L→R DJ GEORGIA(DJ)、JUN(MC)、SHIN(MC)

L→R DJ GEORGIA(DJ)、JUN(MC)、SHIN(MC)

【CLIFF EDGE】これからいろんな革命
を起こしたい

メジャーデビュー5周年記念のベストアルバム『THE BEST ~You’re the only one~』が完成! これまでのCLIFF EDGEの軌跡が詰まっているのはもちろん、今まで自分たちを支えてくれた人たちへの感謝の気持ちであり、さらなる高みへを目指すための作品となっている。
取材:石田博嗣

デビュー5周年ですが、CLIFF EDGEにとってはどんな5年間でしたか?

JUN
人生で一番早かったですね。メジャーデビューして初めて見た景色がたくさんあったし、とにかく刺激刺激の5年でした。最初は挑戦の連続で…もちろん、今も挑戦はしているんですけどちょっと違うというか。当時は何かを仕掛けようと思った時に結果がどうなるか分からなかったけど、今は“きっと、こうなるんだろうな”という予測ができる。だから、成長の5年でしたね。
SHIN
俺、小学校の時から音楽の成績って“1”とかだったんですよ(笑)。でも、この5年で表現方法を学びながらっていうか、挑戦しながらスキルを手に入れていったので、ようやく今、自信を持って“俺、プロだよ”って言えるようになりましたね。
DJ GEORGIA
この5年の間にアルバムを結構出していると思うんですよ。だから、今回のベストアルバムを振り返ってみると、全曲がパイロットソングなんですね。自分たちがやってきた“表現したかったこと”の氷山の一角がそれらで、その下には5倍、8倍ものものがあるという。そういう意味では、“いろいろやったな~”っていう5年間でした。

GEORGIAくんも言ってましたが、これまでの5年間の軌跡が今回のベストアルバムに詰まっているわけですけど、その中でもターニングポイントとなった曲を挙げるとすれば?

JUN
メジャーデビューアルバム『to You』のリード曲だった「LIV ~大切なあなたへ~」ですね。インディーズ時代の「You're the only one」という曲が原曲なんですけど、そこから“You're the only one”シリーズに発展していって、僕らのシンボルワードになっている…今回のベストのサブタイトルでもありますしね。「You're the only one」までの曲というのは、自分の欲求のためにラップしていたというか、自分のために歌詞を書いていたんですけど、この曲は友達の誕生日のためにサプライズで書いた曲で。誰かのために曲を書いたことが初めてだったんですけど、それがすごく感動してもらえて、“自分らの音楽でこんなにも人の心を動かすことができるんだ!”って実感を初めて得ることができたんですね。で、それを今度はメジャー盤で出すことになって…それまでは地元のクラブとかでやってたんで、目の前の肉眼で見える人たちだけに向けてメッセージを発信していたんですけど、どこで誰が聴いているのか分からないわけだから、大空に向けてボールを投げる感覚だったんですよ。やっぱり最初は戸惑いがありましたね。でも、結局はたったひとりに目がけて、その人をちゃんとイメージして曲を書くことで、聴く人は自分に照らし合わせて聴いてくれる…自分もそうだったなって改めて思ったというか。なので、いろんな意味でターニングポイントになった曲ですね。
SHIN
「BIRTH ~You're the only one Pt.2~ feat. MAY'S」で体感として売れたというか…有線でずっと1位になってたりして、それがみんなの自信に絶対になったし、そこで出会った人も多かったから、それが一番大きいかな。
DJ GEORGIA
俺は「Endless Tears feat. 中村舞子」ですね。それまでのフィーチャリングとはまた違う、新しいCLIFF EDGEのラブソングができたというか。JUNくんがCLIFF EDGEの新しい扉を開いたなって思ったところがあって…もちろん数字的な意味もありますけど、このタイミングでヒットを飛ばしたことが、いろんな潤滑につながって、そこから外仕事の量も異様に増えたし、CLIFF EDGEのバージョンが2から2.5ぐらいになった実感がありましたね。

今回のベストアルバムにはスキットを含む4曲の新曲が収録されていますが、新曲に関してはどんなものを入れようと?

JUN
こうやってベストを出せるまでやってこれた…デビュー当時は5年後にベストアルバムを出せるなんて思っていなかったですからね。いろんな人に支えてもらって、こういった軌跡を自分たちは歩んできたからこそ、“ありがとう”っていう感謝の気持ちだったり、“これからの未来、もっと輝いていくよ”っていう誓いを伝えたいと思って作ったのが新曲の4曲ですね。だから、その表現方法が違う4曲っていう感じです。1曲目の「壊れるくらいにI Love You」は、いろんなラブソングを作ってきましたけど、その中でもトップに君臨するような究極のラブソングを作ろうと思って、永遠の愛を誓う…まぁ、ウエディングソングでもあるんですけどね。いろんな人に支えてもらってきたので、そういう人たち…特にファンの人たちに“ありがとう。これからも俺たちは近くにいるよ”っていう気持ちを恋愛のかたちを借りてメッセージした曲ですね。
SHIN
このベストにぴったりの曲ですね。メンバーに対してもそうだし、ずっと今まで応援してきてくれたリスナーに対してもそうだし、感謝の気持ち…俺、ファンの子に教えてもらったことが結構あるんですよ。手紙とかもらうとガチの内容が書いてあるんですね。“こういうことがあったので、CLIFF EDGEのあの曲が好きなんです”って。その気持ちを受けて歌うことで、また自分の歌が変わってきたり。そうやってリスナーと支え合って今まできたんだって思いますね。

2曲目の「この地球に生まれて…」はCLIFF EDGEの生き様を落とし込んだようなメッセージソングで、“あとほんの一歩だから”というフレーズが響くというか、夢を追う気持ちだったり、不屈の精神が綴られてますよね。

JUN
そうですね。インディーズから振り返って、“ここまできたな。でも、このままじゃ、この先は…”という気持ちを書いたんですけどね。人は生きている以上、必ず使命があるはずで、“じゃあ、俺らは何なんだ?”と思った時に、音楽で、メッセージでみんなの心を元気付けていくことなんだって再確認して、その気持ちをただひたすら書き連ねただけっていうか。例えば…競馬とかと同じで(笑)、全部勝つことは無理な話なんですよ。勝てない時って絶対にあるんと思うんですね。そんな勝てない時は“負けない”ということを考えてきたし、“勝てる”と思った時は勝ちにいく…この意識って大切だなと。今回のベストアルバムは崖っぷちから光輝く未来へ、もっと高みへと目指していくための節目として出したんですけど、こういう痛みや悩みがなくなったらどんな歌詞を書くのか想像が付かないですね。だからこそ、こういう曲を出しておきたかった。“今”の自分たちというか。
SHIN
俺、この曲はどっちかと言うとファンよりもメンバーに向けて歌ってて…もっと言うとJUNに歌ってて。この曲をプリプロで歌った時、バースの部分で思わず涙が出てきちゃって。《人は結果を見てそれが全てと言うけど 何より大切な事がきっとあるから》ってあるんですけど、ほんとそうだなって思って。自分的には間違いのないリリックが書けたと思いますね。そんなベストまでの軌跡だったというか。

3曲目にはスキットが入っているのですが、時計の針の音も入っているし、過去に時を戻すためのもの?

DJ GEORGIA
まさしく。4曲目以降の過去曲は時間軸に曲が並んでいるので、頭の新曲から時間を巻き戻すという意味で。時計の音をモチーフにして、いろんな曲を逆再生させていたりします。

そして、新曲はもう1曲。DISC1の最後にボーナストラックとして収録されている「ありがとう」はカバーなんですよね。

JUN
そうですね。最後にカバーというかたちで、みんなに“ありがとう”という気持ちを伝えるというか。これは80年代にやっていた野球アニメ『キャプテン』のエンディング曲で、特に美メロっていう感じでもないのに哀愁感があって、涙が出そうになる…すごくいい曲だなって。きっと知らない人が多いだろうから、いつかカバーというかたちで届けたいと思っていたんです。この曲はCLIFF EDGE初の3拍子なんですよ。最後の曲で“次”を見せたかったというか。ベストだからって全てを見せて“なるほど”って終わらせるよりも、“次、どうなるんだろう?”って思ってもらいたいんですよ。これからいろんな革命を起こしたいっていう想いの表れだったりしますね。
DJ GEORGIA
かなり斬新な曲ですよね。最近の着うた世代の曲にはない歌詞ですし、グッとくる哀愁や日本語情緒漂う要素がたくさん入ってて…こういう曲で終わるのは渋いなって(笑)。でも、アレンジは今っぽくなっているので、これが今の若い子にどう届くのか聴いてみたいですね。

メジャーで5年活動し、その集大成のベストも作って、今 はどんな意識ですか?

JUN
ひとつの節目っていうところでは、このアルバムでCLIFF EDGEの一幕が提示できたと思ってます。自分らのいいところっていうものをメンバーそれぞれが自覚し始めた中で、すごく自由に次の制作っていうものができているので、これからは毎回驚かせたいと思っているし、悪戯心に火が付いたところがありますね(笑)。

では、今の言葉でインタビューを閉めたいと…。

DJ GEORGIA
あー、ちょっと待ってください! ひとつ話していいですか。今回のベスト盤を特定の店舗で買うとDJ GEORGIAの裏ベスト的なリミックスCDが付いてくるんですよ。このベストってアッパーの曲が入ってないんですけど、それもCLIFF EDGEの真骨頂のひとつでもあるんで、俺が30分ノンストップで入れたいアッパーの曲を全部入れたという。結構いいものができたんで、ぜひゲットしてもらえればと。配布店舗に関してはホームページを参照してください!(笑)
『THE BEST~You’re the only one~』2013年05月15日発売Venus-B/KING RECORDS
    • 初回盤(DVD付)
    • KICS-91905~6 3800円
    • 通常盤
    • KICS-1905~6 3000円
CLIFF EDGE プロフィール

クリフエッジ:“崖っぷち”の意味を持つJUN、SHIN、DJ GEORGIAからなるユニット。2008年のメジャーデビュー後、切ないメロディーとメッセージ性にあふれた心揺らす熱い言葉の数々が、多くのリスナーの感動を呼び、数々のヒット作を輩出! 特に11年4月リリースのコンセプトアルバムに収録された「Endless Tears feat. 中村舞子」はレコチョクRBTランキング19日連続1位を獲得し、40万DL超の大ヒットを記録した。CLIFF EDGEオフィシャルサイト
ブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。