L→R AKIHIKO(Dr&Cho)、KEIT(Vo&Gu)、TOHRU(Ba&Cho)、MAHIRO(Gu&Cho)

L→R AKIHIKO(Dr&Cho)、KEIT(Vo&Gu)、TOHRU(Ba&Cho)、MAHIRO(Gu&Cho)

【knotlamp】これまで歌ってきた“強
さ”を持つ人間になることが礼儀

無期限活動休止を発表したknotlampのラストアルバム『Hello to Nostalgia』が完成。ラストにして最高傑作となった今作について、KEIT(Vo&Gu)に言葉をもらった。
文:フジジュン

今年7月に2013年いっぱいでの無期限活動休止を発表したknotlampが、事実上のラストアルバムとなる『Hello to Nostalgia』を完成させた。2007年10月リリース、デビュー作となった1stミニアルバム『Blind Side』から6年。今年2月、活動休止を決めた後に制作に入ったという今作。knotlamp節全開、エモーショナルなヴォーカルと力強く疾走感あふれる演奏がオープニングにピッタリな1曲目「Mr.Bro」で始まり、鋭いギターにキャッチーなメロディーと強い願いを込めたメッセージが映えるリード曲「Ashe’s Children」、壮大で感情的な歌と演奏がラストの余韻をたっぷり残す「July 21」。エネルギッシュな曲からメロウな曲まで、感情豊かで堂々とした歌と演奏で聴かせる全10曲が収録されたアルバムは、“knotlampの集大成”とも言える作品となった。

活動休止前の最後のアルバムというよりは、これまでと同じ感覚で、“今までで一番良い作品を作ろう”という感覚で作ったので、そこはクリアできたかなと思います。集大成という気持ちはなかったのですが、今、このバンドでできる最大限のことができたと思っています。

痛みや哀しみ、怒りや後悔といったネガティブな感情から、“自分ひとりででも闘うんだよ!”と拳を握るポジティブな感情、全ての人に向けた感謝の気持ちやあふれる愛情と、現在の気持ちをむき出しにした歌詞は、まさしく“リアル”のひと言。

とにかくリアルな気持ちを包み隠すことなく書いています。何年か先に振り返った時に当時をリアルに思い出せるくらい鮮明に書くほうが、ファンのみんなにとっても求めてるものなのかなという意識が一番にありました。

「壊れた翼」「Emblem」「Wreckage」など、ひとつの終わりと新しい始まりへの覚悟や決意を歌った曲も多く、その真正直で真摯な叫びは何かに挑戦する人、上手くいかずに嘆く人に強く響くはずだ。ひとつの終わりと新しい始まりを目前にした今、KEITは何を思うのか? また、ファンへの感謝の気持ちを詰めた今作を通じて、伝えたかったことは?

これまで歌ってきた曲の歌詞に出てくるような“強さ”を持った人間に、よりなりたいと思いましたし、なるべきだなと思いました。それがファンのみんなに対する礼儀だと思っているので。この作品を通じて一番伝えたかったことは、“バンドは止まっても、僕が夢見て歌ってきた希望は絶対に消えない”ということです。

痛みや哀しみも、いつか懐かしい思い出へと変わる。まだ見ぬ明るい未来に希望や期待を込めて付けたであろう、アルバムタイトル“Hello to Nostalgia”に込めた想いとは?

“懐かしい気持ちによろしく”という直訳通り、この節目となるアルバムは、これから先の未来の中でずっと振り返ると思うんです。だから、“その時はやさしく、その思い出と触れ合おうな”って気持ちをタイトルに込めました。

knotlampは11月29日、地元福岡DRUM SONから始まるワンマンツアーをもって活動を休止する。ファイナルは12月8日の代官山UNIT。ラストツアーは、最新作から懐かしい曲まで揃う、集大成的なライヴになるのだろうか?

そこは出し惜しみなく、全てやるくらいの幅でみんなに楽しんでもらおうと思ってます。knotlampの魅力が一番出るようなライヴをしないといけないとも思っています。いつもありがとう。終わりではなく、より大きな始まりを一緒に飾る気持ちでライヴに来てください。僕は必ず失望させないから。
『Hello to Nostalgia』
    • 『Hello to Nostalgia』
    • TECI-1375
    • 2013.09.18
    • 2800円
knotlamp プロフィール

ノットランプ:2007年10月にアルバム『Blind Side』でデビュー。6月に発売された「Across my world」が、現在NHK総合で放送中のアニメ「銀河へキックオフ!!」の主題歌に抜擢。数々のフェスにも出演し、入場規制がかかるなどその存在感を誇示する4人組バンド。 knotlamp Official Site
myspace

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着