【ニコラス・エドワーズ】『MOTION
2016 CHRISTMAS CONCERT~Silent Ni
ght with Nicholas Edwards~』2016
年12月3日 at EX THEATER ROPPONGI

取材:山本弘子

 ツリー型の赤いライトが客席に揺れる中、通算4度目となるクリスマスコンサートにニコラス・エドワーズはメジャー1stアルバム『GO EAST』『GO WEST』のコンセプトを思わせる着物を羽織った和洋折衷の衣装で登場。オリジナルソングやU2、マライア・キャリーのカバーで場内をひと足早いクリスマスムードで包み込み、アルバムに収録されている新曲では洗練されたポップチューンやエレクトロなナンバーを表情豊かなヴォーカルで響かせた。MCでは大阪のライヴに家族を招待した時のエピソードで笑わせるなど親しみやすい素顔を覗かせるが、歌い始めると一変。アグレッシブな曲ではシャウトし、持ち前の声域とライヴならではのフェイクを混じえた歌でファンを陶酔させた。故郷への思いを込めた曲で思わず涙する場面もありつつ成長した24歳のニコラスにさらなる可能性を感じた。

セットリスト

  1. Let's Be Together
  2. クリスマスの願い
  3. Christmas(Baby Please Come Home)
  4. 恋人たちのクリスマス
  5. W/W/W
  6. We Get By
  7. Homebound
  8. Loving My Lover
  9. HOME
  10. 恋しちゃったよ
  11. 恋に落ちたら
  12. Feel It
  13. She's The Stranger
  14. 夢を力に
  15. My First Love Song
  16. Feliz Navidad
  17. Happy X'mas Train
  18. サイレント ナイト
  19. Midnight Runaway
  20. Moonlight Carnival
  21. Sticks & Stones
  22. Freeze
ニコラス・エドワーズ プロフィール

ニコラス・エドワーズ:1992年7月31日オレゴン州ヒルズボロ生まれ。外国語の授業で日本語を学び、14歳でJ-POPの魅力に目覚める。2011年、日本テレビ系列『のどじまんTHEワールド!』に出演し、第2回放送で優勝。以後、同番組には15回連続で出場し、3度優勝を果たした。13年、20歳でCDデビュー。18年11月、新たにユニバーサルミュージックにレーベルを移し、19年11月に最新シングル「Tears」をリリースした。ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。