LGYankeesのHIRO(MC)の遺伝子を継ぐ男“GIO”の約3年振りとなる2ndアルバムがリリース! さまざまな愛のかたちを詰め込んだ『愛GIO』は、誰もが共感できる素直でリアルな気持ちをリリックに込めた温かな曲ばかり。その全ての曲がじんわりと心に浸透し、深く、強く根付くはずだ。
取材:吉田可奈

ストレートなタイトルの“愛GIO”に負けない、とても愛にあふれた曲がたっぷり収録された作品ですね。

ありがとうございます。前作をリリースしてから3年の間に、僕自身が結婚をして、子供も生まれたんです。そんな激動の中、毎日たくさんの愛を感じることが増えたんですよね。それからは歌う歌も、より伝わりやすく、多くの人の心に届くようなストレートな曲を歌っていきたいと思うようになったんです。

その想いがしっかりと表れた曲が「パパのうた」ですね。

はい。実は息子が産まれた時に、感動よりも不安が大きかったんです。なので、そのリアルな心境と、息子と一緒にパパとしても成長していけたらと思い、この曲を作りました。

この曲こそ、先ほど言っていた通り、言葉がストレートかつメロディアスで、すごく聴きやすかったです。

嬉しいですね。メッセージがあるからこそ、より言葉がしっかりと伝わるように頭から最後までメロディアスに歌い上げたんです。そういう経験自体少なかったので、レコーディングの最初はかなりぎこちなかったんですが、そこに挑戦したおかげで曲のレパートリーが増えたから、音楽を続ける上では絶対に必要なことだったな、って思うんです。

「あなたと... 〜真実の愛〜 feat. LGYankees, Noa」は奥様に書いた曲ですか?

…はい。実は前作には嫁と付き合っていた時の気持ちを込めたこの原点となる「あなたと... feat. Noa」が収録されているんですが、その続編になるんです。いろいろあったけど、最終的には一緒になれて良かったという思いを込めたんです。

実際に奥様にその言葉は伝えたのですか?

いやいや、言葉にはできないんですよ、恥ずかしくて(笑)。基本的に歌詞には詰め込めるんですが、相手を前にすると思ったことをはっきりと言葉にできないんですよね。だからこそ、僕にとっては大事な愛情表現として歌があるのかもしれないです。実際にこの曲を作った時も、嫁に“「あなたと... feat. Noa」』の次のやつ作ったから”とだけ伝えていて(笑)。それからはこの曲を毎日聴いてくれているので、きっと気に入ってくれているんだと思います(笑)。

なんだか、すごく素敵なお話ですね。

僕自身がすごく無口なので、感謝の気持ちや、本心などを伝えることがすごく苦手なんです。だからこそ、歌には正直にリアルな気持ちを込めているんです。普段言えない言葉をリリックに込めているので、共感してもらえたら嬉しいです。

サウンド面はメロディアスでありながら、クラブライクな曲からエレクトロチューンまで幅広く挑戦されていますね。

自分のルーツであるクラブミュージックを基本にしながらも、多くのアーティストさんの力を借りることによって、よりさまざまなジャンルに挑戦することができましたね。中でも、CLIFF EDGEのDJ GEORGIAさんにプロデュースしていただいた「探し物は何ですか??」は、今までにないエレクトロチューンに挑戦しているんです。フックをあまり詰め込まずに、伸ばすように歌ったのも初めての経験で。今までとは違う雰囲気を味わってもらえると思います。

歌詞も、サウンドも、聴けば聴くほど味が出る一枚ですね。

はい! 全曲にリアルな愛のメッセージを詰め込んでいるので、さまざまなサウンドと、メッセージとの化学反応を楽しんでもらいたいですね。
『愛GIO』
    • 『愛GIO』
    • KIZC-203〜4
    • 2013.03.06
    • 2300円
GIO プロフィール

ジオ:16歳の頃からラップを始め、18歳の時にLGYankeesのHIRO(MC)と出会う。その数年後にHIROが設立したNO DOUBT TRACKSに加入。現在はNO DOUBT TRACKSのスペシャルユニット“NO DOUBT FLASH”の一員としても活躍中。オフィシャルHP

NO DOUBT FLASH プロフィール

ノー・ダウト・フラッシュ:仙台を拠点に活動するNO DOUBT TRACKSの主催者・HIROによって結成された、レーベル精鋭メンバーのユニット。2010年10月に1stアルバム『FLASH PLAYERS』を発表。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着