【Dragon Ash】『20th Anniversary
Live Show 「MIX IT UP」』2017年2
月21日 at EX THEATER ROPPONGI

撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)/取材:荒金良介

 初リリースから20周年を祝うアニバーサリーライヴは「天使ノロック」で幕を開けた。ステージ背面の巨大LEDが煌々と光る中、メンバー全員が影絵のように蠢く演出で、1曲目から会場は活気付く。それから当日に配信リリースされたばかりの「Mix It Up」へ。エレクトロ強めのカオスなミクスチャー音でフロアーをさらに掻き回す。そして、「Walk with Dreams」からメロディーを際立たせた大人っぽい側面をアピールする楽曲が続き、Kj(Vo&Gu)がアコギを持つと、お祭り曲「Freedom」を機に再び熱狂図を作り上げていく。

 中盤すぎにはミクスチャーブームを牽引した初期の名曲「Let yourself go, Let myself go」をプレイ。やんちゃなノリと大人びたクールさがカクテルのように混ざり合い、18年前の楽曲とは思えない鮮烈な響きを放つ。KenKen(Ba)のバキバキのスラップが炸裂する「The Live」、「Amploud」と畳み掛け、後半戦も俄然ヒートアップ! ”俺たちの曲がみんなの支えになったら”とKjが言うと、3月に出る新曲「Beside You」を披露。スクリーンには黄金色のデザインが煌めき、美メロ立つスケール感のある曲調は20年の歩みを全て詰め込んだ説得力に富んでいた。いやぁ、これは名曲だ。本編を「光りの街」で締め括るとアンコールは祝福のケーキとともにバースデイソングを観客が大合唱する場面もあり、ファンと一緒にバンドの歴史を振り返りながら、明るい未来を提示する選曲に心から感動した。

セットリスト

  1. Intro:Duodecimal Future
  2. 天使ノロック
  3. Mix It Up
  4. Headbang
  5. For divers area
  6. Walk with Dreams
  7. 繋がりSUNSET
  8. Velvet Touch
  9. TIME OF YOUR LIFE
  10. Freedom
  11. Ivory
  12. few lights till night
  13. Let yourself go, Let myself go
  14. The Live
  15. Amploud
  16. 百合の咲く場所で
  17. Fantasista
  18. Beside You
  19. 光りの街
  20. <ENCORE>
  21. 運命共同体
  22. Curtain Call
Dragon Ash プロフィール

ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。Dragon Ash オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。