【ねごと】『NEGOTO ワンマンツアー
2017「ETERNALBEAT」』2017年3月24日
at Zepp DiverCity Tokyo

撮影:AZUSA TAKADA/取材:清水素子

 ここは銀河の狭間か、はたまた母胎の海かーー。2年振りのアルバム『ETERNALBEAT』を引っ提げたツアーの最終日は、“2年前とは全然違うバンドでしょ?”という澤村小夜子(Dr)のMC通り、まさしく驚きに満ちたものだった。真っ青な光の中、蒼山幸子(Vo&Key)のやわらかなヴォーカルと浮遊感あふれるサウンドが紡ぐ幻想的な音世界は“ザ・ねごと”に違いないのに、そこで突き刺さるアルバム曲のエレクトロな“踊れるビート”は紛れもなく新機軸。シームレスで畳みかけられるビートの波がたまらなく心地良く、心も身体もさらわれてしまいそうだ。結果どんどん高まる手拍子に、蒼山は“今日はね、最初から最高! 肩の力を抜いて楽しんでいきましょう”と返礼。藤咲 佑(Ba)もエレキ/シンセベースを使い分けながら髪を振り乱し、ライトで赤く染まった澤村が「シンクロマニカ」のドラムフィルをアグレッシブに放てばフロアーからは歓声が。沙田瑞紀(Gu)も甘く歌い上げる「holy night」に低音コーラスが響くディープな「君の夢」と、ギターのみならず声でも楽曲を豊かに彩る。そして、「アシンメトリ」から「ETERNALBEAT」へと雪崩れ込むクライマックスで、飛び交うレーザーとダンサブルなビートが織りなす高揚感の強烈さときたら! ロックバンドの概念を超越したパフォーマンスは清々しく、観る者の心の垢まで洗い流していく。今年で結成10周年ということで、アンコールでは初めて作ったオリジナル曲「ループ」も披露。“ねごとの音楽として、いろんな枠を超えて楽しめるものを作りたい。だから、きっと飽きさせないよ”と宣言した彼女らの未来にトキメキが止まらない。

 なお、ねごとは4月28日には、東京の渋谷CLUB QUATTROにてLILI LIMITのツアー『LILI LIMIT presents Entrance』に参加することを発表、また、6月26日には恵比寿LIQUIDROOM、翌27日には大阪梅田CLUB QUATTROにて、自身のライヴイベント『ねごと presents ETERNALBEAT NIGHT』を開催することを発表した。これらの公演はゲストを迎えての対バン形式となる。

セットリスト

  1. PLANET
  2. DESTINY
  3. Ribbon
  4. holy night
  5. 天使か悪魔か
  6. school out
  7. シンクロマニカ
  8. cross motion
  9. mellow
  10. メルシールー
  11. 君の夢
  12. シグナル
  13. endless
  14. アシンメトリ
  15. ETERNALBEAT
  16. <ENCORE>
  17. ループ
  18. 凛夜
ねごと プロフィール

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。ねごと オフィシャルHP
SonyMusic

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着