【LM.C】『Go to the 10th Annivers
ary LM.C TOUR 2016 ☆★☆★☆Roc
k the WONDERLAND☆★☆★☆』2016年
10月16日 at 舞浜アンフィシアター

撮影:宮脇進、青木早霞(PROGRESS-M)/取材:土屋京輔

 デビューから10周年を迎えるタイミングで、“Go to the 10th Anniversary”と冠した4度に及ぶ国内ツアーを行なってきたLM.C。そのファイナルとなるのが、“Rock the WONDERLAND”と題されたこの日の千葉・舞浜アンフィシアター公演だった。東京ディズニーリゾート内にある、円形のステージを有する独特の作りを持った同会場が選ばれた時点で、特別な一夜に向けたメンバーの高いモチベーションを感じ取ったファンは少なくなかっただろう。そして、訪れた当日。maya(Vo)とAiji(Gu)はその期待に応える、煌びやかなパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

 常に演出にも一切手を抜かない彼らだが、やはりオープニングから楽しませる。暗転した場内はレーザーとスモークで派手に装飾され、ふたりは奈落から登場するという仕掛けだ。「LET ME’ CRAZY」を始め、より骨太になったバンドサウンドをまとったマテリアルを矢継ぎ早に繰り出した序盤から、ポジティブな意味で普段と変わらない、ポップで熱いライヴ空間が生み出されていく。MCでは前日に出演したYOSHIKI(X JAPAN)主宰の『VISUAL JAPAN SUMMIT』(10月15日@幕張メッセ)の話題が多く盛り込まれていた。改めて見つめた自身のルーツと初心。その経験もステージでの勢いを増幅させることにつながったのは間違いないだろう。

 中盤の予想だにしなかった華々しさも観客を惹き付けた。「SUPER DUPER GALAXY」では、久々の登場となったDENKI-MANがキッズメンバーを引き連れてダンス。さらにmayaが“あなたに歌ってほしくて書いた”と導いた「MONROEwalk」では、16人編成のチア・リーディング・チームが登場。この楽しさがLM.Cである。それと同時に、アニバーサリーイヤーを締め括る場で響き渡る「MONROEwalk」の歌世界に、彼らの揺るぎなき想いが自ずから重なっていったのも印象深かった。

 後半の盛り上がりは言わずもがな。大合唱で彩られる「We are LM.C!! 〜the Anthem of Strong Pop〜」に続いた「The LOVE SONG」、火柱が立ち上がった「MOGURA」、彼らの音楽性と不可分な虹をも想起させる照明が同調した「Chameleon Dance」。電飾ロゴが降下してくる、“俺たちの始まりの曲!”(maya)である「☆Rock the LM.C☆」、目の前に広がる光景に感無量といった表情でプレイされた「PUNKY♥HEART」等、ともに歩んできた仲間たちとのかけがえのない時間を楽しんだ。

 そして、Aijiが“未来が楽しみになる10周年でした”、mayaが“夢を見ていきましょう”と口にして舞台袖に去った直後にも、ファンを歓喜させる企画が用意されていた。来る12月21日にリリースされるアルバム『VEDA』からの1曲が先行披露されたのだ。その感触を簡潔に述べるならば、まさに進化を体現したもの。LM.Cは新たなフェーズに突入したようだ。

セットリスト

  1. LET ME’ CRAZY!! 
  2. Loud_Mucker_Complex.
  3. Bell the CAT
  4. レインメーカー
  5. My Favorite Monster
  6. DOUBLE DRAGON
  7. CRAZY A GO GO
  8. Z-MAN
  9. OH MY JULIET.
  10. 激FANFARE
  11. DREAMscape
  12. Tiny Circus
  13. SUPER DUPER GALAXY
  14. MONROEwalk
  15. Brand New Rainbow
  16. JUST LIKE THIS!!
  17. We are LM.C!! ~The Anthem of Strong Pop~
  18. The LOVE SONG
  19. MOGURA
  20. Chameleon Dance
  21. LIAR LIAR
  22. ☆Rock the LM.C☆
  23. PUNKY ❤ HEART
LM.C プロフィール

エルエムシー: 2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント