L→R JUNICHI(Dr)、Masatoshi“ SHO” Ono(Vo)、TAKA(Ba)、Syu(Gu)、YUHKI(Key)

L→R JUNICHI(Dr)、Masatoshi“ SHO” Ono(Vo)、TAKA(Ba)、Syu(Gu)、YUHKI(Key)

【GALNERYUS】デビュー10周年を記念
するセルフカバー集

2000年以降のJメタルシーンを牽引し続けるGALNERYUS。メジャーデビュー10周年を記念する第一弾は、過去の名曲を現体制で録り直したセルフカバーアルバムだ。新たな命が吹き込まれた楽曲の数々は、バンドの未来への道しるべとなるだろう。
取材:金澤隆志

『THE IRONHEARTED FLAG Vol. 1 : REGENERATION SIDE』はメジャーデビュー10周年を記念したアルバムなのですが、メジャーシーンを疾走してきた10年を振り返ると?

Syu
恵まれた環境の中、あっと言う間でした。苦しいと思ったのは、5枚目のアルバム発売後にメンバーチェンジがあって、表立った活動を少し止めざるを得なかった時ぐらいで。それ以外は創作とツアーの繰り返しで気付けば10年という感じで。小野さん(SHO)とTAKAさんが入ってもう4年ですらからね。曲のクオリティーも格段に上がっているし、GALNERYUSとして表現したかったことが明確に伝えられるようになりました。
SHO
楽しくやれている分、時間の経過も早い。もちろん生みの苦しみはあるし、肉体的に苦しいこともあるけど、それも含めて前向きに楽しくやっていけているんです。それはこの先も同じでしょうね。

SyuさんとSHOさんというメタル界の名タッグが生まれてもう4年経つわけですが、改めてお互いについてどのように感じていますか?

SHO
僕はもう名コンポーザーであり、名ギタリストのSyuくんに寄り添ってるだけです(笑)。
Syu
よう言うわ~(笑)。僕にとっては、頭の中で鳴ってる声のイメージが、レコーディングスタジオのスピーカーから出てくる小野さんの声そのまんまなんで、最初からイメージが作りやすいというのはあるかな。創作面で制約がないんです。その分、僕がイメージするものとのマッチングがいいというのもあるでしょうし。まさに日本が世界に誇るクリアハイトーンヴォーカリストですよ。

まさに相思相愛ですね。では、デビュー10周年記念のアイテムとして、セルフカバーアルバムという形態を選んだのは?

Syu
アニバーサリーイヤーに相応しいのは何かといろいろ考えた結果、やっぱりセルフカバーかなと。この体制になってからの自信もあるし、数々のライヴをこなしてきたことでこなれてきた感じも封じ込めたかったし。それに、何よりも過去の曲に小野さんの声が乗るというのも嬉しかった。
SHO
加入した当時は、前任のヴォーカルの方と比較されるだろうなという懸念があったんですが、アルバムを1枚出してツアーを回ったら、あまりそういったことを意識せずに、素直に歌えば大丈夫だと感じて。今回もオリジナルバージョンと比較されるのは仕方ないけど、そこはまったく意識せずに、できる限り素直に歌いました。
Syu
僕が書いた曲に関しては、当時メロを書いている時点で鳴ってたのは小野さんの声に近いイメージだったので、まったく違和感がなくて。逆に、今回の歌をレコーディングしてる過程で、前のヴォーカルのニュアンスを意識した歌い方も小野さんが何度か提示してくれたんですが、“いやいやいや、必要以上にオリジナルを意識せず、小野さんの歌でお願いします!”と。天下の小野さんでも引っ張られることがあるんですね(笑)。小野さんのスコーンと抜けるハイトーンで歌ってもらえるのがベストなんですよ。1曲目の「BRAVINGFLAG」なんて、小野さんならではの“こんなとこまで(音程が)上がっちゃったよ!”っていう曲になってますし(笑)。

確かにSHOさんが歌うことによって、印象が随分変わった曲もありますね。

SHO
自分で言うのも何だけど、「UNITED FLAG」は随分さわやかになりましたよね(笑)。
Syu
「UNITED FLAG」は、デビュー前にCD-Rを1000枚焼いて売ったんです。まさか100万枚ヴォーカリストが歌うことになろうとは(笑)。当時の状況を思い出すと、今の恵まれた環境に驚くばかりですよ。

SHOさん的には特に思い入れのある曲というと?

SHO
思い入れというよりは思い出なんですけど、最初にゲストでヴォーカルとして声をかけてもらった時、歌いたい曲を選んでくれと言われて「MY LAST FAREWELL」や「SHIVER」なんかを選んだ記憶があります。「UNITED FLAG」は初のツアーで7カ所回って、残すはラストの東京のみという時にいきなりやると言われて、初めて歌ったのがライヴ当日のリハ(笑)。それまで知らなくて。そんな、GALNERYUSならではのドキドキ感を思い出します(笑)。
Syu
短期集中型のバンドですからね(笑)。僕は全曲好きなんですけど、アレンジ的には「SILENT REVELATION」のライヴでの勢いを取り入れた感じが気に入ってます。当時はどの曲も実験感、冒険感が強かったんですけど、それに対する解答というニュアンスですね。

ちなみに今回は“Vol.1”なんですよね。ということは…。

Syu
ええ、“Vol.2”が出ます。今回は完全なセルフカバーだけど“2”はリアレンジ。曲名と歌詞を一新して、中のメロディーもいじります。完全にリセットして、イチから作り上げていくぐらいの感じで。今の体制の底力が試される分、非常に恐怖感があるんですが(笑)、必ず良いものにできると確信しています。秋口には出したいですね。
SHO
自分の気持ちとしては新曲。収録予定曲の中には、自分がまだ歌ったことがない曲も入っているので。

5月から6月にかけての国内ツアーの後には、7月上旬には初の香港・台湾公演が控えていますね。

Syu
情報によればどっちもメタルがすごく熱いらしくて、ガルネリも人気があるようなので楽しみです。
SHO
Facebookでは台湾のファンの人からも“早くきて!”というメッセージをたくさんもらってますし。期待してます。

10周年イヤーということもあって、すごくいい波がきていますね。

Syu
小野さんが入って今の体制になってからは、確実に上昇気流に乗っていますね。スタッフも充実し、CDのセールスや動員も伸びているし、海外公演など、どんどん活動の幅が拡がってきています。これがGALNERYUSの本来あるべき姿だと思っていて。僕らはもっと世界に知られるべきなんですよ。
『THE IRONHEARTED FLAG Vol.1 : REGENERATION SIDE』
    • 『THE IRONHEARTED FLAG Vol.1 : REGENERATION SIDE』
    • VPCC-80660
    • 2013.05.22
    • 3500円
GALNERYUS プロフィール

ガルネリウス:SYUを中心に結成。2001年に現在までプロデュースを務める久武頼正と出会い、翌年にデビューを果たす。その後、メンバーチェンジを経て現在は、驚異的なテクニックとエモーショナルなギタープレイで絶大な人気を得るSYUをリーダーに、HM/HRサウンドに於ける理想的なキーボードプレイを聴かせるYUHKI、テクニシャンながら押しと引きをわきまえた理想的ベースプレイで魅せるTAKA、ミリオンヒット曲「You're the Only...」を筆頭にJ-POPシーンでの数多くのヒット曲で知られる、日本が誇るクリア・ハイトーン・ヴォーカリストのMasatoshi“SHO”Ono、多岐にわたる音楽性やバンド活動で知られる新ドラマーのFUMIYAというラインナップに!GALNERYUS オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。