【宮野真守】『MAMORU MIYANO LIVE
TOUR 2016 〜MIXING!〜』2016年12月
18日 at 横浜アリーナ

撮影:上飯坂一/取材:清水素子

 “色とりどりの宮野真守を観せたい”ということで“MIXING”と名付けられた全国ツアーの最終日。そのコンセプト通り、無数の宮野真守が登場する画面の向こうと現実がMIXINGするオープニング映像に、その映像とリンクして現れた金網の向こうからロックに歌い叫ぶ「SHOUT!」で幕開けると、クールなダンスに甘いラヴソングと多彩な世界を展開。おまけに「Sugar, Sugar」で花道から薔薇を客席に投げ、「BLACK OR WHITE」で胸元のジッパーを下げて露わになった胸と指の動きや、キュート&セクシーなパフォーマンスで観客の心を掴んで離さない。恒例のバラードコーナーでは輪廻の神秘を歌う「RINNE」を幻想的に、震災後の無力感とファンの声援から生まれた「Beautiful Life」をアコースティックアレンジで披露。その合間にはバンドメンバーとアットホームなやりとりもあり、そんな心和ませる要素も彼の持ち味。中盤には宮野が全ての登場人物を演じる“奥さまもマモ”なる海外ドラマ風ムービーの上映もあり、愛らしいマモンサの姿には満場の“可愛い!”の声が沸いた。STY楽曲による切れ味鋭いメドレーでエンターテイナーとしての真髄を発揮しつつ、「UPSIDE DOWN」でダンスレクチャー、「Crazy Wonder Night」で大合唱と客席参加型の演出で一体感を高め、「シャイン」ではトロッコでアリーナを一周! 本編は「The Birth」で壮大に、ダブルアンコールでは「GOLDEN NIGHT」でクリスマス感たっぷりに締め括り、声優、俳優、歌手とMININGな立場にある彼ならではの、目くるめく一夜を過ごさせてくれた。

セットリスト

  1. SHOUT!
  2. Burnig Point —TRAP REMIX−
  3. Suger, Suger
  4. テンペスト
  5. BLACK OR WHITE
  6. Kiss×Kiss
  7. HOW CLOSE YOU ARE
  8. RINNE
  9. Beautiful Life
  10. J☆S
  11. UPSIDE DOWN
  12. STY Non Stop Remix
  13. Identity
  14. Crazy Wonder Night
  15. シャイン
  16. The Birth
  17. <ENCORE1>
  18. DON’T STOP!
  19. Gravity
  20. <ENCORE2>
  21. GOLDEN NIGHT
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着