【SUPER BEAVER】『SUPER BEAVER「2
7」Release Tour 2016 ~27こぶ、ラ
クダ~』2016年11月5日 at Zepp Div
erCity Tokyo

撮影:青木カズロー/取材:田山雄士

 雄叫びのようなコーラスにオーディエンスが燃えた「27」、ミラーボールの光が会場全体を燦々と照らした「東京流星群」。冒頭の真に迫るテンションは早くもこのツアーファイナルの大成功を指し示し、渋谷龍太(Vo)、柳沢亮太(Gu)、上杉研太(Ba)、藤原“28才”広明(Dr)は繊細な感情を泥臭く含んだ楽曲の数々を、ほろ苦さと清々しさを放ちながら、一貫して愚直に、すなわち誠実に聴かせていく。その姿勢こそが「人として」の歌詞《人として かっこよく生きていたいじゃないか》とイコールで、最新アルバム『27』のテーマとなった“大人であること”だと、ライヴ中に気付くファンも多かったはずだ。

 「まっしろ」を演奏し終えたあとに“もうすっかり大人なんで、AORっぽいものを作ってみました。どう?”と笑ったり、「赤を塗って」ではタンバリン片手に柔和な心境を覗かせたりもする渋谷。さらに、レーベルメイトであるsumikaの小川貴之をゲストキーボードに迎えて「ひとつ」を披露したりと、中盤は音楽の楽しさを軽快に感じさせてくれた。渋谷は“いろんな出会いがあったけど、人と向き合うことを大事だと思ってなかった”“当時は分からなかった”“今はもっと密につながりたい”と、さまざまな想いも打ち明けた。

 そして、ライヴは後半へ。ステージがぐんぐん光を帯びる中、「青い春」「秘密」など、最後まで美しく駆け抜けたSUPER BEAVER。アンコールでの新曲も、そんな人生についての彼らなりのメッセージだったように思う。来年にはニューシングル、日比谷野外大音楽堂を含むツアーと楽しみは続く。

セットリスト

  1. 27
  2. 東京流星群
  3. じぶんまかせ
  4. うるさい
  5. らしさ
  6. 言えって
  7. 本音
  8. まっしろ
  9. それでも世界が目を覚ますのなら
  10. 運命
  11. 赤を塗って
  12. ひとつ
  13. 人として
  14. 愛する
  15. 歓びの明日に
  16. 361°
  17. ルール
  18. 青い春
  19. 証明
  20. 秘密
  21. <ENCORE>
  22. 新曲
  23. 素晴らしい世界
SUPER BEAVER プロフィール

スーパービーバー:2005年に結成。07年に初の全国流通となる1stミニアルバム『日常』を発表後、積極的なライヴ活動を展開し、09年にシングル「深呼吸」でメジャーデビュー。その後、メジャーを離れ自主レーベル発足や、現在のレーベルでインディーズバンドとして活動。18年4月30日に開催した初の日本武道館単独公演はソールドアウトと大成功を収め、6月27日にフルアルバム『歓声前夜』をリリース。カンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕らは奇跡でできている』高橋一生主演の連続ドラマ主題歌に書き下ろした新曲「予感」を11月21日にリリースする。SUPER BEAVER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。