【MINAMI NiNE w)G-FREAK FACTOR
Y】『MINAMI NiNE pre. SWEET Tour』
2017年2月10日 at TSUTAYA O-WEST

撮影:Teppei Kishida/取材:荒金良介

 宮崎発の3人組、MINAMI NiNEが昨年10月に1stアルバム『SWEET』を発表。そのレコ発ファイナルは、彼らの大先輩にあたるG-FREAK FACTORYがオープニングを務めた。緩急あふれるドレッドロックで観客とガチで会話する親密な空間を作り上げ、この日は「ダディ・ダーリン」のアンサーソングと言いながら、新曲「ONE DAY」(3月リリースの新作『FREAKY』収録)を披露し、楽曲の良さを猛アピール! 加えて、“『百万石音楽祭〜ミリオンロックフェスティバル〜』でCDをもらって、「酔いどれの夜」がすごくいい曲で…”と茂木洋晃(Vo)はMINAMI NiNEとの出会いを語り、“田舎を背負ったローカルバンドがいることを忘れるなよ!”と熱く叫び、今日の主役にバトンを渡した。

 “ヤーマン!”とヒロキ(Vo&Ba)が挨拶すると、MINAMI NiNEは「ルックバック」で火蓋を切った。夏の陽気を運ぶパンクチューン「Lax」でフロアーを掻き回し、中盤にはバラード調の「Times Flies」で聴かせたりと、振れ幅の広い曲調で観客を縦に横に揺らす。それから“大好きな母ちゃんに贈る”と前置きし、「My life,my way」をプレイ。レゲエ調の穏やかなメロディーを響かせた後、次は“G-FREAK FACTORYと俺たちをつないでくれた曲”という「酔いどれの夜」を披露。歌謡風味の切ない歌声は実に味わい深かった。今ツアー序盤戦のライヴも観たが、今日は36本目のファイナルということで、バンドの演奏は非常にまとまっていた。ヒロキの哀感に満ちた歌メロを主軸に、ワラビノ(Gu&Cho)のハードエッジなギターが楽曲を華やかに彩り、スケロク(Dr&Cho)のタイトなビートは土台をしっかり支えている。3ピースのベクトルがガチッと定まったことで、ライヴの勢いや表現力は磨き抜かれていた。本編を締め括る「夏花火」「花」は情景が浮かぶような歌と演奏に思わず聴き入ってしまった。

 そしてアンコールはワラビノの弾き語りで、声が裏返りながらも「すっからさ」をやり切ると、“俺も初めて聴いたけど、すごい曲だな(笑)”とヒロキにツッコまれる和やかな場面もあった。ラスト曲「南九節」においてはフロアーにスカダンスの嵐を吹かせ、ファイナル公演は大盛況のうちに幕を閉じた。これは余談だが、彼らのアンプの上に『九州の味ラーメン うまかっちゃん』がさりげなく飾られており、九州出身の筆者はニヤッとしました。

セットリスト

  1. 【G-FREAK FACTORY】
  2. 1.JAM
  3. 2.Too oLD To KNoW
  4. 3.jam~日はまだ高く
  5. 4.SOUL CONNECTION
  6. 5.ONE DAY
  7. 6.チャンダンの香るこの部屋から
  8. 7.ダディ・ダーリン
  9. EVEN
  10. 【MINAMI NiNE】
  11. 1.ルックバック
  12. 2.Don't worry
  13. 3.ビム
  14. 4.Buddy bye
  15. 5.Lax
  16. 6.通行人A
  17. 7.鳥とネズミと私
  18. 8.With
  19. 9.心
  20. 10.Time flies
  21. 11.F
  22. 12.Blank idiot
  23. 13.My life,my way
  24. 14.酔いどれの夜
  25. 15.Niar
  26. 16.夏花火
  27. 17.花
  28. <ENCORE>
  29. 1.すっからさ
  30. 2.雨
  31. 3.南九節
G-FREAK FACTORY プロフィール

レゲエ/ファンク色が強いミクスチャー・サウンドを展開。横ノリのゆるーいグルーヴを巧みに利用しつつ、ソリッドなバンド・アンサンブルによる、ハードコアの瞬発力/アタックを効かせたナンバーが耳を惹く。01年には「NORTHERN LIGHT TRIBE」で活動の場をメジャーへと移し、さらなる飛躍を試みる。オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。