【androp】『one-man live tour 201
6 "best blueprint"』2016年10月16日
at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)/取材:田中 大

 最新作『blue』を引っ提げ、全国を巡ったツアーの最終日。開演を告げるSEが流れ、ステージ上に内澤崇仁(Vo&Gu)、佐藤拓也(Gu&Key)、前田恭介(Ba)、伊藤彬彦(Dr)、キーボード担当のサポートプレイヤー村山 潤が登場すると、待ちわびていた観客は一斉に歓声を上げた。そして、オープニングに放たれたのは「Voice」。5人が一丸となって奏でるサウンドが早くも猛烈に熱い。その後も「One」「Roots」「Glider」…強力なナンバーが連発される毎に、会場内の熱気はさらに上昇していった。

 準備を進めている次の全国ツアー、お気に入りのツアーグッズなどについて和気藹々と語り合うメンバーたちの仲の良さが印象的だったMCなども交えつつ、幅広い時期の曲で構成されたセットリストを展開したこのライヴ。お馴染みのナンバーの数々の他、7月にリリースされたベストアルバム『best[and/drop]』に初収録された曲も披露された中盤までは、今年前半までのandropの活動の総括的な内容だったと言えるだろう。そして、最大の見せ場となったのは終盤だった。突然、ブルーのライトで彩られ、不穏なムードに包まれたステージから響き渡ったのは「Kaonashi」。これを皮切りに、アルバム『blue』の収録曲が、作品での順番通りに披露されていった。激しく感情を吐露する歌詞の言葉、ダイナミックに轟く楽器の音色が一体となったサウンドを受け止めながら、観客が息を呑んでいるのを感じた。

 『blue』について、内澤はMCで“闇や絶望を描いています。聴く人によって感じ方が違うはず。それがその人にとっての光の欠片になってほしいです。振り切ったアルバムだけど、今リアルに伝えられることを感じてもらえたらなと思ってます”と語っていた。まさしくその願い通りの一枚となっていることを、メンバーたちはステージに立ちながら肌で感じたのではないだろうか。「Lost」の演奏を終えると、“また音楽で会いましょう!”という言葉を残し、4人は去って行った。アンコールは行なわれず、本編のみで終演となったが、観客が浮かべていたのは、とても満足そうな表情。andropの新たな一歩を目撃することができた喜びで、胸がいっぱいの様子であった。

セットリスト

  1. Voice
  2. One
  3. Roots
  4. Glider
  5. Colorful
  6. Nam(a)e
  7. Bell
  8. Rainbows
  9. Sayonara
  10. Run
  11. Boohoo
  12. MirrorDance
  13. Yeah! Yeah! Yeah!
  14. Hana
  15. Kaonashi
  16. Irony
  17. Digi Piece
  18. Sunny day
  19. Kienai
  20. Lost
androp プロフィール

アンドロップ:2009年12月に1st アルバム『anew』でデビュー。ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した音楽性でシーンに頭角を現す。これまで発表されたミュージックビデオは、『カンヌ国際広告祭』(仏)、『One Show』(米)、『Webby Awards』(米)他、国内外11のアワードで受賞するなど、その映像世界やアートワークは世界的な評価を得ている。また、映像、音響、照明が三位一体となったスペクタクルなステージパフォーマンスにも大きな注目を集めている。androp オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント