【LACCO TOWER】『「薔薇色ノ怪人」
発売記念「悪髪ノ怪人」』2017年3月
17日 at 渋谷CLUB QUATTRO

撮影:Masanori Fujikawa/取材:石角友香

 ニューミニアルバム『薔薇色ノ怪人』レコ発ライヴがこの東京と大阪のみなんてもったいなさすぎる! 

 …というのも、新曲群が新たにLACCO TOWERの繊細で儚くて、誰より傷付きやすく、だからこそ人間の真理をあぶり出す名曲揃いで、しかもそれがライヴで鉄板の「柘榴」や「傷年傷女」「非幸福論」などと融合し、松川ケイスケ(Vo)のストーリーテラーとしての奥行きや豊かさを拡張していたからだ。ゲストアクトの後輩、My Hair is Badも音楽性こそ違っても、真実の瞬間を切り取り、矛盾や葛藤にジタバタする椎木知仁(Gu&Vo)という“人間を描く”共通項でもって、気持ちの良い共演になっていた。

 それにしてもだ。クアトロのキャパにいつも通り凄まじい物量の照明を持ち込み、冒頭からケレン味たっぷりに「柘榴」を投下し、ラウド、メタル、そして歌謡としての強さを同時並行的かつ質量・感覚ともに濃厚に表現するこんなバンドは今、他にいないだろう。しかも、エモーションの濃度は切なすぎる別れの歌「桜桃」でも変わらず…いや、むしろ個人の感情を爆発させ、リリース当初はポップで明るすぎる印象すらあった「薄紅」も今や彼らの繊細で日本人の琴線に触れる、この季節のハイライトとして普遍的な輝きを放っていた。

 そして、不器用な“傷年傷女”が泣いて笑って、自分を最大限、解放する場所としてのLACCO TOWERのライヴに新しい側面を生んだ新曲「折紙」。良質なメロディーと、恋とも愛とも友情とも呼べる不器用で確かなつながりの物語は、ファンならもちろん知っているこのバンドの根本的な心の美しさを広く知らしめる存在になってくれそうな予感を増幅してくれたのだった。

セットリスト

  1. 柘榴
  2. 時計仕掛
  3. 悪人
  4. 楽団奇譚
  5. 傷年傷女
  6. 桜桃
  7. 弥生
  8. 薄紅
  9. 怪人一面相
  10. 非幸福論
  11. 林檎
  12. 折紙
  13. <ENCORE>
  14. 未来前夜
LACCO TOWER プロフィール

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。自身主催のロックフェス『I ROCKS』を2014年から開催している。復活したレーベル『TRIAD』と契約し、15年6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たし、20年に5周年を迎えた。LACCO TOWER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着