【angela】『angela LIVE TOUR 2016
LOVE & CARNIVAL』2016年10月23日
at 日比谷野外大音楽堂

撮影:釘野孝宏/取材:清水素子

 “テーマは祭り”と明言していたアルバム『LOVE & CARNIVAL』のツアーだけあって、大阪・東京と野外音楽堂で行なわれたライヴは祭囃子で開幕! 真っ赤に輝くangelaビームが満員の客席を埋め尽くす1曲目の「Come on」から、和太鼓も加わった躍動感いっぱいのバンドサウンドで、満場の手拍子とジャンプを巻き起こしていく。代表曲「Shangri-La」ではホイッスルによるコール&レスポンスがあったり、デビュー曲の「明日へのbrilliant road」では演奏に先立って振り付け講座があったりと、シリアスな曲調からは意外なほど“みんなで楽しめる曲”が多いのも彼らの魅力。「愛すること」で凛とした歌声を聴かせ、中島みゆきの名曲「時代」をカバーして温かさを滲ませたアコースティックブロックに、“ぢぇらっ子の愛を信じて武道館に突き進んでいきたいと思います!”と宣言して披露されたアルバム曲の多彩な牽引力にも驚かされる。だからこそ、atsuko(Vo)のボケにKATSU(Gu)がツッコむコミカルなMCが威力を発揮し、「over the limits」では力強いダンスビートと水鉄砲でオーディエンスを攻撃して、大きな祭団扇をバックに法被姿で登場した「騎士行進曲」ではKATSUが太鼓を叩くというシーンが、お祭り気分を盛り上げまくるのだ。さらにアンコールでは、お化けに仮装した大量のダンサーたちと「That's Halloween」でハッピーに踊り、ジャック・オー・ランタンを被ったatsukoはミ●キーから魔女まで七色の声で魅了。ラストはangela×fripSide名義での最新シングル「僕は僕であって」をひたむきに届け、来年3月4日の日本武道館ワンマンに向けて勇ましい狼煙を上げた。

セットリスト

  1. Come on
  2. DEAD OR ALIVE
  3. EIEIO
  4. Shangri-La
  5. butterfly
  6. シドニア
  7. 愛すること
  8. 時代
  9. ストーリーが始まる
  10. Jump up!
  11. 明日へのbrilliant road
  12. ホライズン
  13. 愛、ひと欠片
  14. KIZUNA
  15. over the limits
  16. 是、夏祭り
  17. 二十四節気恋唄
  18. 騎士行進曲
  19. <ENCORE>
  20. That's Halloween
  21. 僕は僕であって
angela プロフィール

アンジェラ:低音から高音に伸びる独特のヴォーカルセンスを持つatsukoと、キーボードやギターなどでその世界観を生み出すKATSUによるユニット。2003年にTVアニメ『宇宙のステルヴィア』の主題歌「明日へのbrilliant road」でメジャーデビュー。以降、『蒼穹のファフナー』など数々のアニメ作品の主題歌を担当。また、海外イベントへも多数出演しており、世界中のアニソンファンの支持を得ている。17年には初の日本武道館単独公演を成功させ、2018年デビュー15周年を迎えた。2019年3月下旬よりアジアツアーを開催するなど今なお進化を止めない活動に注目が集まっている。angela オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着