Vo)は役者にデザイナーと多方面で活躍しているだけあり、オーディエンスへのアピール力も群を抜いていて、些細な仕草や目線だけで観る者を釘付けにしてしまう。しかし、その根本にあるのは、清々しいほどの“楽しんだ者勝ち”精神。「無限Styles」ではタオルを振りたくるフロアーに“一番バカみたいに楽しんでる奴の勝ちだ!”と煽り、途中ヴォーカルを取るyuji(Gu)もイキイキと弾けまくるのが微笑ましい。“このツアーで人と戦うことの楽しさを改めて知りました。ここにいる全員、ひとり残らず惚れさせて帰りたいと思います!”と続けた「SICK’S」も、軽快でスタイリッシュなサウンドでいて、実は病んだ現代人への警鐘を鳴らすナンバー。音楽/アートワーク/映像と関わる作品全てに発揮されるセンスの良さ、シンプルに楽しさを追求したステージ、雑多なジャンルを飲み込んで時代を映した洗練された楽曲、そして深いメッセージ性と、SuGというバンドには一筋縄ではいかない多面的な魅力があふれているのだ。切れ味鋭いダンスビートに心も躍る「HELLYEAH」から、“来年の結成10周年、日本武道館に立つことを決めました”と改めて報告して最後に贈ったのは「Smells Like Virgin Spirit」。大いなる挑戦を決め、音楽への想いを籠めたナンバーをエモーショナルに放つ5人の覚悟に、さらに“超簡単だよ。楽しむだけだ、歌え!”という武瑠の声に心揺り動かされた客席からは、熱い大合唱が沸き上がった。

“もっと響かせてこいよ!”と人気曲「SINDRA」で幕開けて、終始“攻め”の一点突破なライヴを繰り広げたのはvistlip。続いてYuh(Gu)がフライングVを唸らせる「My second B-day」に、彼のテクニカルなギターソロから智(Vo)と海(Gu)がラップを掛け合う「Imitation Gold」等、ゴリゴリのアッパーチューンを休みなく畳みかけてゆく。しかし、いずれもサビでは美しいメロディーが開けてポジティブな情景を描くのがvistlip流。さらに、そんな広がりのあるサウンドスケープをバックに、楽器陣が飛び抜けて派手なパフォーマンスでカオスな世界を作り上げていくのが興味深い。例えば瑠伊(Ba)はほとんど定位置に留まることなく舞い踊り、ドラム台から動けないはずのTohya(Dr)でさえも、激烈なドラミングで絶えず自身の存在を主張してくるのだから驚きだ。全国を同一バンドで回ったツアーでの智の泣き笑いなエピソードを挟み、スラップベースでフロアがモッシュする「Which-Hunt」、お馴染みのギターリフからヘッドバンギングの嵐が吹き荒れ、Yuhのライトハンド奏法に海のラップと彼らの武器を詰め込んだライヴ定番曲「GLOSTER IMAGE」と、後半戦でも盛り上がり必至のアグレッシブチューンを次々ドロップ。あえてひとつの方向にベクトルを絞ったメニューは、手強いライバルたちとの共演だからこそ、真正面から挑んでいこうという5人の意気込みの表れに違いない。“ちょっと変な踊りを”という智の言葉に応え、ファンがツイスト風の動きを見せる「HEART ch.」に、ラストの「LION HEART」ではステージ上の音も動きもオーディエンスと共に狂乱! その真っ直ぐな姿勢や潔し。

 そして、今年で結成12年と3バンドの中でも最長キャリアのlynch.が大トリに登場。イントロのピアノ音だけで場内が沸いた「LAST NITE」をアクションもなく、定位置でクールに奏でる5人に、それでも満場の腕があがるのは滲み出る貫禄と、届けられる音自体に比類ない説得力があるからだ。かと思いきや、速やかにフロント陣が進み出て一列に並び、ド定番のアッパーチューン「I’m sick,b’cuz luv u.」を2曲目に放った瞬間の沸騰ぶりときたら! さらに明徳(Ba)がグイと前に出て、玲央と悠介のギター隊が左右にスイッチする「ALL THIS I’LL GIVE YOU」と続き、拳とヘッドバンギングの海となるフロアの一体感は凄まじいのひと言。押し引きの妙を熟知したニクい展開に思わず唸るが、真に驚くべきは晁直(Dr)のタイトなドラミングを筆頭に、エモーショナルな流れにも全くブレることのない演奏と、オーディエンスの熱を引き上げる葉月の自然体で堂々たるパフォーマンスである。そうして衝動と激情を的確にコントロールする彼らの懐の広さには毎度脱帽するほかないのに、次の瞬間には“あ、僕ら怖くないんで。一番かわいいから安心してください”と気の抜けるようなMCをしてみせる、その飴と鞭の見事な使い分けもズルい。9月14日発売のニューアルバム『AVANTGARDE』より、まさにアバンギャルドな構成の「F.A.K.E.」に、“とにかく暴れる曲!”な「THE OUTRAGE SEXUALITY」も披露されたが、これまたリリース前とは思えぬ抜群のノリに。そこから雪崩込んだ「MIRRORS」では麗しいメロディーと疾走するビートが絶妙の高次元融合を果たして、これぞlynch.!と高揚感をかき立てられる。さらに“SEXしようぜ!”の声に客席から“ヤリタイ!”のコールが湧いて、玲央がギターネックを舐め上げる「pulse_」に、ファンとの絆を歌った「ADORE」では全員でサビを大合唱。共に叫び謡う声に、lynch.というバンドが貫いてきた心意気と、12年で積み上げてきたものの大きさを痛感させられたステージだった。

 アンコールでは葉月が、同じビジュアル系とはいえまったくタイプの異なる“異種格闘技”なツアーで心配はあったにもかかわらず、全員が楽しんでやれたこと。“毛色の違いを気にせず、またぜひやっていきたい”と嬉しいMCを。おまけに“楽屋のみなさん、入ってきたかったら入ってきていいよ!”と「GALLOWS」を演奏しながら、悠介が袖にいた美月を引っ張り出したのを始まりに真緒やChiyu(SuG/Ba)、続く「EVOKE」でも出演バンドのメンバーが次々ステージに現れる。なんと武瑠が葉月の頬にキスをすれば、yujiがShinpei(SuG/Dr)とハシャいでいたり、そんな仲間たちの姿をTohyaが写メに収めまくっていたり、気が付くと海やmasato(SuG/Gu)が演奏していたりと、微笑ましい場面があちこちに出現して目が足りない。また、葉月が感慨深げに発した言葉に、きっと誰もが全力で頷いたことだろう。
“バンドっていいな! ライヴっていいな! これから先、ここにいる全員が武道館できるように頑張るんで、ついてきてくださいね。またやりましょう!”
 バンドシーンを自分たちだけでなく、みんなで力を合わせて盛り上げていきたい。そして、音楽の喜びを多くの人々に伝えたい――。そんな彼らの野望はファンと仲間たちとの絆のもと、着実にかたちになっていくだろう。

セットリスト

  1. 【The THIRTEEN】
  2. 1. CHAINSAW
  3. 2. STUPID
  4. 3. Jesus Christ's confession
  5. 4. LIAR. LIAR.
  6. 5. Abnormal Bullets
  7. 6. KILLER MAY
  8. 【SuG】
  9. OPENING SE
  10. 1. MISSING
  11. 2. sweeToxic
  12. 3. 無限Styles
  13. 4. FRIDAY!!
  14. 5. SICK’ S
  15. 6. ☆ギミギミ☆
  16. 7. HELLYEAH
  17. 8. Smells Like Virgin Sprit
  18. ENDING SE
  19. 【vistlip】
  20. OPENING SE
  21. 1. SINDRA
  22. 2. My second B-day.
  23. 3. MONOGRAM
  24. 4. Imitation Gold
  25. 5. Which-Hunt
  26. 6. SIREN
  27. 7. GLOSTER IMAGE
  28. 8. HEART ch.
  29. 9. LION HEART
  30. 【lynch.】
  31. OPENING SE
  32. 1. LAST NITE
  33. 2. I'm sick, b'cuz luv u.
  34. 3. ALL THIS I'LL GIVE YOU
  35. 4. F.A.K.E.
  36. 5. GREED
  37. 6. VANISH
  38. 7. THE OUTRAGE SEXUALITY
  39. 8. MIRRORS
  40. 9. pulse_
  41. 10. ADORE
  42. <ENCORE>
  43. 1. GALLOWS
  44. 2. EVOKE
SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

vistlip プロフィール

ヴィストリップ:2007年7月7日に結成。以降、七夕の日には結成記念ライヴが開催されている。ヘヴィなものからメロディックなものまで幅広く、かつジャンルに縛られない楽曲であり、海がディレクションを務めるアートワークやMVなど、唯一無二の存在感を放っている。また、智が手掛けるストーリー調のものであったり、メッセージ性の高い歌詞にも定評がある。vistlip オフィシャルHP

lynch. プロフィール

リンチ:2004年8月、葉月と玲央と晁直の3人で結成。同年12月よりライヴ活動をスタートさせ、06年に悠介、10年に明徳が加入し現在の5人となり、6年にわたるインディーズでの活動にも終止符を打つ。11年6月、アルバム『I BELIEVE IN ME』でメジャー進出。その後もコンスタントに作品を発表し、ライヴ活動を続けるが、16年にメンバー脱退により活動を自粛。17年4月の新木場STUDIO COASTでのライヴで活動を再開し、同年5月に5人のゲストベーシストを迎えたEP『SINNERS-EP』を発表した。lynch. オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着